« Long Vacation | トップページ | 思い! »

結婚おめでとうございます

先週、長期休暇中同棲からずるずると結婚か、と書いたらその通りだったので吃驚。
長い事音信不通でいていきなり週刊誌に同棲の記事が載りあっと言う間に結婚報道ですもの驚きます。

驚いたのは出来婚だった事、そのような事をしないきちんとした人だと思っていたのと、
もう一つ勝手な思い込みですが年上のしっかりした人と結婚するような気がしていたので。

でもPrivateの事ですからご本人達が幸せなら言う事はありません。
しかもお相手が一般の方で「将来を託せる人。役者の仕事により集中できる」と玉山さんが語ったそうなので安心です。

俳優であり続けるのならきちんと健康管理もして仕事の出来る環境を整えるのに何よりです。
なにしろすぐ太っちゃうような自己管理の甘い人ですから奥様よろしくお願い致しますね。

幸せな家庭生活を送って下さいますように。
おめでとうございます。

おめでたい事なんですが、実はこの結婚について全部throughしちゃおうかと悩んでいました。
やはり順序が逆なのが気になったのと発表されたコメントが紋きり型でしれっとした感じがして凄く嫌だったのです。

「information」と「diary」が同内容だったのがそう思った原因だと思います。
所属俳優の事を伝える「information」はあれでも良いから「diary」では順序が逆になってしまった赤ちゃんの事など自分の言葉で(たとえ添削して貰ってもよ)もう少し可愛げのあるコメントを出せば良かったのに。

出来婚とか同棲とか今に始まった事ではありませんね。
私が20代の頃も周囲には何人もいました。
大急ぎで入籍しておなかの目立たないうちに結婚式を挙げた知人もいました。
只以前は今のようにおおっぴらにしなかっただけなんですね。

交際半年だそうですが、すぐ近くにいても中々気が付かない恋もあれば一瞬で恋に落ちる事もあり、好きになるのに時間は関係ないですね。

好きになったら同棲も良い、今の世の中珍しくも無い事です。
babyが出来ちゃう事もあるでしょう。
でも順序が逆な事に違いはないし、抵抗を感じる人の多いのも事実だからそこの所の配慮が欲しかったと思います。

もう一つ、お相手が一般人だと言う事だけで何も判らないので憶測が憶測を呼んで動揺したファンも多かったのではないかしらん。
せめて年齢、職業くらいの簡単なプロフィールの紹介があった方がファンとしては安心したのでは。

玉山さんご本人は勿論ですけれど事務所の対応も頂けませんね。
まあこの事務所の配慮の無さは今始まった事ではないですけれどね。

どっちみちPrivateの事だし、良いお仕事さえして下されば私にとっては今迄と何の変わりもありません。
家庭が出来た事でお仕事の巾も広がり今迄以上に活躍される事を願っています。

只、生活感の感じられない透明な雰囲気を持った人なので、家庭を持ってもその魅力を持ち続けて下さるようにお願いしたいです。

式も披露もしないと報道している所もあります。
NICOLEの衣装で挙式しなくて良いの?
でもNICOLEはブライダルファッションだから出来婚ではこれからどうなるでしょう。
私が sponsor なら考えちゃうかも知れません。
スバルも若い男性向けに作られているので微妙ですね。
どちらも中々良かったので無くなるのはさびしいです。

言う事は無いと言ったのにかなり書いてしまいましたね(笑)

Nicol4r  A

今週の清盛

時代考証の事は言いたくないのですが・・
今週の清盛の衣装はなんでしょう。
忠盛は朝廷から命じられて海賊討伐に行ったはずです。
従った清盛は位階をすでに持っています。このドラマでは北面の武士ですね。
鎧も身に付けず無頼の徒のような格好は何とも・・・・

相変わらず埃っぽいですが、日本は多湿な国です。
大陸や半島とは違うと思うのですが。

« Long Vacation | トップページ | 思い! »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

「彼女がいるらしい」と少し前にウワサになったのは知っていました。
結婚したとは驚きました。結婚を機に飛躍するといいですね。
確かに配偶者や子供の名前を公表しない人がいますね。
これは子供が誘拐されて身代金を要求される事件を防止するためでしょうね。
でも芸能人の子供を誘拐する・しようとした事件はあまりないですね。
ブログのデザインが変わりましたね。「ひな祭り」をイメージしたものですか?

