« 大河ドラマと八重の桜  | トップページ | 2012年の終わりに »

清盛から八重の桜へ

やっと清盛が終わりました。
私の中では「やっと」です。
このドラマの問題点は今まで沢山書いて来ましたが、それにしても最終回のつまらなかった事。製作に関わった人達はこのドラマで一体何を言いたかったのでしょうか。
日本の文化伝統を否定する事が命題だったのかと邪推したくなるような事ばかりでした。
最終回でも視聴率一桁と言う事実をどう言いわけするのでしょうか。
時代になじみが無い、テーマが難しすぎて視聴者がついて来られなかった、等と言われていますがこんな腹立たしい言い分はありませんよ。
視聴者を馬鹿にするのも良い加減にして欲しいです。

失望した分八重の桜への期待が大きくなっています。
ご贔屓の玉山さんが出ていなくても期待したと思います。
視聴者の方々も大河を見放さないで見て下さると良いのですが。

先日届いていたストーリーブック、やっと目を通しました。
特別な事は何もしないのに暮は忙しいですね。

前半は禁門の変までで終わっています。
後半はどこまでやるのでしょうか。
福島復興がテーマなら山川兄弟が「京都守護職始末」を刊行して会津の復権を果たす所までやってくれるのでしょうか。
そうして頂きたいですが余り期待しても展開が違った時の失望が大きいのでまあ程ほどにして見て行きたいと思っています。

スタジオでの撮影の様子も洩れ聞こえて来ています。
予告も流れて1ショットだけですが写っていました。
24日の福島復興支援キャンペーンの国際フォーラムにも出席していたんですね、ニュースや土スタなどで流れました。
事前に判っていたら見に行ったのに・・・まあこの忙しい時では無理だったかなあ。
少しすっきりしたように思えましたがどうでしょうか。
髪の長いのは髷を切って断髪した時の為かな、とにかく会津落城までは必ず出演するはずですから楽しみです。

左、ストーリーブック、右予告から。服装から見て同じ場面の撮影の時のようですね。
かなり若い時代のようにみえます。

Ass  B

As

« 大河ドラマと八重の桜  | トップページ | 2012年の終わりに »

TVドラマ」カテゴリの記事

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

私も今週はクリスマスから年末年始の準備とあれこれ忙しいです。
先日、綾瀬さんが新種の八重桜を福島に植樹したニュースがありました。
東北の心の支え・番組のシンボルとなりますね。
八重の桜の主役が綾瀬はるかさんで適任だと思います。
「綾瀬」をローマ字にすると「AYASE」で「YAE」があるので。

大河ドラマは来年が「八重の桜」で再来年は「軍師官兵衛」。
来年・再来年からは(番組の評価的な意味でも)大河復活となってほしいですね。
再来年の主役の岡田さんは松山くんよりはキャリアが長いので大丈夫だと思います。
「平清盛」のスタッフは大反省してほしいと心から考えています。
05年「義経」が年間平均で19%台だったことを考えると大不振でした。
馴染みのない時代でも脚色・演出によっては好反響・高評価になるのですから。

こんばんは
暮れは何かと忙しいですね。
普段家事を手抜きしているのでなお忙しいです。

再来年は・・・
主役のファンの方には申し訳ありませんが期待していません
全く柄に合っていないと思うので。

とりあえず来年を楽しみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大河ドラマと八重の桜  | トップページ | 2012年の終わりに »