« お久しぶりでした。 | トップページ | 帽子の再々々放送 »

「武田家の滅亡」~

この所景虎さんにすっかり嵌って中々抜け出せません。
勿論玉山さんをイメージした景虎ですが。

そして伊東潤作「武田家の滅亡」。
景虎さんも出て来ます。
作者が「北天蒼星」と併せてお読み下さいと言っている作品です。
確かに併せて読むと武田と上杉、そして北条。
一つの歴史を表裏から見る面白さがありました。

長篠の大敗北後の武田勝頼に北条氏政の末娘が(この作では桂と言う名を付けられています)継室として輿入れするところから始まり武田家滅亡迄が語られています。

合戦の経緯だけでなく他国との関係、財力の事なども丁寧に描かれていますが、桂が実際の主人公として書かれているのでどうしても女性へ関心が向いてしまいますね。

桂は幼い頃から異母兄の景虎を思慕していて彼が上杉家に行く時に貰った匂い袋を大切に持って輿入れします。
武田家に溶け込もうと努力しながらも景虎の消息を気にする桂を通して上杉家の動向も語られています。

そして次第に夫である勝頼に心を開いて行き景虎への気持ちは憧れだったと気づく終盤、この匂い袋が効果的に使われています。

最後は北条に帰って生きる道もあったのに夫と共に死ぬ事を選んでいます。
景虎の妻もそうでしたが、全く家の為の結婚だったのに愛情が育まれていたのだと思うと悲劇的な最後ではありますけれど何とはなしほっとする思いもあります。

景虎の一生を描いた「北天蒼星」に不満があったのは余りに景虎に心を奪われて思い入れが強すぎたせいかも知れません。
その点武田家には何の思いもないので結構面白く読めました。

史実の表裏と言えば永井路子さんに「姫の戦国」と言う作品があります。

京の公家の娘に生まれ駿河の今川氏親に嫁ぎ今川義元の母となった寿桂尼を主人公とした作品です。

若くして夫が戦死、以後今川家を支え続けた半生を描いています。
今川家と言うと織田信長の桶狭間の戦いや徳川家康が人質として幼少時を過ごしたあたりしか関心がなかったのでこの作品に出あった時はかなり興味深く読んだものでした。

義元の妻は武田信玄の姉、娘は信玄の長男義信の妻です。
又妹は景虎の父北条氏康の嫁いでいます。

それぞれ婚姻、養子縁組等で同盟を結び均衡を保っていたのですね。
かなり危うい同盟関係ではありますが。

« お久しぶりでした。 | トップページ | 帽子の再々々放送 »

上杉景虎」カテゴリの記事

コメント

「政略結婚の夫婦の方が仲のいい」法則があるような気がします。
後の時代でも同様の事が言えます。
再来年の大河ドラマ「八重の桜」の新島襄・八重夫婦は、明治になってからの結婚なので恋愛結婚に近いと思います。2人の関係を見ると「戦友」と言う感じですが。
実は八重さんは離婚経験者で、最初の結婚は自発的ではない結婚かな?
武田信玄の直系子孫の男性が甲府市に在住だそうです。
織田信長や徳川家康は言うに及ばず、毛利元就や北条氏康もそうですが、息子が多い人は後世まで血脈が残りますね。

こんばんは
戦国の頃の女性は外交官兼スパイとして送り込まれてもそれでも愛情が育つのですから現代から見て本当にほっとします。
「八重の桜」はやはり脚本次第でしょうね。
たった14年の襄との結婚生活をメインにするのかどうか、どのような取り上げ方をするのでしょうね。

「造花の蜜」はご覧になりました?昨日第1回が放送していました。
玉山さんの年齢(1980年生)は人気俳優が多いので、「芸能界の黄金世代」と言ってもいいですね。1982年生まれの俳優もまた多いんですよ。

以前「天地人で御館の乱を1か月取り上げた」と書きましたが、あれは当初予定どおりだったのでしょうか?玉山さんの出番を確保するために少し先延ばしした可能性もあり得ますね。
小栗旬くんや城田優くんに助命嘆願があった可能性もあります。関ヶ原の戦いや大坂の陣の回が(個人的な)予想より遅かったので。

こんばんは
造花の蜜は11月27日の放送で見ました。
感想もUPしていますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お久しぶりでした。 | トップページ | 帽子の再々々放送 »