« ドラマ色々 | トップページ | しつこいですが愚痴半分 »

FC会報など

「カエルの王女さま」始まりました。

役柄とか番手とか余り期待しないようにしていましたけれど長いご無沙汰だったので
やはり毎週見られると思うとここは素直に嬉しいです。
今週は顔見せだけ、?面白くなるかどうか、とりあえず次週以降ですね。
只天海さんの歌は良かったけれど、本物のグリザベラの出ているドラマであのメモリーは聞きたくなかったわ。

会報の事

最後のFC会報が届いてもう2週間になります。
待ちに待っていた会報でしたが、最後なのに薄くていつもの会報と余り変わらず、写真も過去の作品のものばかりで近影が無かったのも一寸がっかりでした。
でもまあ玉ちゃんらしいと言うかこの事務所らしいと言うか最後までサービス悪かったわね。

でも不定期で毎回薄くてもそれなりに待っていた会報、文句言いながら難解な作文(?)読むのも楽しみではあったし、FCそのものが無くなってしまうのはやはりさびしいですね。

最後の会報は6ページ、すべてが彼のインタビューでしたが、別に目新しい事柄はなくて10年間を振り返っての事と30代になってやっとスタートラインに立ってこれからどうしていきたいというような事でしたね。

内容の一部についていつも気になる事が。
これも常に彼が主張している事・・それはそれでぶれなくて立派なのかも・・・について。
彼を応援し始めた3年前からずーっと思って来た事で今更又言うのも何だし、と実はこの会報の事は触れずにいるつもりでした。
でも言いたい事を言わずにいるのも折角この場を持った意味がないかと取り上げました。

要約するのも真意が伝わり難いかと、良いか悪いかわかりませんが一寸失礼して彼の言葉をそのまま載せます。

「歌手でもなく、アイドルでもなく、タレントでもなく、役者という職業をやっている以上、その役をまっとうしてなんぼだと思うんです。だからカッコ良くいなければいけないと言う前提は、今はもう僕のなかには1ミリもなく~」
「カッコ良さと言うものはまず最初に排除すべきと言うか、
「カッコ良かったけれど薄かったと言われるより、カッコ良くはなかったけれど感動したといわれたら嬉しい」

違うわ、玉ちゃん。映画は芸術であるけれど娯楽ですよ、いくら上手にその役を演じても「演じ手」に魅力が無ければ見る価値はありません・・・と私は思います。
今の大河ドラマで主演俳優にかなり手厳しい意見が多いのはカッコ悪いから、華がないからじゃなくて?

貴方の言っているカッコ良さが何を指しているのか、貴方の作文は難解で中々真意が伝わりにくいんですけれどね。
ビジュアルを棄てるって事ですか?
他の人が持たない透明感のある良い世界を持っているのに何故棄てるの?
自分の世界を活かして感動を呼ぶ作品を作る事は出来ないのでしょうか。
折角の長所を棄てて何もかも失ってしまう事を心配します。

何時もいつも言ってますが見て貰ってなんぼの世界で生きている事を忘れないで欲しいと心から思います。

一つ聞きたいです。カッコ良さを棄てる為に肥るの?

髭もだけれどこの髪型変!

7a

« ドラマ色々 | トップページ | しつこいですが愚痴半分 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

テレビの世界で生きていくなら、数字を取る事は必要。

まず単純に視聴者は、あの役者さんだから!と興味を持つはず。

そして見てみて、内容が良ければ見続ける。


その順番が多いと思う。


数字が取れる=役が廻ってくるんじゃないかしら?


媚を売るのは嫌だ!という彼のプライドでしょうが…それを捨てるのも必要。


カッコ良さを捨てるのとは違うのに(;_;)

でも応援しますV(^-^)V


カエルも後半にくる!ってありましたし♪


期待してます!

FCがなくなるのはどういう理由でしょうか?採算が取れなくなったから?
引退・グループ解散・移籍以外でFCがなくなるのは珍しいんですか?
何十年とFCがある俳優さんもいます。中には亡くなってもFCが生きている人も。
玉山さんは特撮から有名になった俳優ですね。当時を覚えていますか?
今ではさらに若い特撮系俳優がたくさんいますね。
今の朝ドラ「梅ちゃん先生」に出ている松坂桃李くんも特撮出身者です。

今朝の「はなまる」に栗山千明さんが出ていました。
お母様と仲が良しいようですね。

菜の花さん、こんばんは。
ドラマやっと始まりましたね!
まだ出番がほとんどなかったので、今後に期待しています。

会報で気になったところが菜の花さんと全く同じ部分です。
彼の「カッコよさ」とは何を意味しているのでしょうね。
ファッション雑誌などでは必要とされるけど、役者としては不要…
見た目のカッコよさの事でしょうかねぇ。
なぜそこまでカッコ良さを捨てたいのかよく分かりません。
多くの人が感動する「手紙」のラストシーンを例にとるならば、鼻水垂らして泣くというのがカッコ悪いけれど感動させられる、このような事を言っているのでしょうかね?
カッコ良く泣いてみせても感動できないという事でしょうか。
玉山さんの排除したいカッコ良さっていうのは、演技するうえでのカッコつけの事でしょうかね?
もちろんそれは分かりますし、カッコつけない演技が玉山さんの魅力だとも思います。でも、カッコイイ役ではカッコイイ演技も必要ですしね。なかなか難しいです。
そしてやはり外見のカッコ良さは棄てて欲しくないですね。
綺麗な顔立ち、雰囲気だからこそ感動することもあると思います。
役によって見た目を汚くすることは必要かもしれませんが、カッコイイ役ではかっこよくすることも必要ですよね。
あ、でもあまりカッコイイ役やらないですね^_^;
カッコ悪いことへの憧れがあったりするのかなぁ…

