« 大河ドラマはどこへ | トップページ | 莫逆家族の試写会など »

カーネーション

玉山さんの情報が聞こえて来なくなってかなりになりますね。
クラブに来たとかスーパー銭湯に現れたとか、事実かどうか判りませんが遊んでいる話はあるのにお仕事の情報はさっぱりです。
長い休暇なら良いのですが(ファンの私には良くないですが^^)、お仕事が無いなんて事ではないでしょうねえ。
昨年のお仕事振りから見てどうしても考えがnegativeになってしまいます。

公式サイトは前から情報に関しては役に立たない事ばかりでしたがリニューアルしても相変わらずファンサービスが悪いですねえ。
今彼が何をしているのか休暇ならそれはそれで少し知らせてくれても良いではないかしらん。
何でも良いからお仕事して頂戴!

で玉山さん不在の間の楽しみはNHK朝の連ドラ「カーネーション」です。
最初からとても面白く見ています。

出演者、脚本、演出、皆良いのは勿論ですが、
衣装、髪型、小道具の端まで神経が行き届いていて感心しながら楽しんでいます。
特にパーマをかけた糸子の髪型、サザエさんに似ていましたねえ、ああ言う髪が流行っていたんですね。

只、コシノ姉妹の母上の実話がもととの事なので、事実である不倫をどう扱うのか心配して見ていましたがその描き方に感心しました。

周りの男性達が皆いなくなってしまった・・・と糸子が思うシーン、お父さん、勘介君、泰蔵兄さん、そして夫。
寂しさが胸に迫って思わず涙ぐんでしまいました。
糸子の周防さんに傾いて行く気持ちが素直に受け止められて、無理なくドラマについて行かれました。
脚本お見事です。

それにしても登場する男性達、皆良い男ばかりですねえ。
それぞれとても魅力的に書かれていてこれもお見事です。

今朝は不倫が町内の噂になって家族会議が開かれるシーンでしたが、ほんの少し前まではそういう感覚だったのだと今更ながら思いました。

今はそれはまあ、大げさに言えば「道にはずれた事」に変わりはないはずなんですが少しも驚かなくなっていますね。
早い話が高視聴率で話題になったドラマの「~ミタ」ですが、夫の不倫で妻が自殺をする、そして高校生の女の子は男の子と関係を持つ、こんな展開が小学生も見るだろう9時台のドラマに堂々と書かれてます。
不倫など事情は様々で他人には何とも言えない事なんでしょうが、人の物を盗ってはいけないのだから余りに当たり前のようにあからさまにされると一寸ね。
私って古いのね。出た学校の教育のせいかも。

奈津が結婚しました。余りに急な展開で一寸戸惑ってます。

奈津はもう登場しないのでしょうか。
この奈津のcharacterも演じている栗山さんも好きだったのでもう出なくなると淋しいです。
美人を見るのは大好きなので。
そう言えば栗山さんと鉄ちゃんは噂がありましたねえ。
二人の結婚を密かに期待していたのですが。
素晴らしく綺麗な子供が生まれたのではと思うと残念でした^^

大河清盛

文句を言うなら見なければ良いと自分でも思うのですが。

今回は主役の方に一寸。
演技が上手と聞いていましたが、納得し難いです。
彼の他の役は「ノルウエイの森」しか知りませんが、その他の役で魅力を発揮しているのならこの役はミスキャストですね。全く輝いていないです。主役のオーラが無い。
知人のお父様が清盛の3回をご覧になって「今度の主役は中井貴一か」と言われたそうですが良く言い表してます。

« 大河ドラマはどこへ | トップページ | 莫逆家族の試写会など »

TVドラマ」カテゴリの記事

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

「カーネーション」は毎回欠かさず見ます。昨年の大河も終盤は男性が少なかったけど、こちらは月・週替わりで男性ゲストが出ますね。ところで糸子の妹は婿を取ったんでしょうか?
実際の小篠綾子さんの妹さん(コシノ3姉妹の叔母たち)はどうか知らないので。
最終盤の3月は夏木マリさんが小原糸子役になります。何と平成年間まで取り上げます。
尾野さん曰く「おばあさんを演じるのは、自分でも無理があると思っていた」そうです。
私は来年の大河ドラマ「八重の桜」でも、同様の配役をすると密かに思います。
子供の頃(子役)→青年・壮年期(綾瀬はるかさん)→老齢期(60代のベテラン女優)