少し前の話題ですが、1月28日の「カーネーション」の視聴率が25.0%になりました。
調べたら朝ドラでの「25%台」は約9年ぶりの高水準だそうです(関東)。
昨年4月以降の視聴率ではだいたい「朝ドラ週間最高>大河ドラマ」となっております。

おはようございます。
デザインは仰るとおりひな祭りです。
立春も過ぎたので紙面だけでも春らしくと思って。

家庭を守ってくれる方のようですし、
良いお仕事をしてくれる事を期待しています。

カーネーションは前半の方が面白かったですね。
私が子供たちを演じる人達に魅力を感じられないせいかもしれませんが。

こんにちは、はじめましてゆうこと申します☆彡突然の書き込みで失礼します。先日から菜の花さんの日記をちょくちょく拝見していました。わたしも玉山鉄二さんの演技が好きー^^なのでこのブログに辿り着いた次第です。

今度の結婚報道ですが、まさに菜の花さんが書かれていたことを思っていました!できちゃった婚をしない人だと日記の文章を読んで思っていたので正直驚きました。玉山さんの文章から垣間見える人柄も好きだなーと思っていたので。(余談ですが、わたし自身は名古屋に住んでいるので被災していないですが、震災の時には彼の文章に励まされました。
)
わたしは玉山さんよりも7歳年下ですが、やっぱり順番は大事やろと思うので、、、。
そしてdiaryと informationの内容が同じなのにもちょっと寂しいなと。なので菜の花さんが同じことを考えていたとわかってうれしかったです!でもこれを活かして更にいい俳優さんになってほしいですね。
突然のコメントで失礼しました。またちょくちょく遊びにきてもいいですか?(*^^*)

ゆうこさん、こんばんは
ご来館有難うございます。

この結婚報道は本当に吃驚しました。
実質的な結婚をしたけれど届はバレンタインデーにとのこだわりがあったのでしょうね。
多分babyは予期しなかった事だったのではと思います。
もしそうなら発表にもう少し神経を使って欲しかったですね。
でも良いお仕事をして下さればprivateは関係ないですよね。
安定した家庭が出来ればもっと良いお仕事をして下さる事と期待したいです。

又お立ち寄り下さいね。

菜の花さん、こんにちは。
バレンタインデーの発表からほぼ一週間が経過しました、、、。おめでたいこと
なのになんとも気持ちの整理がつかず、、困ったものです。

まず、「でき婚」云々ですが、これに関しては私は世間一般とはかなり違う
考え方なので、こちらではスルーします。
私自身が若い頃、かなりいい加減で(今もかも)それをなんとか社会に許して
もらえた様な生き方をしてきたので、玉山さんを責める資格はないのです。
また、玉山さんのファンではあっても彼を理想化(特に私生活)もしていない
ので、このことでがっかりしたりはしませんでした。

私を襲って来たのはびっくりしたことに悲しみでした。自分でも信じられ
ない位、泣いてしまったのです。一瞬にして何処か遠いところに玉山さんが
行ってしまったような気がしましたし、越えられない薄いのに強靭な膜が彼との
間に張られた様な感覚です。(微妙なのですが、これはあくまでも膜てあって壁で
はないのです。)
この「悲しみ」の正体って、やはり喪失感と大人げないのはわかっていても
嫉妬心も含まれています。自分も結婚しているし、なんとも身勝手で子供じみたこ
とと十分わかっているのですが。
もし、差し支えなければですが、菜の花さんに悲しみの気持ちはありませんでした
か?

