« 素直になれなくて 8 | トップページ | 玉山景虎がもう一度見たい »

素直になれなくて 9

宇宙探査機はやぶさが7年も宇宙を旅して無事帰って来ました。先日の宇宙ヨットイカロスと言い日本の技術は凄いですね。技術も凄いけれど夢も貰って何だか嬉しい。

で、地上のお話です。「素直~」の9話を見ましたが何だか割り切れない気分がまだ抜けません。

一番気になるのは薫が自殺する動機が弱すぎはしないかと言う事。物凄くプライドが高くて恥ずかしさにいたたまれなくなったのか・・にしてはこれまでの描写からそのような所は見えて来ないし。

大体ナカジを好きになって行く過程も説明不足です。

ピーチと始めて出会って即ホテルに行ったり、最初はパワハラにしろ上司と寝たりするんだからバイセクシャルなんでしょう?そこからナカジを好きになって行く過程をもう一寸書き込んでくれないと白けてしまうばかりですね。

渡辺さんの役も何か急に良い人になってしまったみたいだし、折角そこだけまともだった所まで一挙におかしくなってしまって残念です。

軽い脚本だとは思っていたけれどここまでお粗末だと一所懸命演技している玉山さんが気の毒で見ていられない・・

それと情報だと薫君、助かるらしいけれど頚動脈切って外に流れ出すくらい出血して助かるなんて事あるのでしょうか、

その他ハルの弟や生徒の「薬」のことはあれだけですか?真面目に見る方がおかしいのかも知れませんが見るのに根気がいります。

不満ばかり言うのなら見なければ良いのですが仕方ないわ玉山さんが出ているんですもの、あと2話生きているなら見なくちゃね。

でももうこんな役の彼は見たくないです。芸術作品なんて事は言いませんがもう少しqualityに拘って作品選んで貰いたいですね。

« 素直になれなくて 8 | トップページ | 玉山景虎がもう一度見たい »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素直になれなくて 9:

« 素直になれなくて 8 | トップページ | 玉山景虎がもう一度見たい »