ところで朝ドラは実在人物(=原作者)が主人公(のモデル)となる場合は、出演俳優や番組スタッフや脚本担当者が本人か家族に取材するんでしょうか?主人公のモデルとなる人が健在であれば直接できますね。今回の様に主人公のモデルが故人の場合は、家族(今作ではコシノ3姉妹)にすると思いますがどうなんでしょうかね?
大河ドラマでは末裔の人に取材できると思うんですが、そういう話はあまり聞きません。

玉山さんの新ポスターは車内広告で見ました。春期ドラマに出てくれる事を期待しましょう。

おはようございます。
カーネーション、毎朝楽しみに見ています。
不倫の話は良く綺麗にまとめたと感心しました。
時代考証目茶目茶の大河ドラマとスタッフ入れ替えて貰いたいです^^
只、主役交代は一寸残念、最後迄尾野さんで見たかったです。

「家政婦はミタ」の脚本を書いた人が、カーネーションの次々作番組を担当するようです。
「家政婦はミタ」とは180度テイストの違う番組になるので、同番組の視聴者はいい意味でギャップを楽しめるかな?ただ、最終回の「関東地区視聴率40.0%」は半信半疑です。

3月に老境を迎えた奈津さんが出るとしたら配役は誰になるんでしょう?
松原智恵子さんあたりかな?周防龍一役の綾野さんは3月に別の人の役で再登板?
カーネーションこそある意味で「大河」ドラマですよ。主人公が長命な人なので。
この何年かどこかでトラブルがある大河ドラマ。来年の「八重の桜」は(可能性は低いですが)登場人物の末裔の人から苦言が出ない事を祈ります。「杞憂」に終われば幸いです。
でも大河ドラマが実際になくなると、どこかに仕事を失う人がいるんでしょうね。
なおアメリカには日本や中国や韓国と同じスタイルの「大河ドラマ」はありません。
日中韓の大河ドラマでは生じない問題があるからだと思います。

玉山さんに演じてほしい職業は何ですか?また演じてほしい歴史上の人物は誰ですか?

菜の花さん、こんにちは。

「カーネーション」途中からですが、観ています。
周防さんが登場されてから、ぐっと面白くなりました。
玉山さんもお友達の綾野さんですが、この役は素敵ですね♪
玉山さんは戦争ものは幾つかありますが昭和が舞台の作品には出演されて
ないですね。現代設定より正直なところ、この辺での玉山さんが観たいと思います。
きっとステキですよ〜。

大河は、私もガッカリです。
菜の花さんのお気持ちお察しいたします。
主役の方は、体重もだいぶ増量されたようで、意気込みは伝わってくるのですが、
残念なところばかり目についてしまいます。昨日は家族も「観なくていい」
というので別番組を観てしまいました。

某SNSで玉山さんとマネージャーさんとの数日前のことを書いている方があり、
読みました。内容からするとなにかしらのお仕事がらみの様ではありましたが
具体的なことは書いてありませんでした。御一緒の方から推測すると、映画と
いうより何かこれまでやったことのない分野なのでは?もしかしてBee TVかしら?
ともかってに思っていますが、どうでしょうか。

「造花の蜜」の時に菜の花さんが、川田の様な役には「玉山さんは存在感があり
すぎる」とおっしゃていましたが、本当に私の言いたかったのもその点です。

平たく言うと、あの役はもう少しお若い方(高良君ぐらいか?)かまたは、23歳位の
「薔薇の十字架」のころの玉山さんがやるべき役だったのでしょう。
昨日、久しぶりにまた動画で観たのですが、石田ゆり子さんとの恋愛も何の
違和感もなく観られます。「造花」も檀さんが石田さんに代わったところで、
私が思う「ヘンな感じ」はなくならないと思います。去年のことながら、
菜の花さんがご指摘の「キャストのバランス」の問題ですが、よ〜くわかり
ますよ。

とにもかくにも年齢オーバーの役は、お上手に演じられればられるほど、
観ている方はどこか辛くなってしまうところがあるので、今後はそのようなことが
ない様、祈りたい気持ちでいっぱいです。

