« 俳優の魅力 | トップページ | NICOLE »

ピアノと車

7月の「原作と映像化」で少し触れた柴田よしきさんの「聖なる黒夜」、
主人公のインテリやくざ(古いですね死語?)山内練を玉ちゃんに当てはめて読むと言う密かなお楽しみということでご紹介したのですが。

この文をFURAUさんが読まれて気に入って下さってご自分のブログ
「ROAD TO REBURTH」に感想をお書きになっています。

その中で「キースジャレット」の事が出て来ます。
練とややこしい関係にある刑事麻生竜太郎が共に過ごす一夜にケルンコンサートの曲が流れると言う場面です。

キースの事を「玉ちゃんブログ」で見るとは思わなかったので嬉しい驚きでした。
キースはジャズで有名ですが私はクラシックのキースも好きです。
バッハの平均率、何度聞いても良いです。
物足りないと言いう人もいますが何より透明感があって綺麗なんですね。

私はミーハー(これも死語?)俗物なので綺麗なものが大好きです。
美しさと清潔な色気が大好き。
今迄気がつきませんでしたが玉ちゃんとキースの音の世界は似ているように思えます。
FURAUさん、取り上げて下さって有難うございました。

ついでに玉ちゃんと練の共通項。
車の趣味が似ています。錬はカウンタックに乗っていますが、
玉ちゃんは先日見た昔の「ayu ready」でディアブロが好きと言っていたので少し驚きました。
でも車好きなら乗ってみたい車なのかもしれないですね。

今は好みも変わってしまったでしょうか。
この1~2年あとのインタビューではアストンマーティンに乗りたいなんて言ってましたから。

今は何に乗っているのか・・・どうやらどちらでもないようです。

もう一つついでに柴田さんのシリーズもの作品に、番外編としてこの「聖なる黒夜」を含むRIKO(村上緑子)シリーズの他に花咲慎一郎シリーズ があります。

主人公の花咲慎一郎はやむを得ない事情で同僚を射殺して警察を退職した元刑事で今は新宿の無認可保育園の園長、そして園の運営資金を稼ぐ為に危ない仕事を引き受ける探偵もしています。

本人が辛い過去を持っている上、重いテーマばかりだし結構危ないsituationが多いのに何ともいえないほのぼのとした読後感でとても好きな作品です。

「フォーディアライフ」から「ドントストップザダンス」まで5作品が出版されています。
これにも慎一郎通称ハナちゃんに命を担保にお金を貸す新宿の半分を支配するヤクザの若頭として練が登場しています。

これが困ったことにハナちゃんもとっても魅力的なキャラクターで玉ちゃんで見たい!
両方見たくてどうしたら良い?

久しぶりに平均率を聞きながら深夜こんな事を考えている私。
つくづくお馬鹿さんですねえ。

FURAUさんが「若頭」と評された写真です。
錬とは一寸イメージが違うかも。

33jyoendanyuhagetakaryussa_2

お馬鹿さんついでにディアブロをご紹介します

B0057976_2125136a

カウンタックはこちら。どちらもランボルギーニ。

Go871a_2

車は安全に走れば良いと思っている私にはわからない世界です。
只、ハナちゃんの恋人の車はパサートで、これならわかります。
乗ってもいいわ(えらそーに)(^-^;

« 俳優の魅力 | トップページ | NICOLE »

ひとりごと」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

>玉ちゃんとキースの音の世界は似ているように思えます
コクコク(激しくうなずいてます)!
そういう世界を持っているのですから、大事にしてほしいんです。

お恥ずかしいですが、田舎のデパートでは昔、屋上のイベントに「カウンタック」様がやって来ました(笑)。見るだけなのに押すな押すなの大盛況でした。

車は走ればよい。
実は私も・・です。男子とは永遠の平行線。

RICOシリーズに手を出してしまいました。
なんかいろいろ寝不足です(苦笑)。

大事にして欲しい
そのとおりですわ。折角他にない透明感というか清潔な色気を持っているのですから。

男子とは平行線
相棒は私がバッグを際限も無く欲しがると呆れております。数個あれば良いじゃないかと・・(^-^;

私が「カウンタック様」を始めて見たのは東名のSAでです。
一瞬事故で潰れた車なのかと思いました(笑)

RIKOシリーズは「ダイアナ~」で一応終わりのようですが「竜太郎シリーズ」でも錬との話は続きます。頑張って下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 俳優の魅力 | トップページ | NICOLE »