« 天国の本屋 | トップページ | 牛に願いを »

NHKドラマ色々

玉山さんのNHKドラマへの出演は私にとって一番印象に残る「帽子」をはじめ思っていたより出ているんですね。

最初が「真夜中は別の顔」(残念ながら未見です。みる方法は無いでしょうか・・)
以下「農家の嫁になりたい」「ワイルドライフ国境なき獣医師団」「天地人」
そして「さよならアルマ」
と知る限りでは6本です。多いか少ないか、フジが圧倒的に多いので印象としては「思ったより多かった」です。

「農家~」の希望君は可愛かったですね。玉ちゃんには珍しく「ハコイリムスメ」とかけもちできつかったそうです。
小松先生の脚本ですが良いキャラクターでしたね、主役の誠君よりずーっと魅力的でした。

6aa

「ワイルドライフ」は陵刀先生もとぼけた味で良かったけれど「2話」のメイキングのインタビューの玉ちゃんは吃驚するほどbeautifuでした。
でも何と言っても2話はパンダの可愛らしさが圧巻でした。特に子供のパンダ!
レンタルしたのですが何とメイキングつきで「天地人」もそうでしたがNHKさん太っ腹です。

A_4

天地人総集編のインタビューから
この頃から少し肥り気味?

3a_3

おひさまの高良君

このドラマでは今まで優しい表情しか見せなかったので、
こんなに美男子だったのかと一寸見直していました。

今朝の陽子達の始めての夫婦喧嘩のシーンがあり、高良君の怒った顔、このドラマで始めて見ました。
ああやっぱり高良君だわと妙に安心しました。
おかしいですが私の中の高良君はいつもきつい表情しか思い浮かばない。
最近でも守山も水沢もキズキもそうでした。
だから優しい綺麗な高良君に馴染めなくて、やっとつながった感じ。

ドラマは戦争が終わってほっと一息と言ったところですね。
毎朝泣いていた時と違って一日の始めに見るにはまあ良い展開かも。

とにかくつまらないです。

秀忠と結婚、いよいよこの二人のドラマが始まるようですが。
秀忠の人物設定が余りに史実と違い過ぎるのも興を殺いでいます。
謹厳実直な面影はかけらも無く軽すぎ、自由に脚色しても構わないと言うものの実在の人物を描くのですからある程度は史実を尊重して貰いたいです。
この分では関が原の合戦に秀忠が間に合わなかったのは姉を思う江が頼んだからだ、くらい書いても多分驚かないでしょう。

おまけに演じている人がまあ下手だし。どう見ても現代っ子にしか見えない江と二人で話が進んで行くのかと思うと全く期待出来ないわ。

文句を言うなら見なければ良いようなものですがそうは行かない、相方も私も子供の頃から大河ドラマは「見るもの」として生活して来ちゃったので見ない選択肢は我が家には無いのです。
それに「少々」とは言え受信料を払っています。
面白いものを提供する義務があるのでは。

« 天国の本屋 | トップページ | 牛に願いを »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 天国の本屋 | トップページ | 牛に願いを »