« 維新銃姫伝&新島八重物語 | トップページ | 八重の桜 第20話 開戦!鳥羽伏見 »

八重の桜 第19話 慶喜の誤算

19話 慶喜の誤算

薩長と岩倉の陰謀が着々と進み・・・会津目線ですから陰謀ですね。でも公平に見ても偽勅はじめこれは陰謀以外の何者でも無いです。

慶喜は土佐の容堂の進言を要れて政権を奉還する決心をします。
当座の鉾先をかわし体勢を立て直す為に。
しかし岩倉具視が朝廷に復帰し、朝議が行われることになったのを慶喜は身の危険があると言う理由で仮病を使い容保にもそのように指示をして欠席します。
その朝議で長州藩主親子の復権が決定し、御所の警護は薩摩があたるようになります。
欠席裁判・・まさに大誤算、策に溺れた慶喜の姿が良く出ています。


駆け付けた覚馬達が目にしたのは蛤御門の前に立つ薩摩勢。
禁門の変の日と逆の風景です。見ていてやりきれない光景でした。

岩倉の主導で王政復古を掲げる新政府が誕生しますが慶喜と容保は締め出されます。
徳川家への処分に容堂と春嶽が反対しますが刺し殺しても意を通すという西郷の決意の前に押し切られ、慶喜は官職を下げられ領地の半分を削られてしまいます。
それでも巻き返す手はあると大阪城へ向かう慶喜。容保も同行します。

さあ鳥羽伏見の戦いへまっしぐらです。

しかし容保さんはご家訓にとらわれる余り慶喜の意向に唯々諾々ですね。
藩士の事、領内の民の事は念頭に無かったのでしょうか。
藩の存続こそ藩主の一番大事な勤めなのに。

会津では全軍引き上げて帰藩すれば薩長も手が出せまいと語る頼母と正論が通る状況では無いと言う神保内蔵助の語り合いがあります。
肝心の八重の話は大政奉還の知らせに動揺する一家の様子隣家の伊東悌次郎とのエピソードなど、前回と違ってこの回は又男達の政争のドラマでしたね。

大蔵さんは今回は又その他大勢、薩長と一戦交えると叫ぶ佐川官兵衛の後ろに、まあ居たわねと言う程度。
おとなしい育ちの良い大蔵さんが勇ましくなって帰って来たのは良いけれど「知将」らしさはどこへ?
ドラマの後に「会津守護職始末」からの引用があって会津藩士山川大蔵の書いたと紹介がありましたがそっちの方が印象が強かった。
まあ主役の八重がこの扱いですから仕方無いかもしれません。

そう言えば頼母と内蔵助の話合いの中に西郷家は姑、小姑大勢でとさりげなく出ていますが、全員が自刃してしまうんですね。
この西郷一家の悲劇を扱った話を読んだ為会津に目をふさいでいた私、もう今から辛くてこの先ドラマも見たくないような。
玉山さんが出る嬉しさに毎回取り上げて来ましたがこの先一寸辛いかな・・・です。

書き忘れました。
時栄が登場しました。
八重の目線から見れば好意的には書かれないとは思うけれどこのドラマの八重さんは優しいからどうするのか一寸興味があります。

« 維新銃姫伝&新島八重物語 | トップページ | 八重の桜 第20話 開戦!鳥羽伏見 »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜 第19話 慶喜の誤算:

« 維新銃姫伝&新島八重物語 | トップページ | 八重の桜 第20話 開戦!鳥羽伏見 »