来年の大河は、「これですよ、これ‼」というくらい、期待はしています。
ここで本当にいい知らせが欲しいですよね。
長くなりましたので、この件は後程また。
玉山さんのことになってしまうとつい熱くなってしまって、、、。
こんなに素敵な人、そうそういませんから。

えびすこさん
こんばんは
「家政婦はミタ」の脚本家さんは女王の教室の脚本を書かれた方なんですね。
民放を殆ど見ない私でも見ていた作品でした。
朝ドラではどうでしょうか、期待したいです。
玉山さんに演じて貰いたい人、勿論上杉景虎です。
職業は・・・割合生活感の薄い人なのでなんでしょうか。
以前読んだ三浦朱門さんの「光はるかに」の主人公、自衛隊大学校出の主人公など見てみたいですね。勿論今とは時代も違いますけれど作者の主張は変わらず受け止められると思うので。

ビオラさん、こんばんは
ご来館&コメント有難うございます。
「造花の蜜」の感想は少し言い過ぎたかなと思いましたが同じように思われている方がいらして嬉しいです。
あのポジションの役しか来ないのだったらこれからかなり厳しいですよね。
あまり言いたくないのですが事務所の力が無さ過ぎるようで心配です。

昭和の男に一票です^^
あの端正なお顔は昭和に一番しっくり来るかもしれませんね。

お仕事絡みのお話があったとしたら本当に嬉しいです。
何でも良いですがBee TVだとすると携帯が苦手の私には一寸辛いです^^

来年の大河・・・良い知らせがあるといいのですけれど。
でも大河はもう期待出来ないような気がします。
製作スタッフに問題があるのではないかと思います。
朝の連ドラでも良いと思っています。
あんなに素敵なのに知名度低すぎて・・・朝ドラに出ると知名度は確実にあがりますから。

今週の「カーネーション」では老齢になった奈津さんが出ます。
しかし、カーネーションは序盤・中盤・終盤で番組のテイストが違いますが、同じドラマで時期によってこんなに「味が違う」のも異例ですね。
視聴率で見ると「平清盛」に圧勝です。視聴者を飽きさせません。
断言すればカーネーションこそ「大河」ドラマですよ。

「(人生において)大切なことはすべてカーネーション(小原糸子)が教えてくれた」
「ものさし(鯨尺、カーネーションを意味する)は剣(平清盛)よりも強し」
「武士の功より年の功」と言った感じがしますね。
カーネーションは人生の醍醐味を教えてくれる番組だと思うんですよ。
この意見は過言ではないと思います。
平清盛を見ても人生の醍醐味はわかりません。

奈津さんの登場は楽しみです。
ある意味もう一人のヒロインでしたから。
でも栗山さんでないのが少し残念^^

テイストが違う・・・そうですね。
とても丁寧に作られていると思います。
それについて行かれない人が多いらしく夏木さんへの風当たりがひどいですが、
私は違和感無く見ています。
30年前の70歳は今の90歳くらいでしょうか
周囲の高齢者は大抵頑固になってますし。
あと2週間、もっと見ていたい気分です。

ついていけない理由は劇中での「年数範囲」が大変長いためだと思います。
「大正末期から平成10年代まで」で世紀をまたいでます。
およそ80年ですが、大河ドラマでもこんなに年数幅が長い作品はないです。
「1か月で20年経過する」事もありました。

この番組の特徴は人物の容姿が少しずつ目に見えて変化している点です。
もう1つ、60~70年経つと町並みが一変する点でも歳月の経過を実感します。
近所に住んでいる人も実際に世代交代してます。
でもこんなにはっきりと「周辺の人」が世代交代するのも珍しいですね。
夏木さんの登場を2週間早くしてもよかったと思います。
その夏木さん、23日の「あさイチ」に出ます。

えびすこさん こんばんは
奈津さん、登場しました。栗山奈津の面影ありましたね。明日が楽しみです。

大河の方はもう今からの挽回は難しいかもしれませんね。
只、民放と違ってNHKは視聴率が悪くて打ち切ったり主役が交代した例はないかと・・・
以前竜馬が行くで演出が交代してますが。
公式などを見る限り清盛のスタッフは強気?むしろ傲慢にさえみえますからどうでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマはどこへ | トップページ | 莫逆家族の試写会など »