私もこれまで同様、応援していく気持ちに変わりはありません。ただスマホの
待ち受けを玉山さんアップから、カフーちゃんメイン・玉山さん豆粒に替えました。
この辺が微妙な距離感の正体なのでしょうねー。

HPの対応はよろしくないですよ!!
菜の花さんに100%賛成です。何か意図あってわざわざdiaryと公式を一緒
にしたのかしら?と、勘ぐりたくなるくらい。diaryには一言、自分の言葉で何か
加えることもできたはずですよね。
ちょっとすばしっこい事務所なら、本人が書いたことにして第3者が書いておく、、
とかもあり得るかもしれないのに、( 勿論いいことではないですが、例として)
メリゴさんは、こういうことにはホントにおっとりされているんですもの、、。
(イヤミか?)
事務所側も、「これを書いたら、よりファンが納得するだろう。」とかいうところに
配慮が及ばないのかしら?

4月はドラマに御出演のようですが、連ドラなのでしょうか?
ここ数年通りですと、CX木10:00は「シャンソンズ」でHPも立ち上がっていますが、
玉山さんにふさわしい役はないような、、。26歳設定の役はありましたが、この役
ないことを祈ります。リンダがまたやってきそうで、、、。
他のドラマてあることを期待して発表を待ちます。

※私の投稿の最後に菜の花さんの文の一部が紛れ込んでいるようでごめんなさい。
ipadからの投稿なのですが、ちょっと触ったら入ってしまったようで消せなくなり
ました。大変失礼しました。

diary更新が公式の発表と同じだなんて、どうかと思いますよ。

いるのですが。


ビオラさん こんばんは
とてもとても玉山さんがお好きなんですねえ。
私はやはり今度の発表の仕方に問題があったのでは、と思います。
別にお相手の詳しい情報が知りたいわけではないしどうでも良いけれど
結婚に至る過程の簡単な説明があれば受け取り方が違ったのではないでしょうか?
たとえば栗山さんだったらこんな思いはしなかったのでは・・・
全く何も判らないお相手と言うのが悲しい・・・
それに週刊誌の報道で「おんぶして云々」とあったのも良い気持ではなかったかも。
人目のある中おんぶですか・・・と思った事も。
おなかにbabyがいるので腹痛とか、何か訳があったのかも知れませんが。
違ったらごめんなさい。私には一寸その気持があったので。

いつも思う事ですがこの事務所、こんなに対応が下手ではマネージメントにも問題があるのではと思いたくなっちゃいます。

こんなお返事でごめんなさい。懲りずに又来て下さいね。

大河ドラマは今年は「大逆風」ですね。
でも日曜の夜(7時台~9時台)は各局ともあまり視聴率が高くないようです。
裏番組の「世界の果てまで行ってQ」が最近では安定しています。
それを考えると「笑点」は大相撲の場所中以外は安泰ですね。

1月に朝日新聞であった「新ドラマ採点」では平清盛の点数が下から3番目でした。
「評判が高い=評価が高い」ではないですね。
この時期(1~2月)にしてはかなり視聴率が低いです。
それにしても来年の「八重の桜」の主要配役がまだ決まりませんね。
ヒロインが早く決まりすぎたせいか、やや「間延び」している感覚です。
単純に考えると配役の人選に8ヶ月を費やしています。