あい♪さん こんばんは
私がファンになったのは3年前ですけれど、最初から彼ご本人の考え方と
事務所のマネージメントの仕方には疑問を持っています。
応援しているだけに余計そう思うんですね、きっと。

えびすこさん、こんばんは
FC解散の理由は経費の問題か、
又はアイドルではないのだからファンとは一線をおきたいのか、わかりませんね。
私のファン歴はまだ3年と浅いのでガオの頃は知りません。
その頃から知って居たかったですわ。

ゆきさん、こんばんは
ビジュアルだけ見て欲しくない、演技を見て欲しい・・・
玉ちゃんがずっと言い続けている事ですね。
でも私もずーっと言い続けます。
カッコ良くて演技も良くて何故いけないの?
引き合いに出して悪いけれど清盛さんが何故不評なのか良く考えて欲しいです。
綺麗過ぎて役の巾が狭くなるのを心配しているのでしょうか。
それこそ演技力で乗り越えて貰いたいものと思います。
とにかくカッコ悪い玉ちゃん絶対反対です(笑)

菜の花さん、おはようございます。

玉山さんの「ビジュアルだけ見て欲しくない」云々ですが、龍馬伝で15キロ増量して後藤象二郎を演じた青木崇高さんのことを思い出しました。

玉山さんの言いたいことは、オファーがあり、それが自分のやりたい役であれば
体重を増やすことも、自分のこれまでの
イメージらしきものが壊れても構わない
という彼なりの「覚悟」なのかな?と思
いました。

青木さんが、このお話をしていたとき、
私は彼の役への意気込みが十分に感じられ、ちょっと青木さんへの見方が変わっ
たのですが、もしこれが、玉山さんだったら、、、と考えてしまいました。

厳しい芸能界で生き残って行く為には、
いろんな面で柔軟になって行かないといけないのでしょうね。

私は以前も書きましたが、ガオの頃のワイドショーが彼に嵌るきっかけだったのです。そんなミーハーですから、ビジュアルは当然とても重要なんです。もしかしたら、菜の花さん以上かもしれません。

結局、一番いいのは、劉さんのような
本人もファンも納得できる役が廻ってくることなんですけどね。

今後、彼がいろんな役をやっていく中で、ビジュアル面を私がどのように受け入れていくのか、今後の課題です。

他の俳優さんだったらどんなビジュアルでも受け入れるんですけどね〜。こと話が玉山さんとなると、「総論賛成各論大反対」になってしまいます。

ビオラさん、おはようございます。
本当に玉山さんが排除したい「カッコよさ」とは何でしょうか。
綺麗な顔立ちが役作りの上で邪魔になると感じているのではないかと思うのですが。
本人に聞いてみないと真意はわかりませんけれど、
もう少し判りやすく本音を語って貰いたいものです。
私は景虎さんと吾郎さんで彼にはまったわけですが、
どんなに上手でもあの綺麗さと独特の清潔な色気が無かったら
ここまで嵌らなかったと思います。

反響がすごいですね(驚)。
いつまでもカッコ良さを持つ俳優でいてほしい。ファンの願望・思いですね。
ちなみにKinki-Kidsの2人は30歳を超えています。2人は顔つきが長年変わりません。
良く言えば「変わらないカッコよさ」ですが、悪く言うと「童顔のまま」になるのかな?
玉山さんは「軌道修正」して40代半ば以降は、「ダンディー(古い言葉)」と言うフレーズの似合う俳優になればいいんですが。
現役俳優で「ダンディー」な40代・50代の俳優は思いつきますか?

ここで参考になる話。一昨年亡くなられた池辺良さんは「青い山脈」で高校生を演じました。この時既に30歳過ぎでした。
当時誰も「30歳を過ぎて高校生役はおかしい」と感じなかったので、若い頃の池辺さんは相当魅力があったんでしょうね。
池辺さんは演じてみてかなり違和感があると思ったようです。玉山さんにも年齢を超越する魅力が必要かも。
でも最近は20代後半以上で10代後半の男子高校生を演じる俳優が多いのですが、テレビ局・映画会社はそろそろ止めていただきたい。
高校生が主人公でかつ複数の高校生が出るドラマ・映画で、主役の年齢より10歳も若い共演者がいるとさすがに無理が出るので。

「ガオレンジャー」はDVDが出ています。10年前の玉山さんが見られます。
玉山さんふんするガオシルバーは途中加入メンバーです。

えびすこさん、こんばんは
やはり綺麗な人が好きなので(笑)
ガオはリアルタイムでは見る事が出来ませんでしたが
DVDは全部持っています。
その他玉山さんの出演作で現在手に入る作品は全部持っています。
病膏肓とはこの事ですね(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマ色々 | トップページ | しつこいですが愚痴半分 »