« 酒井利樹先生 | トップページ | チェケラッチョ »

「星守る犬」情報公開!

言っても仕方が無いけれど猛暑、酷暑のこの暑さ!
今朝の新聞は炎暑と表現してました。納得です。

やっと玉山さんの新作情報が解禁になりました。

やはり「星守る犬」で玉山さんの役は予想どおり「日輪草」のケースワーカー奥津でした。

以下ネタバレになりますので予備知識無く映画をご覧になりたい方はパスして下さいますよう。

本は2部構成で1部は「星守る犬」
妻と娘と娘が拾って来た犬と暮らしている「お父さん」
人が良く、一寸ヒトへのかかわり方が下手なお父さん。
病気で職を失い妻と娘に去られてしまい、残されたのは僅かのお金と自動車だけ、誰ももういうない故郷の方へ犬を連れて車で放浪の旅に出ます。

当然困窮しておまけに犬が病気になり手術などもあり所持金も尽き辿り着いたキャンプ場で死んでしまいます。
残された犬も傍を離れず半年か1年後に同じ場所で死んで行くと言うお話。

2部の「日輪草」は遺体の処理を担当したケースワーカー奥津が主人公です。僅かな手がかりを元にお父さんの身元捜しに出ます。

奥津は祖父母に育てられて、祖父母が亡くなった後は飼っていた犬と二人?だけで暮らした経歴がありかす。
そしてその犬を余り省みてやらなかった悔いのようなものを持っています。

出版された時に購入して一度読み、同調出来ない所があってそれきり何処かへ行っていた本。
玉ちゃんの新作の噂にやっと本の山から掘り出して何度か読み返しました。

「星守る犬」は作者が書きたかったであろう人と犬との愛情、係わり合いは良く判るのですがやはり何度読んでもどうしても一点駄目な部分があります。

自分が死んだあと、この子はどうやって生きていくのか、考えなかったのでしょうか。お父さんが死んだあとこの子がどんな気持ちでそばにいたか、本の中の事でも切ないです。
PCを持っていたのですから行く先くらい探してから死になさい!と言いたい(でもこれではお話になりませんね)
「犬はいつでも待っている」と言う言葉が何度も出て来ます。それが判っているのにね。

現在犬と暮らしている私には切な過ぎるお話でした。

2部の方は奥津の心情が良く書けていたのではないかと思います。
自分と犬の事を、もっとかまってやれば、もっと遊んでやれば良かったと回想するところとか、切ないものがありましたね。

以上が原作ですが、一般受けは良いんじゃないでしょうか。本のレビューでも絶賛の声が大部分です。

私自身批判しながらも泣けた部分もいくつかあります。
特にお父さんが死んで一人残された犬の視点からの話になってからは涙腺が緩みっぱなしでした。

それだけに脚本、演出次第、どうぞお涙頂戴の安っぽい作りになりませんように!

一番気になる事ですが一体出番はどのくらいあるのでしょうね。殆ど西田さんにウェイトがかかっているような印象を受けるのですけれど。

何処まで忠実に映像化されるのか。原作に無い女の子が登場するのも、どのように変えているのか、奥津の扱いがとても気になります。

原作に無い人物を登場させるのは女性の登場が無く華やかさに欠けるから?一般的な人気を考慮して可愛い子を入れたのだとしたら、話に無理が出てきはしないか・・・一番心配な安っぽい作りになりそうな予感が。
考えすぎでしょうが何だか段々悲観的になって来てしまいます。

奥津は原作では50代の設定、玉ちゃんと一寸結びつかなくて。もし原作を尊重する姿勢の映画だとしたら・・・これは望み薄かも知れませんが・・・
あの雰囲気を出すには余程頑張らないとね。期待はしてますよ。

でも待ち焦がれた新作です。
西田さんとの共演・・直接のからみは無と思いますが、何かを掴んでくるでしょうか。

どうぞ良い出来になりますように!

公開は来年夏、一年も先です。詳細な情報が出て来るまで、あれこれ想像して待つことにしましょう。

久しぶりのお髭なしで嬉しい!
50歳には見えないわ(笑)何歳の設定かしらね。

Gnj1008230505011p4aq

61aslbnbokl__ss400_q

 

« 酒井利樹先生 | トップページ | チェケラッチョ »

映画」カテゴリの記事

コメント

先日は突然お邪魔したにも関わらず温かく迎えて頂いて有難うございました。

そこで、気になったので先の情報に少しだけ訂正を付け加えさせてください。
機関誌には水沢の役名は載っていません。
ただ主要出演者5名の写真が載っているのみです。
上川さん石黒さん小西さん小日向さん、そして高良くん! 
これではどうみたって高良君が水沢役以外考えられないと思うのですが(笑)万が一!公式発表の折に違っていた場合はご容赦くださいませ~。

玉ちゃんの新作情報やっと解禁になりましたね。
今はそのことだけでも嬉しいです。

玉ちゃんのお髭問題?ですが、黒白波の撮影は確か八月初旬で名寄入りはお盆頃だったような?
(福岡の広告関係者さんの”つぶやき”と北海道行きの飛行機で玉ちゃんと一緒だったという”つぶやき”の日時から推測)
なので黒白波の後にお髭を剃られてからクランクインということではないでしょうか?
一週間ほどで西田さんも名寄を去られたようで玉ちゃんも今は東京に戻られているみたいですね。
何か別の作品の情報も出てくると嬉しいんですが~けなげに新作情報を聞けただけでいいですと言いつつもだんだんと欲が・・・(笑)

まーちさん
おはようございます。
マークスの高良君は夢さんの方にも情報が入っているようなので決まりではないでしょうか。
でも間違っていたとしても気になさらないで下さいね。
私は情報音痴・・と言うより探すのがすぐ面倒になってしまうんです。
教えていただけると本当に助かります。

お髭はCMの方が先なんですか、綺麗な玉ちゃんのお顔が見られて嬉しかったですわ。

又お寄り下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 酒井利樹先生 | トップページ | チェケラッチョ »