« アテルイ 4 他NHKドラマ | トップページ | 八重の桜 第6話  会津の決断 »

八重の桜 第5話 松蔭の遺言

第5話 松蔭の遺言

今夜は5回。舞台は安政6年から7年です。
江戸へ送られた松蔭の刑死、勝海舟は咸臨丸でアメリカへ・・
会津の覚馬の許へも刺客が襲い世の中は尊王攘夷の嵐が吹き荒れます・・・

今週のメインは松蔭。
小栗旬君の松蔭は最初一寸違和感があったけれど、良かったですね。
熱演素晴らしかったですよ。
まあ救い難いイケメン好きと周囲に言われております^^

桜田門外の変、井伊大老の死。展開は急ですね。
榎木さん退場です。
しかしこの時の攘夷や開国って何だったのでしょうか。
反対するものは殺しても自分の主張を通す。
熱い思いを持って国を憂いるのならもう少し大局を見る事は出来なかったのか。
世界を知って、世界の中の日本を知っている今だからそう思ってしまうのはわかっているけれど、若い有為な人達の死を見るのはドラマの中でも辛いです。

山本家では先週はなんとなく婚家に馴染めないように描かれていたうらが八重にも打ち解けて良い雰囲気になっています。
しかし子を宿したうらは覚馬が刺客に襲われた際夫を庇って流産してしまいます。

来週は京都守護職を受けて舞台は京都へ移るらしいですね。
会津の悲劇の幕開けです。

さあ玉山さん、今回は一寸ですが出番がありました。
小松獅子と天寧獅子が鉢合わせ、あわや乱闘と言う場面で止めに入ります。
実際は獅子同士が出会う事は無かったそうですが大蔵さんの彼岸獅子入城の伏線でもあるのでしょうか?
巻き込まれた幼児を助ける八重の動きの素晴らしさを見せたい場面でもあるんでしょうけれど。
後の彼岸獅子入城の時の獅子舞は小松獅子の方ですね。
このシーンの撮影情報は天寧獅子保存会のブログに詳しく紹介されていました。

お父さんが亡くなって家督を継ぎ名を大蔵と改めた事が八重のセリフで紹介されました。
この回でまだやっと16才です。
京都へ行ったら少しは出番が増えるかしら。

少し気になったのですが大蔵さんの父上はドラマには一度も登場しませんでしたね。
祖父の兵衛役の山本圭さんがずっと出てましたから。

昼に放送された「八重の桜 東北会津旅~大河ドラマの世界」
写るかもと録画しておきましたが残念ながら出番無しでした。
只大蔵の妻役の白羽ゆりさんが出演されていて実際の大蔵さんの写真が写りました。
新撰組記念館にあるようです。
玉山さんも写真だけ出て「似てますねー、似てる人をキャスティングするんでしょうか」とのコメントが。
婚礼で三々九度のシーンが放送されましたが白羽さんだけ、お隣にいるはずの大蔵さんは全く写らず、もしかしたらいなかったの?

11月末のロケで寒かったのでしょうね、皆さんダウン着てます。

A  

« アテルイ 4 他NHKドラマ | トップページ | 八重の桜 第6話  会津の決断 »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アテルイ 4 他NHKドラマ | トップページ | 八重の桜 第6話  会津の決断 »