« 気分をかえてチェケラッチョ | トップページ | 漢字と玉ちゃん »

江~12回ほか

もう見ないと言ったのにまだ見ています。だって家族が見ているのですもの。

今回江は11才、茶々16才、初14才、相変わらず茶々を除いてどう見てもお姫様には見えないですね。
相変わらず馴染めないままですが戦国時代を生きた人たちの名だけを借りたコメディタッチのホームドラマと思ってみればいいのかな、と。

只、今までの歴史上の人物のイメージががらがらと崩れて行くのには閉口しています。

特に秀吉さん、実力だけで足軽から天下を取った英雄の面影は何処に?
演じている岸谷さんは面食いの私には珍しくご贔屓なんですがもう岸谷さんまで嫌いになりそう。

それに石田三成さん、怜悧で冷静、能吏の面影なしですね。
今はまだ若いからああ言うキャラクターにしているのかも知れませんが、
この時24~5才、もう立派な秀吉の側近だし、たしかこの翌年あたり一城の主になっているはずです。
後年西軍の総大将になる面影はどこに?

ただし、演じている萩原さん、一寸可愛いじゃありませんか。

こんな役作りもするのね。
水沢のイメージが強過ぎ、他の役はあまり印象に残ってなくて、意外でした。

お江さんは来週結婚ですね。

江の最初のお婿さん、従兄弟で4才上のはずですが平岳大さんなんですね。年違いすぎ、もう一寸キャスティング考えて欲しいですわ。

あ、そんな事言ったら「阪急電車」の玉山さんもそう言われそうですね。

この時代の女性は実家と婚家の間に立ついわば外交官の役を担って結婚するわけですからお馬鹿さんでは勤まりません。
年下の江が先に結婚させられたのは初より賢かったから?初は秀吉の手駒として使われていないので余りお利口ではなかった?
江にしても外交官としては全く役にたっていませんね。
佐治家は滅んじゃったし、11~2才では仕方がないか・・・これは単に「道具」として使われたのでしょうか。
でも後年姉の茶々も救えなかった。
ドラマにのれないのでこんな事ばかり考えて見ています。馬鹿みたいですね。

昨日、NHKで東松島といわきの被災地の様子を見ました。
何故か今まで殆ど報道されなかった所ではないでしょうか。少なくとも私は見るのは初めてでした。
他の被災地同様惨憺たる有様に今更ですが胸が痛みました。

星守る犬のロケはどのあたりでしたのでしょうか。
映画の封切り前に玉山さん、お見舞いに行って下さらないかしらね。被災された方が元気が出るように。

最後になっちゃったけれど玉ちゃん、お誕生日おめでとうございます。

もう31才なんですね。そろそろ肥ったら戻すのが大変になる年です。
健康に気をつけて、去年のように肥らないで、綺麗で、元気で良いお仕事して下さい。

004r 

« 気分をかえてチェケラッチョ | トップページ | 漢字と玉ちゃん »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気分をかえてチェケラッチョ | トップページ | 漢字と玉ちゃん »