« 「尾根のかなたに」前後編 | トップページ | CINEMA☆CINEMA »

競馬天皇賞と大河清盛

情報の氾濫は大変な数で3~4日もたつと話題が古く感じられる最近です。
その旧聞に属する日曜日の話題から。

ご存知のかたも多いニュースですが感動したので一寸一言。

秋の天皇賞が天皇皇后両陛下のご臨席のもと東京競馬場で開催されました。
競馬は好きなのがおりまして、府中に近いので時々家族で行ったりしますが大抵はTVを見ながらNETで購入しています。
私も綺麗な馬が走るのを見るのは好きですし、重賞レースの時は2~3枚買って貰ったりして楽しんでいます。
この日もたまたま家族揃ってNHKで観戦していました。
優勝したのは5番人気のエイシンフラッシュ、黒鹿毛の綺麗な馬です。
騎乗したのはイタリア人のデムーロ騎手。
馬券を買った馬は皆はずれでがっかりでしたが、その後素晴らしい光景を見ることが出来ました。
ウイニングランの後正面スタンド前でデムーロ騎手は馬を下りヘルメットを取り跪いて天皇・皇后両陛下に正式の最敬礼をしたのです。

場内は沸いて歓声が上がっていました。
デムーロ騎手は東日本大震災直後のドバイワールドカップに喪章をつけて日本の馬で出場、日本馬で初優勝した騎手なんですね。
私達は普段皇室好きとかそのような自覚は無かったのですが両陛下に礼を尽くした姿は見ていて素直に感動しましたね。
日本人のDNAかなって話し合いました。

同じ日に放送された大河「清盛」3回連続一桁と視聴率が振るいませんね。
画面が汚いとか主役に華が無いとか色々言われていますが、やはり日本の伝統文化を大切にしない事と皇室に対する侮辱的な視点が視聴者が離れた原因の一つかなと今更ですが思いました。
私達と同じように日本人の多数は皇室を大切に思う心を持っているのではと考えさせられた事でした。勿論異論のある方もいらっしゃるでしょうが。

そうそう私の買った馬はカレンブラックヒル、5着でした。
青鹿毛・・・真っ黒な美しい馬です。玉ちゃんを思わせる美しさです。
競馬の世界でもイケメン好きか、と笑われていますが綺麗なもの大好きはどうしようも無いです^^

A6tojk3cmaanjnma  Img9286_12102902keireia

競馬ではレース後検量室までは下馬してはいけないと言う規則があるそうですが、今回はお咎め無しになったそうです。良かった。
又同じレースを中継していたCXは一切放送しなかったそうですね。
両陛下のご臨席も君が代もカットしたとか、伝聞ですが。日本の放送局なのに。

« 「尾根のかなたに」前後編 | トップページ | CINEMA☆CINEMA »

ひとりごと」カテゴリの記事

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 競馬天皇賞と大河清盛:

« 「尾根のかなたに」前後編 | トップページ | CINEMA☆CINEMA »