« 八重の桜のロケ情&「修理さま雪は」 | トップページ | 清盛から八重の桜へ »

大河ドラマと八重の桜 

昨日電車の中吊り広告で八重の桜のポスターを見かけました。
先日発表された赤の衣装の綾瀬はるかさんのです。
一瞬マタド-ルを連想してしまった派手なポスターにはNHKの本気を見たような気が・・・

八重の桜 公式ページが更新されています。
正式に発表が無かった新しいキャストも含めて紹介されている登場人物が一気に増えました。

一番気になる大蔵の紹介は次のようでした。
「・・・会津戦争では、西軍に包囲された鶴ヶ城に会津の伝統芸能「彼岸獅子」を舞いながら入城するという離れ業を演じ、敵味方に「知恵の山川」とたたえられる。敗戦後、斗南藩の大参事として旧会津藩士たちをまとめ、朝敵の汚名をそそぐべく奔走する。」
八重の初恋相手なんて紹介されていたので一寸心配しましたがこの通りなら史実どおりかな、と少し安心です。

気になっている事もう一つ。
例年大河の第一回の視聴率は前年度のそれを引き摺ると言います。
清盛の最近のそれは10%前後です。初回10%では悲しいですもの。

でも今年は本当にひどかったですからね。
800年以上も前と違って近い過去ですからあのような勝手なドラマ作りは出来ないものとは思います。

清盛の失敗にはさまざまな原因があると思いますが俳優の年令が若すぎたのにも一因があるのではないかと思いました。主役が若く未熟な俳優なら周りがしっかりとした演技で支えなければいけないのに中盤からはメインキャストが若すぎました。
折角上川隆也さんと言う魅力ある役者を最後まで傍に配しながら全く生かしていなくて本当に勿体無かったです。

先日勘三郎さんの追悼番組で大河「元禄繚乱」の討ち入りの回を見ました。
メインキャストの方々は阿部寛さんの堀部安兵衛はじめ吉田栄作さん、堤真一さんなど皆30代以上のオトナの俳優さんでした。

大河ドラマと言う一年間の大型史劇はやはり若い勢いだけの俳優ばかりでは支えきれないんじゃないかと思ったものでした。

そういえば若いタッキー主演の「義経」には松平健さんの弁慶が最後まで付き添っていましたね。

八重の桜は主役は別にしてメインキャストの方々が30代より上の演技のしっかりした俳優さんばかりのようでその点は安心しても良いでしょうか。
とにかくちゃんとした風格のあるドラマを期待しています。

お髭のない玉ちゃんは久しぶりかな。
ヨーロッパ帰りからは断髪になるはずなので素敵な玉ちゃんが見られるのではないかとこれも期待です。

先日コメントで山川家のお墓が青山墓地にありますとお知らせ頂きました。
実はこの青山墓地はに私の実家のお墓があります。
今年秋、実家のお墓参りに同行、山川家のお墓にもお参りして来ました。
それほど遠くない場所でしたが結婚してしまった私はここには入れません。残念(何が?)

公式から頂戴して来ましたが余り写りが良くないみたい。
他の方々も良く撮れている方の方が少ないようです。

B     B

選挙速報を見ながら書いていたらなんだか取り留めの無い文章になってしましました。
まあいつもの事ですが^^

« 八重の桜のロケ情&「修理さま雪は」 | トップページ | 清盛から八重の桜へ »

TVドラマ」カテゴリの記事

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。まずお詫びです。
過日の投稿で貴方の気を悪くしてしまったみたいで反省しております。

さて八重の桜はあと3週間弱で始まりますね。
期待しているんですが、最近の大河ドラマの評価・視聴率が思わしくない現状を見ると、やや一抹の不安もある心境でもあります。俳優陣には文句なしです。

9日の「元禄繚乱」の再放送は私も見ました。この番組を見たのは13年ぶりです。「討ち入り」の回が同番組の最高視聴率を記録した回でした。中村勘三郎さんの急逝には本当に驚きました。次に大河ドラマで忠臣蔵をやるのは早くても3年後ですね。勘三郎さんの「後任」の内蔵助は誰になるか。

平清盛はどうやら「最終回の視聴率」でも過去最低記録になりそうですね。でも八重の桜の最初の視聴率が大きく上がれば憂いなしです。おっしゃるとおり終盤は配役が若すぎましたね。
終盤の人物では私より若い俳優が3分の2はいましたね。
昨年の様にベテランをある程度終盤にも揃えるべきでした。

もしかすると八重の桜は終盤は登場人物のうち何人かは(青年期→老年期と)入れ替わるのでは?と薄々考えています。
主人公が長命な人だったのでそうした方が自然かと。
近年の状況を機にNHKも大河ドラマの配役について一考した方がいいですね。

こんばんは
本当にお久し振りですね。
別に気を悪くしたりしてはおりませんよ、
又お出で下さって嬉しいです。

清盛に失望した分八重の桜にかかる期待が大きいです。
どうぞ面白い、そして大河らしい風格のある出来でありますように、と願っています。
ご一緒に楽しめるドラマになると良いですね。

「八重の桜」は特撮系俳優が複数いるので特撮ファンの間でも話題になっていますね。
今朝のNHKニュースで「八重で再評価。新潟の会津」の特集がありました。
番組がだんだん盛り上がってきましたね。
上川さんはW主演だった06年「功名が辻」の後では2回大河に出ていますが、10年「龍馬伝」の時は岩崎弥太郎との登場頻度・順番が反対ではないかと思いました。
ところで来年の坂本龍馬役は誰になるんでしょう?登場する頻度があまりないので、顔が記憶に残る若手俳優がいいですね。

「大河ドラマで第1回の視聴率は、前年作の最終回と同水準になる」、と言うジンクスは聞いた事がありますが、当てはまらない年もあります。
08年「篤姫」みたいに右肩上がりになることもあれば、序盤だけが高い頭でっかちになる事もあります。さすがに来年の第1回が1ケタになることはないでしょう。
「平清盛」の最終回ですが放送時間が45分だけのようです。
普通大河ドラマの最終回は「拡大版」になるんですが今年は定時で終わります。
これは今作の大不振を物語る現象ですね。

最後に大河ドラマは「1月スタート・12月終了」の方がいいですね。
11月で終わると大晦日までの年の瀬が長くて長くて(笑)。
そろそろ「日光山輪王寺」のCMが流れる季節になりましたね。
このCMを見ると年の瀬を実感します。

こんばんは
特撮系・・・そうですね。
戦隊出身は玉山さんお一人でしょうか。
仮面ライダー組は村上弘明さん、オダジョー、須賀さん、まだいらしたかしら。
とにかく美男美女が多いので私はとても嬉しいです(笑)
面白くてそして質の良いドラマでありますようにと願っています。

えびすこさん
こんばんは
コメント頂いて中々お返事出来ずごめんなさい。
普段家事を良い加減にしているので年賀状の作成と重なって目が回るような忙しさなのでご容赦下さいませ。
ブログは暇を見て少しづつ書いていますがこれも中々まとまらず・・・
お正月にはゆっくりしたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重の桜のロケ情&「修理さま雪は」 | トップページ | 清盛から八重の桜へ »