« 上杉景虎とブラザービート | トップページ | お久しぶりでした。 »

ご無沙汰ですね

このところの忙しさと言ったらありませんでした。
週2~3日で大した事をしているわけでもない仕事が一年で一番忙しい時期なのに趣味の歌の会の発表会が重なってTVを見る暇も無い毎日でした。

気がついてみたらACUOのCMが終わってしまっていました。
この会社自体には余り関わって欲しくない気持ちですが、終わってしまうと何だかさびしいです。勝手ですね。

BOSS以後単発ドラマの出演も無く映画の公開も無くCMしか無かったので本当にご無沙汰している感じです。

只、もう一つ気が付いてみたら「造花の蜜」の放送がこの週末に迫っていました。
余りの忙しさに放映日を気にするのを忘れていたのでこれは嬉しい事でした。

只、WOWOWにまだ申し込んでいません。
申し込めばすぐ見られるのは判っているのですが、加入、解約を2度も繰り返しているので
相棒の手前何だか言い出しにくくて。

最初は、プリズナーの再放送が見たくて加入。
ドラマが終わったら他にあまり見たい番組も無かったし解約しました。
次は「自伝」の時に再加入して終わったら又解約。
3度目でも多分何も言わないとは思うけれど、何となく後ろめたい気分です。

でもあと数日、考えている暇は無いですね、急いで申し込まなくては。

気がかりは、小説を読んでいるのでどうしても原作のイメージを追ってしまいます。
「阪急電車」でさえここも違う、又ここも、と違う点ばかり気になってしまったので、
出来れば余りかけ離れた内容ではありませんように、と願っています。

14a  13a_2


  

« 上杉景虎とブラザービート | トップページ | お久しぶりでした。 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

大河ドラマ「天地人」が終わって2年が経ちました。「歴女に人気の武将が多く出た」と話題になりました。今年の「江 姫たちの戦国」も明後日で終わりますが、この番組は「歴女」が好きな人物があまり出なかったですね。歴女ブームはもう下火でしょうか?
今年もあと5週間となりましたが、12月のご予定はありますか?

おはようございます。
天地人からもう随分経ちますが、相変わらず玉山景虎が忘れられないです。
「江~」は大河と言うよりホームドラマでしたから魅力的な武将が描かれなかったのは仕方なかったですね。
昨年の12月は「忠臣蔵」「アルマ」と2本もお楽しみがあったのに今年は「造花の蜜」だけでしょうか、一寸さびしいです。

こんばんは。
造花までもうすぐになりましたね。
私も原作先に読んだので、心配な部分もあります。
原作の川田、好きですから・・・
設定がどれくらい変わっているのか分かりませんが、川田のキャラが丁寧に描かれていますように・・・
でもきっと玉山さんなら魅力的に演じてくれると楽しみにしています。
阪急電車もすごく魅力的に演じてくれたのに、原作で大好きなシーンやセリフがなかったりしたのが私も残念でした。
どうしても我慢できずに原作を先に読んでしまうのがいけないのかしら^_^;
綱引き映画はその心配ないですね。

ゆきさん
こんばんは
最終章まで作られるようですから川田の扱いがとても気になりますね。

先日「指輪をはめたい」を見ましたが登場人物が原型を留めない程変更されていました。
それに比べれば・・・とは思いますが私も川田のcharacterが好きなので大幅に変わっていない事を祈ってます。

玉山さんは来年に映画「綱引いちゃった!」に出ます。ある町の綱引きのイベントを題材にした映画です。

一昨年の「天地人」ですが、御館の乱を1か月に渡って取り上げましたね。
上杉謙信の若名乗りの景虎を「襲名」した事で、上杉家の後継者とみなしていた家来も実際にいたんでしょうか?上杉謙信と区別するため「三郎景虎」と表記する事がありますね。上杉謙信は「上杉景虎」とは名乗ってないため。上杉家当主と関東管領職を「別物」で、景勝と景虎に継承させたかったとも言われます。

調べてみると北条・今川・武田・上杉の4家の戦国大名は、相互に同盟締結と解消を繰り返したんですね。意外と知られていませんが、北条も小規模ながら大名として江戸時代に残りました。

えびすこさん
こんばんは、コメント有難うございます。
そうですね、上杉家は関東管領で越後の守護(国主)、長尾家は守護代です。
謙信が上杉憲政の養子となって家督を継いだ為以後上杉を名乗っています。
私はこの時代は余り詳しくはありませんが謙信が景虎に管領職を継がせたかったのは事実のようですし、謙信の死後景虎を支持する勢力は多かったようですよ。
北条家は景虎の異母兄氏規の子孫が確か1万石位の大名として存続しています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 上杉景虎とブラザービート | トップページ | お久しぶりでした。 »