« マークスの山 | トップページ | 浮気 »

続 雑誌のインタビュー

立て続けに「死刑台のエレベーター」関係のインタビューを載せた雑誌が発売されています。
先日感想を書いた3誌の後17日発売の「日本映画magazine」を読んで少し安心した箇所がありました。

この中の一節です。
「監督の思い描いている世界観に導いて貰うしかないから」
緒形監督との出会いで頑固な玉ちゃんの姿勢が少し変わって来たかな・・
シーサイドモ-テル公開の時のインタビューで危惧した事が解決したように感じられて少しほっとしています。

只、少し気になる部分も。
インタビュアーの言葉に「赤城は見ていて非常に痛々しかったですね。」とありました。
わたくしの一番苦手なとするところです。
感情移入出来ないキャラクターを演じている玉ちゃんも見たくないけれど、これは最悪です。
正反対に感情移入しすぎて見ていられなくなりそう。

公開まで2週間と少し。

お馬鹿な悩みは尽きないです。

この表情、PRAYのみつるを彷彿とさせて好きです。

Img_4990a

先日も文句を言いましたが、このインタビューもお衣装が同じでした。
まだ買っていませんが聞くところによると「この映画がすごい」も同じだそうです。

5誌とも同じなんて・・・

集中取材も良いでしょう。

でもインターミッションも無く「はい、お次!」「はいどーぞ」で受けてたのかしら。

同じことをもう一度言います。

インタビューのお衣装を見るのもファンの楽しみなんですから一寸考えて頂きたいのです。

日本映画magazineの写真です。

前の3誌のジャケットを脱いだだけ!

立ち姿のもありますが転載ご遠慮させて頂きました
(゚ー゚;

Kitam03img400x6001284803644osaylp39

« マークスの山 | トップページ | 浮気 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マークスの山 | トップページ | 浮気 »