« クロスファイヤー~片桐琢磨 | トップページ | 大河ドラマ清盛 »

八重の桜~「獅子の棲む国」&「落花は枝に還らずとも」

「山川家の兄弟」を読んですっかり山川大蔵のファンになってしまった私、立て続けに戊辰戦争から明治にかけての会津のお話を読んでいます。
かなり詳しくなりました。
ドラマが始まったらここが違う!ここも!とがっかりさせられそうな気もしてやめておけば良かったかなと言う気もしないではないのですが(笑)
大体私の頭の中に登場して来る大蔵さんは玉山さんのお顔をしていますし(笑)

獅子の棲む国

秋山香乃さんの作。主人公はその大蔵です。
秋山さんは司馬遼太郎の研究をされた方とかで文体や構成など司馬さんの作を髣髴とさせる所があります。

「幕末銃姫伝」は会津落城迄の話ですがこの作は会津が落城してからのあとのお話です。

会津藩消滅寸前の鶴が丘城に彼岸獅子を先頭に立てた大蔵が入城して来る場面から始まります。
軍事総督として籠城戦を指揮し、敗戦後斗南へ移住してからは責任者として会津を支え続けた彼の半生が佐賀の乱、神風連の乱、秋月の乱、などから西南戦争迄語られています。

又もう一人の主人公とも言えるのが斉藤一。
新撰組から後に会津藩士となったこの人を作者は大久保利通の密偵として登場させています。
明治新政府の内部抗争など史実を織り交ぜながら山川との交流を書いて中々面白い所もありました。

只、小説は史書とは違って作家の作り出す主人公ですから私としては此処に作り出された山川大蔵より、「山川家の兄弟」の大蔵の方が自由に想像出来て好きです。
「北天蒼星」の上杉景虎よりいわば研究書の「御館の乱」の景虎の方が好ましいように。

これは私の感じ方で、読みやすいし会津落城後の浩に興味を持たれた方にはお勧めかも知れません。

西南戦争に至る迄のお話は司馬さんの「翔ぶがごとく」がありますがあれは詳細すぎて・・・なにしろ単行本で全7巻の大作で今回読み直しましたが疲れ果てました。
この作はコンパクトにまとまっていてなお流れはしっかり判るのでその点でもお勧めかも知れないです。

落花は枝に還らずとも

会津藩士秋月悌次郎を主人公とした中村彰彦さんの作品です。

戊辰戦争から明治にかけての会津藩の運命を辿るのに「山川家の兄弟」の次にこの作品を読もうと思ったのは、山川大蔵が千石の家老職に就く大身で政治の中枢に関わる家柄であり、更に会津落城迄は「武官」として事に当たったのに比して百五十石の中士出身で事務方である秋月悌次郎の目線からこの時代の会津を知りたかったからです。

作者が後書きで「武官の活躍ぶりは戦闘場面などを折り込んで行くと比較的書きやすいが文官は動きが少ない為書きにくい場面が多分にあり~固い語り口にならざるを得なかった~」と述べていられるとおり、この方の作には珍しくかなり読みにくい作品でした。
幾つかの書で知ってしまった事柄が更に詳しく書かれている為にやや退屈に感じたのかもしれません。

会津藩の辿った道は山川家の兄弟で知った通りですがやはり直接外交の実務に当たった悌次郎の目線からとでは又違った感動もありました。
能吏であったに違い無い彼は有能だったがゆえに会津藩の最後に重要な役を担う事になります。
会津が降伏、落城した際その一切を取り仕切ると言う辛い役目を任されるのです。

一方悌次郎は学問でも秀才で「日本一の学生(がくしょう)」と評判で敵味方に関係なく非常に広い交友関係があり、藩が消滅の後、敵である長州の参謀に会津の将来を担う優秀な少年二人を託したりします。その一人が大蔵の弟健次郎です。

戦後謹慎が解かれてからは、東京大学予備門の教諭、熊本の第五高等中学校教諭等教育者として後半生を送ります。
熊本時代に同僚だったラフカディオハーンは秋月先生の傍に行けばファイヤーサイドに行った気持がする」と言って彼を慕ったそうです。

タイトルは悌次郎が後半生を教育者として送った事から母に書き送った「今年の落花は来年咲く種とやら」からとられたものと思います。

☆ ☆ ☆

しかし会津藩は何故このような辛い道を歩まねばならなかったのか・・・
会津の名誉を回復させる為大蔵が書き彼の死後健次郎が完成させて発表した「京都守護職始末」を読みはじめています。また感想などUPしたいと思っています。

« クロスファイヤー~片桐琢磨 | トップページ | 大河ドラマ清盛 »

読書」カテゴリの記事

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

菜の花さん、おはようございます。

二冊の本のご紹介、ありがとうございました。
とても興味深く読みました。

山川家は大蔵だけでなく、兄弟姉妹それぞれが
魅力的で、もっと知りたい‼願望で一杯です。

「京都守護職始末」は、「山川家」に度々
登場し、気になる本ではあるのですが、難解
そうで、なかなか手がでません。教えて
いただけるととても有難いです。
また、更新を楽しみにお待ちしています。

ビオラさん、こんばんは

この時代は今迄余り興味が持てなかったのですが大蔵さんのおかげで
かなり詳しくなりました。

山川家のきょうだいは仰るとおり皆さん素敵ですよね。
ドラマを離れて山川家に関心が移ってしまいそうです(笑)

女性達もお姉さんの二葉さんは現お茶大の舎監、妹の操さんは皇后の秘書と
独立した人生を歩かれていて格好良いですよね。

大河ドラマが災害復興の後押しで会津を取り上げたのなら
前にも書きましたが山川きょうだいの方がふさわしいのでは、とまだ思っています。

こんにちわ。「八重の桜」はどんなストーリーになるんでしょうね?
山川家にごひいきの様ですね。サイドキャラクターにも注目するのが隠れた大河ドラマの楽しみですね。
現時点で2014年の主人公がまだ決まっていませんが、14年に関すると主人公の人選に慎重なんでしょうね。大河ドラマの主人公は放送前は有名・無名の差が出ますが、中には主人公の出身地の人でさえも知らない事が多いと言うケースもありますね。
今年と来年は選考期間がなく主役が決まったので、14年は主役の人選も少し時間がかかるかも。あるいは主人公のご子孫の人からご希望を聞くとか。

何だか昨今の大河ドラマへの風当たりの強さを考えると、来年に番組を悪い方に利用する輩が出ない事を祈る今日この頃です。下らない杞憂だと思ってください。
よく考えると「平清盛」は「右」の人が、批判材料として政治利用しているような気もしなくないです。政治色の濃い時代劇はつまらないですよね。
ところで今期は何かドラマを見ていますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロスファイヤー~片桐琢磨 | トップページ | 大河ドラマ清盛 »