えびすこさん こんばんは
大河の視聴率は13%台まで落ちたそうですね。
でも昔からの固定的な大河ファンを切り捨ててしまったのですから当然の結果かと。

大河の主役以外のメインキャストの発表は6月頃だったと思います。
少なくとも「天地人」はそうでした。

こんばんは。

玉山さんの結婚から1週間経ち、ファンの皆さんも少しずつ落ち着かれた頃でしょうか。
ファンの方によっていろいろな受け取り方があるんだなぁと思いました。
私は結婚による悲しみは一切なく、希望通り一般の方だったので嬉しかったです。
ただ、やはりデキ婚が・・・
まず心配でしたね。うまくいくのか長続きするのか。
彼には幸せになってもらいたいですから。
でも世の中には電撃的なデキ婚でも上手くいっている夫婦もたくさんいますしね・・・
そしてやっぱりイメージダウンが心配でした。
真面目なイメージがありますよねぇ。黒髪のせい?
私もはじめはショックだったのですが冷静になってくると、プライベート危なっかしいというか駄目駄目クンかも?ってイメージも少しあったので、理想が裏切られるほどのショックもなかったです。
でもこんなお仕事している以上、手順を踏んで(本来当たり前なんですけどね~)イメージアップして欲しかったですね。
ただ、1週間も経ってしまうと世間では全く話題にもなっていないというか・・・
交際していた少し年下の一般の女性とデキ婚しても、あまりにも普通に近く、
おめでたいね~で終わったような気がします。
今後、心配していた食生活や健康管理、体型維持が結婚によって改善されるなら、
ファンとしては結婚万歳!って皆が思える日が来るかもしれませんね。
そしてもちろんこれまで以上に良いお仕事もしてもらわなければ!

公式サイトは・・・
informationとdiaryが一緒だったのはやはりがっかりでしたね。
でも予想通りというか。
きっと本人上手く文章書けないと思います(笑)
会報に少し載せてくれると嬉しいですけどね。

ゆきさん こんばんは
さすがゆきさん、冷静ですね(笑)
私もprivateの事ですし、玉山さんが幸せならそれで良いと思います。
只、発表の仕方が下手なのが気になって。
おかん目線のファンばかりではないので、いつもの事ですが彼も事務所ももう少しファンの事を考えた方が良いのでは・・・人気あっての俳優商売じゃないでしょうか、とは思いました。
少しでも悪く言われるのを見聞きしたくないですから。
家庭が出来て落ち着いたら、健康管理をしっかりして「資本の体」を大切に良いお仕事をしてくれれば言う事はないのですが。

菜の花さん、こんにちは。
前回はコメントを書くべきところに、自分の感情を吐き出すことになって
しまい、申し訳ありませんでした。菜の花さんのHPなのにまるで自分のHPて
あるかのように錯覚してしまいました。
それにもかかわらず、優しいコメントを戴き、ありがとうございました。

私は、何を勘違いしたのか、玉山さんを自分の息子のように思っていた
ようなのです。だから、子供(妄想の世界の私からみれば孫)は歓迎するけれど、
お嫁さんはどんな人がきても気に入らないとなってしまう。今まで自分の手
の中にいた息子が、他の女性の所に行ってしまう寂しさと「嫁に取られた」
という馬鹿馬鹿しい嫉妬心が悲しみの原因だったようです。そもそも
玉山さんが息子?って私の年齢からしてもかなり??なことなのですが、、。
姉か従姉妹ぐらいの気持ちでいればよかったのに、いきなり母親目線って
何なのでしょう。

現実をきちんと受け止めている今から振り返ると、彼の何処か母性本能をくすぐるところが、私をこんな気持ちにさせてしまったのか?と思っています。

ただ、私は菜の花さんや、たぶんゆきさんもでしょうか(?)とは違ってここ
数年で急にファンになったわけではないのです。ガオのころに玉山さんが
三雲孝江さんのワイドショーで取り上げられてから、ずっと注目してきました。

ですから、この「悲しみ」の意味も、20歳ぐらいのお嬢さんが失恋したときの
気持ちとは全く違うのです。大袈裟なようですが、「その期間の重さ」という
ものをほんのちょっとでもわかっていただけます?
「悲しい」状態にはあっても「膜」だのを持ち出して、一応それなりに理論上は
カッコつけたつもりだったのですが、、。
その辺はなかなかご理解いただくのは難しいでしょうし、前にも書きましたが、
菜の花さんのHPを汚したようになってしまい本当にごめんなさい。

