« NICOLE | トップページ | マークスの山 »

NANA

私は遅れて来たファンなので玉山さんの出演作品を映画館で見たのは「カフーを待ちわびて」以後です。
映画は映画館で見たいと思っている私としては残念ですが止むを得ないとあきらめていました。

10月にヤクルトホールで開かれる「鉄道映画祭」にNANAが上映されるそうですね。

レンがナナをおいて上京する別れのシーンは駅ですしナナとハチが出会うのは列車の中、それで「鉄道映画祭」での上映なんでしょうか。
招待券プレセントがあるそうで早速応募しました。

DVDで見ましたが作品としてはあまり良い出来とは思えません。
この年最大のヒットだそうですが、えーっこれがと不思議に思います。
皆演技が下手すぎます。
宮崎さんは上手ですけれど一人だけ浮いています。
映画はアンサンブルだという事を痛感させられました。

只、この時は酷かったけれど男性陣はその後皆一線級のスターに成長して今思うと凄い顔ぶれでした。

酷評したのに何故そんなに見たいか?勿論玉ちゃんのタクミ目当てです。

感銘を受けた役は吾朗さんに始まって景虎さん、劉さんですが、出番は少ないのですがこのタクミは一寸違うんですね。

ナナがハチに「ご褒美」としてタクミに会わせるシーンがあります。
あの「お帰りナナちゃん」このひと言で完全にノックアウトされました。
何故か今でも判りません。声も顔も全部好きです。
演技も役も何も見えない、兎に角好きです。

好きになりすぎて以後「HN」を「nana」にしたくらい。
好きになるのって理屈は無いんですね。

以前「別館」でも触れましたがDVDこのシーン何度見たことか、
大きいスクりーンで是非見たいです。

招待券、当たりますように・・・・

Dd001  Y003

N007

« NICOLE | トップページ | マークスの山 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NICOLE | トップページ | マークスの山 »