« 美形のツワモノ | トップページ | おさな顔 »

薔薇の十字架

CMのお仕事から連想しました。
このドラマの主人公工藤桐吾は優秀なCMディレクターの設定でした。

もう見られないものと諦めていましたが先日フジがCATV枠で再放送してくれて嬉しかったですね。

玉ちゃんにとってガオレンジャーで世に出た翌年、2002年の作です。
この年は遺影だけの東京物語は別にして3本出演作があります。
出演の順序は公開日から見てNHKの「真夜中は別の顔」、映画「恋に唄えば」そしてこの作の順では無いかと思います。

「真夜中~」は人間関係には関係無い秘書の役でしたからこの役はドラマの本筋に絡む始めての役だったのではないかと思います。

あらすじは親の不和を見て結婚は望まないが子の欲しい暁(天海祐希)と一夜を共にした桐吾(三上博史)が恋愛感情を持ってしまう。

桐吾の妻の澄子(石田ゆり子)は息子と同居する為歩けないふりをしている姑のさえに孫を抱かせたくない一念で桐吾には内緒で避妊を続けている。

桐吾と暁の間に子がいることを知った澄子は桐吾の部下の神谷恭介と浮気を!
その恭介が玉ちゃん。若く純情で、美しい澄子に憧れていて、彼女の置かれた立場に同情しています。澄子に一寸誘われると一途に燃え上がってしまう。

桐吾と暁、そしてさえとどろどろのお話が続き、桐吾は澄子に去られ、仕事も辞めて、最後は病気で余命僅かな暁と息子と一緒に暮らす。

桐吾と別れた澄子は恭介の間に子供が出来て結婚します。

とまあこんなお話でした。元々11回の予定だったのが視聴率低迷で10話で打ち切られたそうで最後は駆け足の取ってつけたような終り方、突っ込み所一杯、あまり出来の良いドラマとは言い難かったです。

天海さんは若くて綺麗だけれど、こんなどろどろのお話のヒロインにはミスキャストで視聴率低迷の一因だったかも知れません。
石田さんは、清純な外見に隠された女の執念みたいなものを良く表現していて、被害者のはずなのに敵役みたいに見えてしまってました。

肝心の玉ちゃんは・・始めてと言って良い重要な役で決して上手とは言えないけれど、純情でひたむきな青年を何とか大過なく演じていたんじゃないかしら。
生硬なのは仕方ないですけれど。

22歳ですからそれはもう綺麗です。
何しろ立っているだけで美しいんですから、それだけで充分ですわ。

このドラマ、もう一人戦隊出身者が出ています。暁に思いを寄せるパートナーになる合田雅史さん。オーレンジャーのオーブルーだそうです。
当時の記事などに「二人の戦隊出身者」と一からげに書かれたりしてますが玉ちゃんを「顔の綺麗な方」と呼んでいるのがありました。合田さんだって素敵な方ですけれどね。

そして玉ちゃんには始めてのベッドシーン&キスシ-ンが・・(Vシネマの美悪の華は別です)
お相手が石田さんですからお似合いでとても素敵だと思いました。

玉ちゃんはあんなに綺麗なのにラヴシーンにあまりご縁がないですね、
なぜかしら、ベッドシーンなんてこれだけじゃないでしょうか。
違ったわ「素直~」でありましったっけね。でもあれは別だわ。

そう言う意味でも死刑台のエレベーターは楽しみ!・・どういう意味・・?

「無能な僕を拾ってくれて云々」の発言はこの作品でしょうか。演出は光野さんですし。
それでこの出演が「離婚弁護士」は良いとして、「素直に~」に繋がって行ったのかなと思うと一寸複雑です。

「澄子さんを奪いますから!」
こんな可愛い顔で言っても迫力無い?

Img_3445b_2

Img_3451a

Img_3454a_2   

Img_3443a_2

Img_3457a_3 

Img_3460a 

Img_3462a

« 美形のツワモノ | トップページ | おさな顔 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
菜の花さんのいろんな記事や別館など、それぞれにこめんとするほうがいいのか、まとめてもいいのか・・・。まとめで失礼します!
「戦争モノ」ですが、大浦さんも戦争によって人生が大幅に狂ってしまった人として、仲間にいれていただけないでしょうか(依頼)?「酒井先生」、今週末CSで放送ありますね。以前レンタルしたのですが、コピーできなかったのでけっこう久々の再会です。
やっぱりあれもお顔がつるんなのが、ツボなのでは?ヒゲは老けますもん・・・。
片桐スーツのカタログ見たことありませんでした。ありがとうございます!このスーツがビリッといっちゃったんでしょうか。たしかに、刑事の激務にはもうちょっとストレッチ素材混のスーツが向いていますけど・・・。
長くなってすいません・・・・。
ベッドシーン等ですけど、まあキスにしても、いままで見た玉ちゃんのものですと、どれも「単なる行為」っぽくて・・・。どうしょうもない感情の行き場というかんじがしないです。演出なんでしょうかね。見ているほうはぐっとこないんですが。かえって鷲津にいじめられた劉くんの泣きそう顔のほうがドキドキぞわっとするんですけどねー。これも個人の感じ方かもしれません。

うらんさん
コメントは何処でも歓迎致しますわ。
実は別館は畳もうかと思案中です。
二つに分けるとやはり面倒で。
只、画像も載せたいのでその兼ね合いが難しいです。
玉ちゃんはキスシーンは下手ですね。以前掲示板に「経験不足って事は無いでしょうに」と書いたくらい気になってます。
大浦さん
リクエストにお応えして今見ています。
でも感想は難しいので暫くかかると思いますのでお待ち下さいませ。あー、でも大浦さん限定なら早いです。
酒井先生、失敗なさったとか、何をお使いですか?DVDFabだと失敗が無いですよ。

大浦さん無理言ってすいません。言葉で仲間に入れていただくだけで、幸せです。
コピーですけども、レンタル用の個体差というかそういう場合があるみたいなのです。違法なのでレンタル屋に文句も言えませんしね(笑)。
「経験不足ってことはないでしょうに」。よく覚えておりますわよ。やはり同じ感想かなと再認識できて安心しました。あれ?安心してどうする?ですね。

大浦さん
このドラマ再度見るのは少し我慢が要りました
(。>0<。)
結局大浦さんのところ重点になってしまいましたが明日当たりできるかしら。
お待ち下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美形のツワモノ | トップページ | おさな顔 »