ゆきさん、見ていただけているかしら?
ゆきさんは20代のお嬢さんかしら?てともわかりやすい素直な文章ですね。
年増の私にはとても新鮮で勉強になりました。
ゆきさんは玉山さんのイメージにこだわっていらっしゃるのですね。「イメージ」
という言葉を4回も使っていらっしゃるので、そうかなあ?と思ったのですが、、。
「真面目なイメージ」ありますか?私には全くないのです。正直言って、「普通の
お兄さんが職業で俳優やっているだけ」って感じでしょうか。実は「勝手に出来
上がった玉山鉄二像」になかなか追いつかない、または「それがあるから逆に
いろんな役をやって打ち破りたい」と本人は思っているのでは?と思うのですが
、、、。的外れかしら?

菜の花さん、前回は調子にのって「事務所批判」までしてしまってごめんなさいね。
不満があるなら、事務所に直接言うべきですよね。

菜の花さんのゆきさんへのコメントで私、目が覚めました。
「さすがゆきさん、冷静ですね(笑)」というのを見て
「ビオラさん、困ったわ、感情的ね。」ととても困らせてしまったことを。
この(笑)に菜の花さんが呆れていたことが集約されていますね。
私が勝手に、菜の花さんを理想化してしまい、「この方、受けとめてもらえるかも?」
と本音のほんの一部を出してしまったのが結果として迷惑に繋がってしまって。

これからもブログの更新楽しみにしていますね。「ストレス」の回も私とは
考えが違うので何もコメントしませんでしたが、「とても面白い視点」だなあ、と
感心して拝読しました。「お相撲さん」と「玉山鉄二さん」なかなか
結びつきませんよね。

長々と失礼しました。


ビオラさん こんにちは
コメント拝見してとっても慌てております。
「冷静云々」を書いた時はビオラさんのコメントの事は考えていませんでした。
頂いたコメントにそれぞれお返しするだけで精一杯で複数のかたのご意見を考えながらコメントする程器用でも頭が良くもありません。

本当は触れない積りでしたが、公開させて頂いたものの他に幾つもコメントが入っていて
かなり激しい内容のものがありました。何方にも読んで欲しくなかったので皆勝手に削除しています。
そのような事がありましたので最後に入ったゆきさんへの冒頭で冷静と言ってしまったのかもしれません。ビオラさんを批判するなんてとんでもありません。
お気持に障ってしまったらごめんなさいね、本当に申し訳ありませんでした。

玉山さんを最初から見てこられたのでしたら、思い入れも又強くていらっしゃるだろう事も良くわかります。
わずか3年のファン歴の私でさえ今回「あーあこんなまずい対応をして」と凄く心配したくらいですから。

又事務所批判ですが私のブログを遡ってお読み頂ければお分かりになるかと思いますが、私はずーっと事務所の対応を批判しています。
これについては私自身が批判されたりもしていますが人気あってのお仕事なんですからもう少しファンへの対応を考えて貰いたいとの意見を変える気はありません。
これも「又言ってる」くらいで読み流して頂ければ幸いと思います。

玉山さんに対する私の気持はブログにきちんと書いてみようと思います。
又コメント頂ければ嬉しいです。

こんばんは。

ビオラさんのコメント読ませていただきました。
ずっと長く応援されてきたんですね。
長いファンの方は今回の結婚をどのように受け止められたのかずっと気になってました。
きっとビオラさんのように悲しんでいらっしゃる方が多いような気がします。
それこそ玉山さんの子どもの頃から知っているような感じですよね。
急に手の届かない所へ行ってしまったかのような喪失感でしょうか。
ビオラさんがおっしゃるように、私はファンになってちょうど2年経った浅いファンです(残念ながら20代のお嬢さんではないですが^_^;)。
ファン歴の長さももちろんあると思いますが、ファンになった過程ももしかして関係しているのかもしれません。
作品の中の玉山鉄二が気になって気になって、気がついたら彼の作品を観まくってました。役者としての彼が好きなんです。演技に惚れ込んでしまったので、素の彼に興味を持ったのはファンになった後なんです。
こんないろいろな演技ができる人はどんな人なのかなぁと。
だから、実は素の玉山さんがどんな人であろうがファンになっていました。

