« カフーを待ちわびて | トップページ | レスリーキー写真展 »

NHKドラマ二つ

ゲゲゲの女房

いよいよ貧乏生活にお別れですね。見ている方も貧乏話にかなり疲れて来たのでほっとしました。

水木先生のユニークな個性に加えテンポも良くて、何より役者さん達が大人なので安心して見ていられます。「素直になれなくて」で幼い演技を散々見せられた後だけに余計そう思います。只、向井君は綺麗ですが声が顔に合っていない、おじさん声で一寸残念。それに余り上手じゃないですね・・ごめん・・特に村上弘明さんと同じ画面に出た時に一瞬見劣りしちゃって。折角好きになったんですし、来年又お付き合いしなければいけないのでもう一寸頑張って頂きたいです。

番組も後半に入り、登場人物もかなり入れ替えの様子ですが、松坂慶子さんに毎朝お目にかかれなくなって寂しいです。それと太一役の小林君、戦隊もの出身なんですね、玉ちゃんの後輩とは嬉しいこと!と思ったら退場組でしたわ。そしてライダー出身の須賀さんが出て来てます。天地人の時玉山さんに似ていると言われてたようですが、全然似てないわ!

お話としてはこれから私達が少しは知っている水木さんが出てくるのですね、楽しみです。

今日のスタジオパークは村上弘明さんでした。録画したのを今見たところですがおじさんになっても素敵な方です。この方もライダー出身なんですね。ライダー姿は見た事は無いですがさぞ素敵だったでしょうね。

村上さんの過去の出演作がいくつか紹介されましたが驚いた事に玉山さんと良く似てますね。私だけがそう思うのかも知れないですが、特に目許のあたり。「都の風」の1シーンなどとても似てました。村上さんの作品はかなり見ているし面食いの私としては綺麗な人だけに好きでしたけれど「似ている」と思ったのは始めてでした。何方か両方お好きな方のご意見を伺ってみたいところです。

鉄の骨

原作者池井戸さんの作品は大好きで新作が出ると必ず購入して読んでます。この作品も面白かったので期待したのですが。主役がイメージと違うのが残念。見ないつもりでしたが夫が見ているのでやむを得ず見てます。

背広を着た徹平君、意外に違和感は無いけれど、魅力までなくなっちゃったみたい。まだ2回で何とも言えませんがやはり主役がぴんと来ません。気に入って読んだ原作だけに玉ちゃんで見たかったわ。

陣内さんが土スタに出られて「おじさんばかりで景色が悪い(笑)ドラマ」と仰ってましたが、ベテランばかり、景色が悪くても安心して見ていられます。素直~が何だかトラウマになってしまったみたいです。

主役はイメージとは合わないけれど終わりまで見て又感想を書こうと思います。

でも「病」は重いですわ。何を見ても玉山さんに思いが行っちゃう。困ったものです。

« カフーを待ちわびて | トップページ | レスリーキー写真展 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKドラマ二つ:

« カフーを待ちわびて | トップページ | レスリーキー写真展 »