« 星守る犬初日 | トップページ | BOSS2-10ほか »

星守る犬2

土曜日に家族で見て来ました。私は2度目。レイトショーでしたがまずまずの入りでした。

この映画について私は結構感動もしたし玉山さんについても素直に良かったと思ったのですが、否定的な意見が目立つので・・・何と表現したら良いか適切な言葉が見つからないのですが・・・映画の中の事をとやかくあげつらってもとは思いましたが一寸気になって思った事を書いてみました。

この作品が映画化されると知って安っぽいお涙頂戴の作りにならないかと危惧しましたが、今考えるといっそその方がすっきり仕上がったかな。
評価もこんなに割れなかったかも。

泣けるを押し出しすぎてそれも逆効果だったかもしれないですね。

2部構成の原作を一本にまとめて奥津がお父さんの足取りを追って行く、これは間違っていなかったと思います。
只、原作に無い家出少女を作ったのは失敗ではないでしょうか、奥津一人にしぼった方がまとまったしすっきりしたと思うのですが。

説明不足の部分が多すぎて不満が出た・・・私がそれ程辛口になれなかったのは原作を読んでいたので無意識のうちに映画で省かれた箇所を補って見ていたせいかも知れません

お父さんが何故当てのない旅にでたのか、前回にも触れましたが「家のローンの残債を払って妻と分けたらこれだけ・・」「暖かい故郷の方へ行ってみよう・・・」などかなり重要な部分が無い。
原作は故郷へ向かって南下の旅ですが何故最後の地を名寄にして北上の旅にしたのか・・日立の旅館の無料宿泊券があっただけでは根拠が薄すぎますし、等々。

生活保護を受ければ良かったとの意見もありましたが、持病があり再就職も困難な状態で保護は多分受けられると思いますが、ハッピーと暮らす事は無理でしょうね。
保護では家賃の上限が抑えられていますし、大型犬と暮らせる住居はまず無いかな・・・手放したハッピーの行く先は・・・どうなるかこれは考えたくもないです。
原作には「犬と暮らせる所は家賃が高いから」とお父さんに言わせています。これも省いてしまって説明不足になってますね。

奥津があれだけの接触でどれだけの事がわかったのかと言う意見も多いですね。
ですが日立の旅館、いわきのコンビニ、遠野のリサイクルショップから最後のレストランまで所持金が尽きて行く様子はちゃんと伝わって来たと思う。

ただし最後のハッピーのくだりは少し長過ぎてかえって感動が薄れたかもしれないと思いました。
薪を投げる所も非難が多いですが実際秋田の野犬が現れたら恐怖で逆上するかも知れない、まあ見たくないシーンではありますが。

2度見てもクロの最後は泣きました。娘は勿論、相方までうるうるしていたようでした。
うちの子がもし最後にあんな事をしたらどうしよう。
「もっと電柱や縁石や・・・の匂いを嗅がせてやれば良かった」の言葉は胸に応えました。
朝晩誰かが1時間以上は散歩をしていますが、それでも忙しい朝や皆遅くなった夜など急き立てて帰った事もよくあります。
映画を見てから家中優しさを通り越して大甘になりました。

普通の青年役は難しかったと玉山さんご本人の言葉ですが、彼の演技はいつも抑制が利いていてやりすぎずそこが好きなんですがこの役の抑えた演技は流石でした。
彼の凄いところは○○を演じる玉山鉄二ではなく○○がそこにいると言う所だと思うのですが、この映画でも奥津になっていたと思うし私は好きです。

美悪の華であんなに下手だった人がいつからこのような表現者になったのか、暇な時にそういう目線で過去作を追ってみたいと思っています。

「お父さんとハッピーはかけがえの無い時間を過ごした」
この奥津の言葉も否定的な意見が多いですが飼い主に忠実な秋田犬ですしきっと最後まで一緒にいられて幸せだったのかと思います。
このように賛否が分かれるのは結局見る人の感性次第と言う事なんでしょうね。

一番感じた事はコミックの映画化は難しいと言う事でした。
MWでも大奥でも思った事ですが原作ではなんでもない事が生身の俳優が演じるとどこか違和感が生じる、まあこれは私だけの意見ですが。

004r   

感動と言えば「おひさま」を見て毎朝泣いています。
特に春樹が須藤医院を開業して真知子が傍にいるところを夢見るシーン、泣きました。
春樹さんは帰ってくるのでしょうか。
夏子先生の恋人が広島にいると言う設定、あんまりでこれも泣きました。

大変な時代だったのですね、映画の出来をのんびり語っていられる今を大事にしたいとしみじみ思います。
出演者に下手がいないのも良いですね。大河と代わって貰いたいくらい。
初音映莉子さんがハツミさんとは余りにイメージが違うので驚きました。流石女優さんです。

ノルウエイの森のDVDが届きました。玉山さんの映画にしては珍しく一回しか見ていません。
永沢さんの出番以外は全部早送りにしてこれから見ようと思います。

« 星守る犬初日 | トップページ | BOSS2-10ほか »

映画」カテゴリの記事

星守る犬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星守る犬初日 | トップページ | BOSS2-10ほか »