多分何かの作品でファンになった方は素とは違うと思ってもその役のイメージが強いと思うのですが、私はいろいろ見てその違いに嵌ってしまったものですから、「イメージのないイメージ」なんです。
最近では世間でクールで渋い大人なイメージを持ってる人が多いのでは?
きっと昔からファンの方にとってはえ~!?って感じなのでしょうね。
素とは全く違うんじゃないかなぁと私も思います。
最近のインタビューなど見ると仕事に対する姿勢の真面目さが印象的ですが、過去のバラエティやインタビューなどではどこにでもいそうな普通の兄ちゃんっぽいですね。
いろいろ読んだり見たりしても、実際の彼がどんな人なのか実は私にはよく分かりません。だから「イメージ」なのかもしれませんね。
ビオラさんのコメント、とても興味深かったです。
イメージにこだわるのはやっぱり役者としての玉鉄が好きだからなのかもしれません。
本当の玉山さんをよく知っている長いファンの方は、玉鉄ご本人の事を本当に愛しく思っていらっしゃるんだと思いました。あ、もちろん私もご本人大好きですけど、やっぱり知らない部分が多すぎて自分の中の「イメージ」なんですけどね。

長くなりましたが、下手な文面で申し訳ないです。
でもいろいろなファン方のお気持ちに触れる事ができて、私は嬉しいです。
菜の花さんや他の方のブログもとても共感できる事、全く共感できない事(笑)があり、とても面白いと思います。
過激な書き込みもあるとのこと、ブログをされていると大変な思いもされているのですね。応援していますので、今後も心の中の思いを是非更新して下さいね!

ゆきさん こんばんは
ゆきさんのお気持も良くわかると共に私の言い足りないところをフォローして頂いた事になり本当に有難うございます。
自分の思う事を文章にするのは本当に難しいです。
その力も無いのにブログなど持つ事がおこがましいのかも知れませんね。
今回は言葉が足りなかった為に余計な波紋を巻き起こしてしまって反省すると共に考えさせられたことでした。
何とかもう少しきちんと自分の思う事を伝えられるよう努力して行こうと思います。

こんにちは。
菜の花さん、ゆきさん、お忙しいときにわざわざ貴重な時間を割いて
お返事戴いてありがとうございました。

菜の花さん

今回のことを整理してみると、

1. 菜の花さん側のご事情(酷い内容のメールを削除していること)を私が
知らなかったこと
2. 菜の花さんのブログを読む時に、どなたかのコメントが先にあると、
菜の花さんのブログの内容のみならず、このコメントをくれた方が書いた内容も
一緒に情報として取り込んでしまう。
そしてまた自分がコメントを書くときには、菜の花さんにあてて書いている
つもりでも、 先にコメントをくれた方にも同時に無意識的になんらかの
メッセージを送っていることになる。
3. 菜の花さんは個別にコメントを書いでいる。

1・2・3が絡みあって、私が「あれ?」と過剰反応してしまったのが、一番の問題
ですので、どうぞ菜の花さんはお気になさらず、今まで通りでいて下さいね。
批判されたなんてこれっぽっちも思っていません。寧ろ、前にも書きましたが、
私が出過ぎたまねをしただけですから。

ゆきさん

ゆきさんは玉山さんの「演技」に惚れ込んだのですね。
正確には、「演じ分け」でしょうか。素晴らしいです!
「イメージのないイメージ」ですか、、なるほど。ちょっと哲学的ですか?
次回作は、とうくるか?怖いけど(いつもです)楽しみですね。

またお邪魔させてもらいますね。


ビオラさん こんばんは
再度来て下さって有難うございます。
言葉って本当に難しいです。
頂いたコメントには気をつけてお返事するように努力しますね。
又お寄り下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Long Vacation | トップページ | 思い! »