« PV | トップページ | 江~12回ほか »

気分をかえてチェケラッチョ

悪夢のような3月から月が変わり4月になりました。
このような時でも年度末でかなり忙しく、間引き運転で殺人的に混んだ電車で毎朝一時間も早く出かけてせっせと働きました。働いて微々たる額でも税金を納めるのも「出来ること」のひとつかな、などと思いながら。
地震と津波の被害はこれから少しづつでも復興に向かって行くと思いますが、莫大な費用をどうするのか。
収束に何年かかるかわからない原発事故。一庶民には大き過ぎて思考も止まる毎日です。

大きな災害の情報から各地域の様子がより詳しく報道されるようになって益々心が痛いです。
宮城の多賀城市、知人はいませんが陸奥の国府として本の中で親しんだまちでした。いつか行ってみたいと思いつつ果たせないままになりました。

東北地方について、玉山さんはDiaryで次のように書かれています。

『昨年映画の撮影で、多くの東北の方々,風光明媚な景色,大変御世話になりました・・・・
・・・・パズルのピースの様に欠けてしまった風光明媚な景色・・・』

それで今頃星守る犬の東北地方のロケ地を探してみました

その中に東松島といわきの地名がありました。
どちらも今度の震災で大きな打撃を受けたところです。

6月まで2カ月、公開できるのでしょうか、公開を待ちわびているのに、このまま上映していいものかと言う複雑な思いがあります。
被害を受けたまちの方が映画をご覧になって「ああこういうまちだった」と懐かしく思われるのには時間的に早過ぎないかなどと。

福島産のほうれん草など数トンも食べてどう、と言うレベルでいくらでも買いますし少しも気になりませんが、変なところに神経質になってしまって・・・

それ程気を使わなくても良いのかも知れません、少し過敏すぎますよね。

気分を換えて明るい映画でも見ようかと、見たのが「チェケラッチョ」
沖縄の明るい風景と陽気な映画で楽しもうと思ったのですが、・・・

映画は沖縄の高校生3人組がインディーズの人気バンドの演奏を見て自分達もバンドを結成、それから始まるドタバタ騒動に同級生の女の子がからんでと言ったお決まりの青春ストーリー。

DVDで見たのですがTVドラマかと思いました。映画にしてはつくりが安手です。
もっともこの手の映画を楽しむのには少しトシを取り過ぎました(笑)
高校生、いえ中学生くらいが見れば面白いのかも知れません。
でもまあ玉ちゃんを見るためだけに買ったので出来などどうでも良いの。

玉ちゃんは・・・格好良かったですねえ。
人気バンドの人気ヴォーカル、ラップを歌ってます。
Rockersと何となくかぶってそれが少し気になる役どころではありました。

でも大人の雰囲気でそれでいて若々しくとても素敵でした。
素敵ではあったけれど・・・この時いくつ?26才でした・・・こんなお子様向きの映画に出て欲しくなかった。
文句多いですね、ごめんなさい。

メイキングには登場無しで、オールアップのシーンだけ。これも一寸がっかりでした。

 3r  C001r  R_5

 

« PV | トップページ | 江~12回ほか »

映画」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん、こんばんは。

「星守る犬」ロケ地の海岸が、震災津波で破壊されたとのこと、大変胸が痛みます。
きっと玉山さんも心を痛めているのではないかと思います。

実は、私も菜の花さんと同じことをちらっと考えていました。
被災されて何もかも失ってしまった人が、映画で以前の美しかった景色を観た時、
どんな感情が起こるだろうかと。
今現在では辛すぎると思うし、2ヶ月後だったらどうだろう?
「泣ける映画」になっているとは思いますが、内容以前に辛くて泣いてしまう人達が
いるんじゃないかと・・・
でも逆に、美しかった景色を思い出して嬉しく思ったり、
元気になれたりってこともあるのかな・・・
実際のところ、私には分からないです。
映画の内容にもよりますよね。
観終わった後に温かい気持ちになれる映画なら、ぜひ上映してほしいけど、
ただただ哀しくなる映画だったらちょっと・・・
・・・とは思うものの、私は個人的にものすご~く楽しみにしてるので、
延期されると悲しいですが。
でも、「ヒアアフター」などのように辛くなるシーンがある訳ではないので、
延期ってことはないような気もしますけどね。

ゆきさん
こんばんは
一人であれこれ考えていたのでコメント頂いてとても嬉しいです。

>美しかった景色を思い出して嬉しく思ったり、
元気になれたりってこともあるのかな・・・

私もそう思いますし、延期されることはないとは思います。
只、震災から3箇月と言う時間がどうなのか・・被災者の方がどう思われるか
とても難しくて、本当に私の貧しい思考にはついていかれない事ばかりです。

福島で自主退避地区出身の友人がいます。兄上は酪農をされていますが、
牛をおいて行かれないと言って一人残って世話をされているそうです。
捨てるしかない牛乳を毎日搾って。

辛いことが多すぎますね。

星守る犬が心温まる出来になっていることを祈るばかりです。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PV | トップページ | 江~12回ほか »