« 八重の桜 第7話 将軍の首 | トップページ | ドラマチックアクターズファイル »

八重の桜 第8話 ままならぬ思い 

八重の桜 第8話 ままならぬ思い 

舞台は京に移って、新撰組も登場、話が動いて来ました。
会津藩は、攘夷派浪士の取締りの目的で新選組の前身である壬生浪士組を取立てます。
上洛した将軍家茂の警護に新選組は付き従い、長州派の公家たちは危機感を持ちます。

長州と長州派の公家達は、浪士組よりその後ろ盾である会津を追い出そうと画策、容保を将軍の後見職である一橋慶喜に攘夷を急がせるよう江戸に行って説得するよう勅命を出します。

桂小五郎の及川ミッチー、久坂玄随の須賀貴匡さん登場。
土方役の村上淳さんは莫逆家族のあの方ですねえ。なんだかあのものすごいシーンがちらついて・・・あの役私には一寸強烈過ぎました^^

武家伝奏より勅命を受け取った容保は、釈然としません。
そこへ帝から改めて勅書が。その勅書には帝のお悩みと本当のお気持ちが綴られていました。江戸に下れと言う勅命は長州派の公家達が作った偽勅でした。
会津を頼りにされる帝のお言葉に容保は感激してはらはらと涙を・・・

国許で浪士組の話を知った頼母は、その数日後、容保を諌めなくてはと上洛します。

これ以上守護職を続けていては会津の名は、手は血に塗れてしまう。
頼りにされるのは今だけの事いずれは諸人に恐れられ憎しみを買う事になります。
会津藩を潰すおつもりですか、藩の事をお考え下さいと。

損な役だから投げ出せと言うのか、

ご家訓もある、他藩とは一緒にならぬと言う容保に頼母は言ってはいけない事を言ってしまいます。
他家から養子に入られた方だからあまりに御家訓にとらわれておいでになると。
これは本当のところだったのでは無いかと私も思います。
頼母は正之が養子に入った保科松平家ではない元の保科家の出だけに又特別の思いがあったのでしょうか。

ついに怒った容保は頼母に国許で蟄居謹慎を申し渡します。
帝の勅書に感激した直後だっただけに頼母さんタイミング悪過ぎましたね。

一方国許では平馬と結婚した二葉が最後の薙刀の稽古の時に八重と時尾に弟の結婚を見届けずに京へ行くのが心残りだ告げます。
大蔵の結婚と聞いて衝撃を受ける時尾。
ずっと大蔵が好きだったのね。
誰にもままならぬ事はあるのだと話し合う八重と時尾。
私は誰とも結婚しないという時尾さん、未来のお婿さんは京に登場してますけれど。
文久3年とすると18才でしょうか。この二人のシーン中々可愛らしかったですね。

上京する大蔵さんが山本家に挨拶に来ています。
覚馬は不在ですが砲術を習った尚之助にも挨拶してるのね。

京で兄によろしく伝えて欲しい、藩の大事な時に女なのが悔しい、男だったら一緒にお役に立てるのにと言う八重に、
「鉄砲かついでか」
この大蔵さんの言葉幼馴染らしくて良かったわ、そして自分もそう思う、貴女が男だったら幼い時のように競い合ったり、銃を取って一緒に戦えるのに。
京へ行って会津の事を思うと最初に八重さんの顔を思い浮かべる・・・何故なら貴女は会津そのものだから・・・
あなたこそ会津そのものだから・・・
幼な馴染みと言う設定はどう書かれるのかと心配でしたが、こう来たのね。八重が全く判っていないのも、良かったでした。

祝言をあげた大蔵さんは京へ。一瞬でしたが白羽さんお綺麗でした。

万乗の君でありながら側近にさえぎられて思いのままにならない帝。
藩の存続をかけて主君を諌める頼母、正論ですが聞き入れられない。
八重さんを思いながら家格に合った結婚をする大蔵さん。
打ち明ける事さえ出来ずひそかに思うだけの時尾。

ままならない思いばかりでした。

次週はいよいよ文久の変。そして禁門の変へ。風雲急ですね。
京で大蔵さんは実際は奏者番ですがどのように描かれるのでしょうか。
出番沢山あると良いなと思ってます。

A_2

« 八重の桜 第7話 将軍の首 | トップページ | ドラマチックアクターズファイル »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重の桜 第7話 将軍の首 | トップページ | ドラマチックアクターズファイル »