« 司馬遼太郎さんと会津&山川大蔵 | トップページ | 八重の桜 第23話 会津を救え »

八重の桜 第22話 弟の仇

第22話 弟の仇

容保は僅かな供を連れて江戸から会津へ引き上げます。
会津では帰国して来る藩士達に混じって中野竹子の母と妹、大蔵の姉二葉の姿が。
大蔵と平馬の無事を聞いて安堵する登勢や艶たち山川一家と八重に覚馬と三郎の安否を問われて口ごもる二葉。

二人の死は三郎の形見の軍服を持ち帰った尚之助から告げられます。
事実と違って大蔵が看取る設定にしたのだから大蔵が届けるのかと思っていたので少々不満が・・・

八重は激しく取り乱し三郎の仇をとると鉄砲を持って走り出し訪ねて来た大蔵とぶつかります。尚之助に抱きとめられて号泣する八重。

容保は家督を譲って隠居しますが、恭順はするが攻めて来られれば戦うと宣言。
その為に軍制を洋式に改め訓練を開始します。
この調練を指導するのは江戸で洋式訓練を習って来た尚之助と大蔵です。
何で尚之助?このドラマ、主人公の八重が至る所に出没しない代わりに尚之助が方々に出てきますね。
大蔵ほこれから日光口の守備へ向かうと言い、尚之助に八重の様子を聞きます「あんな八重さんは初めて見た」と。
一体何時までつまらない初恋設定続けるのかしらね。

一方新政府軍は江戸に対して三方から攻め登り総攻撃を開始。
勝海舟は西郷に総攻撃を中止するよう嘆願します。有名な所ですね。
西郷は嘆願入れ総攻撃を中止します。
その時の西郷の言葉「さて振り上げた拳を何処に下ろすか」・・

京の薩摩屋敷に監禁されている覚馬も会津は朝廷に刃向かうつもりは無い奥州討伐を止めてくれるようにと嘆願書を書き西郷の許に届きます。

しかし新選組はじめ幕府軍の生き残りが会津に集まっているとの情報が。
会津の運命は窮りました。

斉藤一が会津に到着してましたね。
健次郎も八重に鉄砲を教わるシーンに登場してました。

この回やっと八重が主人公らしくなって来たように思えます。
これから沢山の人が死に、辛い話が続きますが、少なくとも八重の活躍は書かれるでしょうから少しは見ごたえのあるドラマになるかな、と期待したいです。

しかし大阪引き上げの顛末は簡単すぎましたね。
大蔵の「陪臣なのに一日大阪城代になった」と言う良いエピソードもあるのに取り上げないし。この作者は容保にしか興味が無いのね。

大事な箇所をナレーションで済ませたり、ドラマの後の紀行で説明したりして、作者が興味を持って詳しく書くところと、見たい所が違っちゃってるのが私には辛い所です。

大蔵さんですが熱血お馬鹿さんの前回より少しましになってますね^^
知将と呼ばれた戦いは目前です。
知的な方向にシフトしないと辻褄が合わなくなっちゃいますよ。

フランス語で号令かけてましたね^^

O24a  O27a

一寸羽織の紐の色が気になって
どう見ても彼の身分に相当するお納戸色には見えないんですが。
決まっていたのは登城の時だけで普段は何でも良かったのかしら。
* 後で知った別の資料では一つ上の格がありました(家老・若年寄)
  紫紐勝手次第、式服以外夏薄柿色、冬空色とありました。失礼致しました。
O25a

« 司馬遼太郎さんと会津&山川大蔵 | トップページ | 八重の桜 第23話 会津を救え »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 司馬遼太郎さんと会津&山川大蔵 | トップページ | 八重の桜 第23話 会津を救え »