« 雑誌「歴史街道」 | トップページ | 八重の桜 第11話 守護職を討て »

八重の桜 第10話 池田屋事件

第10話 池田屋事件

もう10話なんですね。いつ面白くなるか、と毎回期待してとうとう10話です。

会津では八重がお城に上がる時尾と薙刀の道場で別れを惜しみます。
お城に上がってしまえば中々会えないと。
いずれ生死をかけた毎日を一緒に過ごすようになるんですね。
幼い頃からいつも八重を見て来た時尾は「大蔵様もずっと八重さんを見ていた・・気づいていたけれど妬ましかったから黙っていた、私はいやな女」と打ち明けます。
八重も「私だってお城に上がる時尾さんが妬ましかった・・いやな女」と。
これはこう書いてくれて良かったです。
祐筆が時尾に決まった時にお祝いも言わない八重はかなり感じ悪かったから。

その八重は縁談もままならず、しかし尚之助とは鉄砲作りの同志を越えて良い雰囲気になってきつつありますね。

京都では佐久間象山が朝廷に開国を説き、帝に開国の勅旨を出して頂く為幕命により上洛して来ます。攘夷派を押さえる為には帝の勅旨が一番と幕府は考えたのですね。

しかし長州と攘夷派の浪士達の不穏な動きに警戒していた会津藩ですが、浪士達の拠点となっていた旅館池田屋を新撰組が命令を待たずに襲撃してしまいます。
いわゆる池田屋事件です。
駆けつけた覚馬は殺された浪士の中に知己の宮部鼎蔵を見つけて呆然とします。


この事件で態度を硬化させた長州は大軍を京へ送り益々時勢は騒然とし、恐れた慶喜は責任を会津に転嫁します。
孝太郎さん良いですねえ。その後の行動にもつながる無責任な感じ、良く出てました。

今まで何度となくドラマ化されている池田屋事件ですが今回は新撰組による暴発とし、会津藩の滅びの道へのターニングポイントだと位置づけているんですね。

少し面白くなって来たでしょうか。
時代のうねりが大きすぎ、又重要な登場人物が多い為どこに重点を置くか、難しいところですね。
八重を主人公にした事と復興支援・福島支援がうまくバランスが取れていないように思います。

大蔵さんの出番は又ほんの少しだけ。覚馬が梶原平馬の家を訪れた時に同席しているだけ。いなくても良い場面ね。
二葉さんが平馬の妻として接待しています。相変わらず堅苦しいけれど夫に祭り見物に誘われ「何着て行こう」なんて可愛かったですよ。

以前から少し気になっているのですが覚馬の平馬に対する態度は大きすぎませんか。
身分にかなり差があるのに逆に平馬の方が丁寧くらい。
八重もそうです。二葉と道場で話している時、与七郎と呼び捨てにしていました。
道場での会話だから合弟子同士、遠慮はいらないでしょうが相手の弟、それも大身の当主を呼び捨てはないでしょう。幼馴染だから幼名でも良いからせめてさんくらいつけてね。
ちび八重さんはちゃんと与七郎さんと呼んでいたのに。

このドラマが始まって以来、少々の事は気にしないで楽しもうと思っていたのですが駄目な性分ですねえ。色々小さい事が気になって。

そうそうドラマの最後に新島襄が密航するシーンが出て来ました。
こんなところでなく 池田屋にいなくて良いの?なんて^^

公式でインタビューがUPされていました。
「今は頼りないけれど留学から帰ってからは成長して凛とした姿を見せられる・・」そうです。
これから出番が多く、そして重要な場面で登場するようになってくれれば良いな。

B  Daf3a

« 雑誌「歴史街道」 | トップページ | 八重の桜 第11話 守護職を討て »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 雑誌「歴史街道」 | トップページ | 八重の桜 第11話 守護職を討て »