« 2012年の終わりに | トップページ | 八重の桜 番宣 »

初夢

2013年 明けましておめでとうございます。いつもお越し頂き有難うございます。
今年もTV、映画などの感想とともに玉山さんの応援をして行こうと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。

Takara3 さあ大河ドラマです。
1年間(多分)素敵な大蔵さんに会えるかと思うと嬉しいです。
史実どおりならとても素敵な方を素敵な玉山さんが演じるのですから期待は大きいです。
但しあくまで「史実どおり」ならです。一寸不安はありますが・・・                           

Ab_2                                                                 

初夢

好きな作家の一人に石川英輔さんがあります。
薬学を学んだ科学評論家が現代から文化文政の江戸時代にタイムスリップする「大江戸神仙伝」のシリーズはベストセラーになりましたし、以後江戸時代関係の著書を多く書いていらっしゃいますからご存知の方も多いかと思います。

その石川さんの初期の作品に「天国製造株式会社」「人造人間株式会社」があります。
絶版になっているのか、書店では手に入らないのであきらめていましたが図書館にあるのを発見早速借りて読みました。

「人造人間~」の方はお手伝いロボットの開発を扱っていてこれはハインラインの「夏への扉」と言う傑作もあり、著者自身ももっと進歩?させた「プロジェクトゼロ」を発表されているのでそれほど面白いとは思いませんでした。
面白かったのは「天国製造~」の方。
街の開業医がたまたま古い電気製品を組み合わせて一種の磁場が出来る事を発見します。その磁場の中に頭を入れると思いのままの夢が見られると言う。夢と言うよりもっと現実的ではっきり自分の体験として残るもの。
それを大手の電気メーカーが研究発展させて個人向けに発売します。

当然大ヒット製品になりますが、そこで思いのままの人生経験が得られるので現実の犯罪は減る一方、物が売れなくなり国として経済的危機になったりしますがあくまで現実の体験、知識が夢の基になるところから皆一ランク上の体験を求めるようになり消費は戻って危機は回避されると言うお話です。
長々と書いてしまいましたが一応説明がないと何を言いたいかわかって頂けないでので。

さあその機械が現実に在ったらどんな夢を見たいか・・・
いっぱいありますよねえ。
その中に当然玉山さんがいます。
でも実際の彼と会ってどうこうと言うより何かになっている彼を見たいですね。
まず勿論「上杉景虎」さん。
私の少ない知識を総動員して素敵な景虎の一生を玉山さんで見たいです。

あとは小学生の頃見てうっとりした宝塚の「虞美人」、あとで原作の「項羽と劉邦」を読んだりしてすっかり好きになった項羽。
安奈淳さんはとっても素敵でしたわ。

他にもありすぎて困るくらい。

何時もこんな馬鹿な事を考えているわけではありませんがお正月くらいはねえ(笑)
最後までお読み下さって馬鹿馬鹿しいお話にお付き合い下さいまして有難うございました1turu1

« 2012年の終わりに | トップページ | 八重の桜 番宣 »

ひとりごと」カテゴリの記事

コメント

石川英輔さんは一時NHKの番組で「解説役」として出てましたね。
今お元気でしょうか?最近テレビで見ないので気になります。
初詣は明治神宮ですか。先ほど父親が初詣に行きました。
玉山さんやオダギリさんらは別の場所の節分会に参加するのかな?
八重の桜に大河ドラマの未来がかかっていると思います。
東北地域(福島県)ではなおさら視聴者に楽しんでもらえる番組でありたいですね。

こんばんは

玉山さんやオダギリさんが肩衣つけて豆まきしている姿見たいですね。
どこかでして下さらないでしょうかねえ。

ドラマは余り史実から離れず丁寧に作って下さる事を願っています。

玉山さんやオダギリさんの裃姿ですか。
もしかすると、番組内ではオダギリさんは和装姿がないかもしれないですね。
玉山さんは序盤の方で裃姿があると思います。
天地人では直垂は着てましたが、裃姿ではなかったですね。
ところでこの間見た予告ではオダギリさんはまだ出ていないようですね。
これから番組の撮影に合流するのかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夢:

« 2012年の終わりに | トップページ | 八重の桜 番宣 »