« 年賀状 | トップページ | 映画情報 »

大河と言えば・・・

今年の大河「江」がスタートしました。
まだ初回、これから何回か見ないと何とも言えないです。
お市の子説が有力な万福丸は登場せず、袋の小豆も届けられず、
良く知っている時代はつまらない事が気になって駄目ですねえ。
只、子役の芦名愛菜ちゃん、初めて見ましたが成るほど、噂どおりの芸達者の上可愛い。

昨年は福山さんはじめ上川さん、南朋さんなど気になる方々もご出演でしたけれど、
なにしろ写実に過ぎて汚くて、何度も挫折、こま切れの視聴でしたわ。

大河と言えば・・・天地人です!

玉山さんをはじめて見たのは「帽子」と言っていましたが実はその前に1回だけ見た事がありました。

放送を前にしてお正月に放映された番宣「天地人がやって来た!愛の源は食にあり~」
に出演されていたのを見ているのです。
初めて玉山さんを見たのはこの時と言うことになります。

妻夫木さん北村さん常盤さん相武さんと一緒でした。
黒のお衣装でロングヘア、景虎さん役ということで見たのですが。
実はこの時は少しも良いと思わなかったんです。
私が長年思い描いていた景虎さんでは無かった。

玉山さんだけでは無く妻夫木君は兼続には童顔過ぎ、北村さんは年上過ぎ、全部イメージと違いました。
そのまま忘れていたのが本音です。
それで番組が始まっても日曜に来客が続いた事もあって一話見ただけで録画したまま見る事もなくて。

そして2月、「帽子」を見たわけです。こんな良い俳優さんだったのかと驚きました。
早速録画を見て又驚き。番宣の時とは別人のようでした。
まさしく景虎さんがそこにいました。
今思うと役に入った凄さなんだと納得です。

有名になった能面を外すシーン。はっとするほど美しかったです。
吾郎さんとは全く違う。これも驚きでした。

最初の幸せそうな雰囲気が話が進むにつれてささくれ立った様子に変わって行く。
怒った時の演技に少々注文はありますけれど、大げさではなく抑制の利いた良い演技だったんじゃないかしら。

ドラマとしては?がいっぱい。
私の今までの知識とは違い過ぎました。
大体あの「愛」って何?あれは仏教信仰の愛染明王のはずではないのかしら。
現代風の愛を持ち込んだ為なんだかみていて居心地悪く感じました。

遺言捏造にしてもです(事実らしい、直江一族による乗っ取りと見る向きもあります)騙しておいて
「義」を言われてもねえ。

最後の鮫ケ尾城の場面は思い出しても口惜しいです。
NHKストーリーブックではちゃんと炎の中で死ぬようになっていたのに。
もしかしたら「アルマ」のあの格好良い死に方はこの埋め合わせ??

でも玉山景虎が見られただけでも良かった、今でも忘れられない役の一つです。

番宣も今見ればきっと素敵だと思えるんじゃないでしょうか。
もう見る機会もなく、もったいない事をしました。

このドラマに最初に登場したシーン

069b

恥ずかしいようなセリフは無かったからカットされちゃったんですね

030_2

綺麗なだけに怒ったお顔は怖い!
壊れちゃった11回「御館の乱」から

019

014

017

 

« 年賀状 | トップページ | 映画情報 »

上杉景虎」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

「江~姫たちの戦国~」、とりあえず次回も観てみようかなぁ…というところですねぇ、初回観た限りですと。

はあぁ…、それにしても「天地人」の景虎さまはほんとうにお美しかったですね!!!
もはやあの、「能面を外すシーン」は伝説と化しているのではないでしょうか?!
(わたしも息を呑みましたわ~、上杉家の侍女と同じように、倒れそうでした(笑)

お綺麗な景虎さまになら、怒られてみたいです!!!(S、ほんの時々Mな私…(^_^;))
このころの玉山さん、まだシルバーのころの面影が少しおありだったように思うのですが……
今は、急に(?!)大人びてしまわれたようで、ちょっと寂しいです。。。

GJさん
こんばんは
見て下さっているようで嬉しいです。

この頃の玉山さんは仰るようにまだ少年めいた美しさがありましたね。
景虎さんは本当にはまり役でした。脚本、演出があれでは今更ですが勿体無かったです。

>怒られてみたいです!!!

華姫になりたかった?(笑)でもお気持わかりますわ。

ずーっと出演作を追っていて気がつきましたが天地人の撮影が終わる頃から少しづつ太り始めてます。
太っては駄目ですねえ。どんなに上手でも美しさを失くしてはね。

年末にすっきりと美しさを取り戻した玉山さんに期待したいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 年賀状 | トップページ | 映画情報 »