« 又素足! | トップページ | はじめての生鉄! »

13人の刺客

あまり気は進まなかったのですが相棒のお付き合いで見て来ました。

将軍の弟で悪逆の限りを尽くす明石藩主松平斉韶を老中はお目付の島田新左衛門に暗殺するように命じる。島田は斉韶が参勤交代で江戸から明石へ帰国する道中を狙ってわずか13人で200人の明石藩の侍と戦う事に・・・

中山道で行列を横切った幼児を切り殺したために尾張藩に参勤交代の通行を拒否された実在の明石藩主松平斉宣の話が下敷きになっているのでしょうか、木曾の宿場で待ち受けて死闘が繰り広げられます。

映画の出来は・・・前半はテンポも良く面白かったですが後半戦う場面が長すぎて少し退屈しました。

それとPG12指定ですがR15にしなくて良いのかしらと思うシーンがいくつもあり一寸辟易したのと、陣内さんの言葉を借りれば「景色が悪い」。
若いイケメンといわれる俳優さんもいるのですが一人ひとりが余り書き分けられていないので全然目立たない。

そんな視点でこの映画を見るなと言われそうですが久しぶりに髭も無い綺麗な孝之君が見られたのと、沢村一樹さんが良かった位ですね。

斉韶を演じた稲垣吾朗君、良く引き受けたと思いましたが見終わってこれは演りかた次第でとても美味しい役だったと思いました。
上手と言うよりもしかしたら彼の持ち味が良く出たのでは無いでしょうかねえ。
最後のシーン、劉さんも真っ蒼の熱演でしたけれど迫るものは無かった(ごめん!)少しも綺麗なところが無くて、それに私に取っては二番煎じの感じでしか無かったです。

玉ちゃんが演りたがりそうな、と思いながら見ていました。

不満は色々ありますけれど役所さんや古田さんなど芸達者を揃えた豪華キャストはまあ見ごたえはあったかな。

少なくとも「こども」相手で無い大人の映画でした。でももう一度見たいかと言われたらご遠慮したいです。

予告編で流れた「最後の忠臣蔵」主演は役所さんです。島田役からすぐ又時代劇?続き過ぎじゃない?

取り留めの無い感想になってしまいました。やはり玉ちゃんが出ていないと張り合いが無いです(笑)

孝之君は何処?

124805897959116211962_sikaku1

« 又素足! | トップページ | はじめての生鉄! »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 又素足! | トップページ | はじめての生鉄! »