« 尾根のかなたに~前編 | トップページ | 尾根の彼方に »

八重の桜第3次キャスト発表その他

やっと発表されました。
襄役など報知で書かれてからどの位経ったでしょう。
2014年の大河の発表にあわせたのでしょうか。

オダジョーはどうかなあ。上手な人とは思うし一時好きだったけれど、気の抜けた演技をする事もあってなんかあっと言う間に冷めてしまって^^
まあ腐っても大河ですから気の入った良い演技をしてくれると思いたいです。

小栗旬の松蔭も意外でした。イメージと違う。
では何の役なら良かったかと言われると困るけれど、もう一寸出番の多い方が・・・
健次郎も違う。
これも誰なら?と言われると、溝端淳平君とかもこみち君とか(救い難いイケメン指向ですね^^
でも一番期待はずれだったのは捨松さんです。もっと品の良い知性的な美女が良かったわ。
何だか期待していた山川一家が一気に安っぽくなったみたいで。がっかりでした。

これで3次まで発表されましたが一昨年暮れのSPドラマ「さよならアルマ」の主要キャストが殆ど出演しているんですね。
玉ちゃんはじめ、小栗旬、獅童、斉藤工、小泉孝太郎、池内博之、勝地涼。
いくつか文句を言ってはみたけれど楽しみではあります・・

「清盛」もう終わっていいから早く「八重の桜」始めて!!

尾根のかなたにの再放送を見ました。
リアルで見て録画もしてあるのについつい。
このドラマ有料のWOWOWの放送なのにかなり見ている人がいます。
評判は良いですね。
ドラマの内容から逸れますが500mlのペットボトルが27年前にあったかどうかと言う事が話題になっています。
かなり効果的に使われているしあの後、13才の・・・ドラマでは弘樹君が大人に抱えられて確認に向かうシーンがあると思うのですが殆どの人が覚えていてなお気になるみたいです。
JALだから輸入したエビアンとか用意してあったのでは、と言う人もあり、生まれたばかりで知らないという人もあり。

話題になるのは良い事です。後編を見て玉ちゃんの良さに気づいて欲しいです。

2014年の大河ドラマが発表されました。
「軍師黒田官兵衛」 主演は岡田准一
又オリジナル脚本のようですが岳宏一郎さんに同名の小説があります。
「群雲、賤ヶ岳へ」の改題ですが、良いのかな、同じタイトル使って・・・
まあ特許とって無ければ良いのでしょうが何だか釈然としません。

脚本の前川洋一氏、NHKのお仕事多いですね。
「菊亭八百膳の人々」「氷壁」「浪花の華」最近ではこれは見なかったけれど「陽黙りの樹」
WOWOWでもいくつか見ています。
「空飛ぶタイヤ」「マークスの山」「下町ロケット」
「空飛ぶタイヤ」「下町ロケット」では人物設定を大きく変えていたのが気になったので、原作が無い方が良いのかも知れません。

主演は・・・うーん。私自分が背があるので小さい人駄目なんです・・・10代の可愛い美少年なら良いけど。
一緒に歩くわけじゃないから良いでしょう、とよくからかわれますがでも駄目。
トムクルーズやアルパチーノのようにオーラ全開の人は別ですけれどね。

まあ秀吉や信長などあとの主要キャスト次第ですね。

« 尾根のかなたに~前編 | トップページ | 尾根の彼方に »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 尾根のかなたに~前編 | トップページ | 尾根の彼方に »