« 「江」 | トップページ | 銀色のシーズン »

莫逆家族

コミック原作の莫逆家族に出演が決まってから、読んだ事のある友人に聞いたり検索してみたりしましたが良くわからない。
かなり過激な内容でそのまま実写化したらまず成人指定などと聞き、どんなに凄いのか好奇心から近くのbookoffで3巻まで買って来ました。

読んで仰天!  暫くあのbookoffには入れないわ・・・「好奇心、猫をも殺す」って本当でした。
そしてこの本どうしましょう・・・捨てるっきゃないかしら・・・

以下偏見に満ち満ちています。コミックお好きな方ごめんなさい。

まずストーリー展開が非常にわかりにくい。暴力シーンとsexシーンばかりで何を言いたいのかさっぱりわからない。
少女漫画以外は手塚治虫か「美味しんぼ」くらいしか読んだ事がないので、絵が汚く感じて余計読み辛い。

普通コミックってこんなものなんでしょうか。
女だから理解出来ないのか、男の方は面白く読まれるのでしょうか。
相方に意見を聞く勇気はありません、読んだ事は内緒ですし、まして本を買ってしまったなんてとても言えないわ。

私がおかしいのかな、何分芸能界へは「清く正しく美しくの宝塚」からスタートしていますので^^

主要な役にキャスティングされた玉山さんはじめ、大森さん、北村さんのファン層は女性が多いのではと思うので、
やはり私が一人だけ変なのか。

熊切さんの監督作品「フリージア」もコミックの原作はsplatter系でかなり過激な内容でした。
が、それでも作者の主張はいくらか理解出来たし、出来上がった映画は何より主演の玉山さんの無機質な美しさを見ているだけで良かったけれど。
これはどうなるのか見当がつきません。

でもまあどうしてこんなにコミック原作の映画が多いのでしょうか・・・
MWや大奥でも思った事ですが、漫画やアニメなど「絵」の世界ではごく普通に受け入れられた特殊な世界が生身の体を持った俳優が演じると無理ばかり目だって違和感が感じられて楽しめ無いのですけれど。

まあ出来上がってもいないのにこんな事言っていても仕方ないですね。
どうやって映画館で上映できる物に仕上げるのでしょうか、逆に興味があります。
一つ間違ったらとんでもなく下らない物になりそう
熊切監督と脚本のお手並み拝見です。

川崎浩介君
この絵は最高に綺麗に描かれていると思います。漫画の絵は・・

000000023525390002s_2     

トレジア発表の時、つまり最新画像? こんな感じで???

Img_7987a_2   

« 「江」 | トップページ | 銀色のシーズン »

映画」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん
「莫逆家族」買っちゃったんですか!?
どうします?ソレ・・・爆笑しちゃいました!
ご主人には絶対内緒ですね(笑)
私も読んでみたのですが、仰天ですよね・・・
ストーリーも分かりにくいし、とにかく物凄いシーンが多すぎで。
ざっと読み飛ばして9巻くらいまで頑張って読んでみました。
5巻に川崎浩介のちょっときゅんとくる話があったので、そこだけですね。
期待できるのは。まぁ、そこが映画になるかは分かりませんが・・・
一体どんな映画になるんでしょうね。
ある意味楽しみになりましたが。

こんばんは
そうなんです、買っちゃったんです、馬鹿ですねえ(笑)

ゆきさん凄い!9巻迄読まれたのですか?
飛ばし読みでも凄いです!
私は2巻で挫折、3巻迄進めませんでした(゚ー゚;

5巻に浩介の「いい話」があるんですね、
失敗しました。早く知っていれば5巻だけ買ったのに。

この暴力とエロを程ほどにしたらどんなものが出来るか楽しみですね。

でもこの本どうしましょ、曲がりなりにも本、
捨てるのは気が咎めてまじめに困ってますわ(笑)

全巻読みました(・ω・)
最後は、かなり意外な展開でしたwwww

心優ママさん
はじめまして! 
全巻読破ですか・・・これは又凄い!
意外な展開なんですか、映画はどうなるのか出来上るまでのお楽しみですね。

すみません。コメント失礼します。
自分は田中宏先生の大ファンです。最初に連載されたマンガから、今連載されているマンガまで全て見ています。
多分、人が殺されるシーンやセックスシーンは省かれると思います。
ファンとしては、実写版が続けて出るのはとても感激です。暖かく見守りましょうm(_ _)m

しょうさん
こんばんは
多分検索から来られたと思います、ご覧になってお分かりかと存じますが「玉山さんが出演される」と言うだけで原作を読みました。
コミックは読んだ事がありませんので接した事のない世界に驚いて率直な感想を書いた次第です。(いい年をして馬鹿みたいですが)
原作のファンの方にはご不快だったかも知れませんね。ご容赦下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「江」 | トップページ | 銀色のシーズン »