« ハゲタカ 地上波で放映 | トップページ | ちょこっと消息が・・ »

「新平家」を見ながら「清盛」に夢を・・

玉山星を探して今夜もネットの海を漂流、何の光も見えず・・

来年の大河の出番は無さそう、では再来年のドラマで夢を見る事に・・・

オリジナル脚本で「清盛」との事ですが何処までやるのでしょうね。壇の浦までやるのかしら。それによって見る夢も違って来ます。

「前ジョッキ今西瓜?」様ご推薦の「知盛」は主役以外では確かに一番魅力的かも知れません。
いよいよ最後の時に御座船に行き「見苦しき物」を手ずから海へ投げ捨て、女房達の戦況はの問いに「珍しい東おとこがご覧になれますよ・・」と応えるところなど痺れるくらいの格好良さです。

昔から誰もが格好良いと思ったのでしょうね、能の「船弁慶」歌舞伎の「大物浦、通称碇知盛」の題材にもなっています。

他にも、一の谷で死ぬまで箙に自分の歌を付けて戦った優れた歌人の忠度(新平家では中尾彬さんが演っていました、若かったわ)。
とりこになっても頼朝に厚遇され、伽を勤めた千手に死後尼になるほど想われた重衡。
平家ではないけれど木曾義仲(林与一さん、素敵でしたわ)等々魅力的なおとこはいっぱいいます。

そうそう高倉帝を仁左衛門さんがなさっていてまあ若くて男前でした。今でも素敵ですけれどね。

ただし清盛の死でおしまいだと範囲はぐっと狭くなりますね。
魅力を感じない長男重盛、義弟の時忠あたりか、義朝、頼朝くらいかしら。

玉ちゃんの出番は?主役発表迄、ああか、こうかと空想するのも楽しいです。

それにしても事務所の対応の素っ気無い事!ハゲタカのオンエア情報を当日迄公式にのせないなんて、・・
様子がわからないまませめてあれこれ夢見て楽しんでいるファンの気持ちわかってるかしらね。

この写真は「岩隈さん宅?のgallery」から1枚拝借して来ました。
「ダルビッシュさえちゃんがこんな心のこもったお土産をくれました~略~」の説明つきです。
チームは違っても親交のある様子がわかりますね。
素敵なファンサービスだと思われませんか?

玉ちゃんのプライベートを知りたいとは全く思わないけれど要はファンに対する姿勢の問題ですわね。

No467_b

« ハゲタカ 地上波で放映 | トップページ | ちょこっと消息が・・ »

ひとりごと」カテゴリの記事

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハゲタカ 地上波で放映 | トップページ | ちょこっと消息が・・ »