« 八重の桜 第22話 弟の仇 | トップページ | 農家のヨメになりたい~八重の桜intermission »

八重の桜 第23話 会津を救え

第23話 会津を救え

新政府軍が仙台に到着、会津を討つように命じます。
その知らせに日光口に向かう大蔵達は城に呼び戻されます。

生死がわからない覚馬を思って塞いでいるうらを八重は道場に連れ出します。
みねに教える為にと言われても踏み出せないうらですが、亡き夫に申しわけないと稽古に現れた修理の妻雪の姿に前向きに気持ちを切り替えます。

江戸では慶喜が江戸城を明け渡し水戸へ出発します。
その日勝に述懐する慶喜
「そなたが仕えて来たのは自分では無く幕府だ、自分に家臣がいたろうか、会津のように君臣一体となる家臣が・・・
徳川は残り、江戸も無事、しかし会津はどうなる。

仙台藩と米澤藩の家老が平馬達重職と協議の為会津を訪ねて来ます。
会津を救いたい・・会津の問題は奥羽全藩の問題だから、と。
諸藩が結束して嘆願する事に。

会津藩は指揮官として白河口は西郷頼母、越後口は佐川官兵衛、日光口へ大蔵を派遣します。会津に合流している新撰組は白河口に。
此処で近藤の最後が語られました。

城内の祠に三郎の月命日のお参りをする時尾に自分も祈りたい人がいるから、と一所に手を合わせる斉藤、二人の出会いですね。

奥羽列藩同盟の嘆願書は参謀の世良に破棄され、しかも総督府に送った「奥羽皆敵として討つ」との密書を手に入れた仙台藩士に世良は暗殺されてしまう。 

世良の暗殺は全面戦争の始まりになりました。
最初に攻撃された白河口は圧倒的な武器の差で落城。

その一方官兵衛は長岡藩の河合継之助と同盟について交渉、奥羽越列藩同盟が成立。

八重は白河の負傷兵の看病に当たりますが後年の看護婦への布石ですか。

と23話を追って書いて見ましたが、奥羽列藩同盟から奥羽越列藩同盟が成立するまでの経緯の説明回でしょうか。

斉藤と時尾の出会いは自然で良かったけれど、慶喜の話は・・どうして慶喜に会津についてこのような事を言わせたんでしょうか。私には違和感がありました。

もっと気になったのが世良の書き方です。絵に描いたような悪い奴で失笑ものです。
そして尚之助さんはいつ出世したのかな、重職に混じってましたね。

大蔵様は・・・作者の解釈はこういう人なんだとあきらめるしかないですね。
格好良いから良いじゃないかと言う友人もいますけれど、どうも。
容保の書き方についても言いたい事はいっぱいありますけれど・・・

そして来週は「二本松少年隊の悲劇」
白虎隊より悲劇的な話です。見るの辛いでしょうね。

NHK大河ドラマストーリーより

Ost_2

« 八重の桜 第22話 弟の仇 | トップページ | 農家のヨメになりたい~八重の桜intermission »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重の桜 第22話 弟の仇 | トップページ | 農家のヨメになりたい~八重の桜intermission »