« 農家のヨメになりたい~八重の桜intermission | トップページ | CM G’z one~八重の桜intermission »

八重の桜 第24話 二本松少年隊の悲劇

第24話 二本松少年隊の悲劇

先日病院で受診待ちをしている間、待合室のTVが「風と共に去りぬ」を映していました。
たまたま前半のクライマックス、アトランタ炎上のところでした。
画面いっぱいに映し出される駅周辺に横たわる大勢の負傷兵。
スカーレット達が馬車で脱出する横を通る戦場から引き上げて来た大勢の敗残兵。
炎の中を脱出したレットは今から敗戦の決まったような状態の南部同盟の最後の決戦
に兵士として参加すると言います。
自分にも南部魂があった、大義の為に戦うと。
思わず戊辰戦争と重ねて感情移入して見てしまいました。
会津の人達、奥羽同盟の人達の思いに。

前置きが長くなってしまいました。
白河城は奪回出来ず白河口は苦戦しています。
新政府軍との武器の差の大きさに総督の頼母は再度恭順を主張しますが聞き入れられず他の家老達と溝は深まり容保から総督を解任されてしまいます。
後任は内藤介右衛門、梶原平馬のお兄さんですね。セリフあったの始めてかな・・・

大蔵の守る日光口は完全に防いでいるものの、新政府軍は各地を落とし会津目前の二本松迄進攻して来ます。
二本松では同盟を守って戦い、少年達も城を守る為に戦います。
八重に達磨を貰った成田才次郎やかって八重が出会った少年達も木村銃太郎に率いられて銃を取って戦います。
才次郎は重傷を負い日新館に運ばれ八重に抱かれて命を落とします。
才次郎は14才、他の少年達も12才から17才~今の小学校高学年から中学生の年令ですね。
知っていた事なのに涙が・・・

京では覚馬が自分に出来る事をと国のあるべき姿等をまとめた意見書を書き上げ時栄に託します。西郷の目に止り覚馬が世に出るきっかけになった管見ですね。

又松平春嶽が岩倉と木戸に会津の恭順の申し出を何故受け入れないと迫りますが叡慮であると退けられてしまう。
あんた達の作った国は最初から歪んでいると言う春嶽さん、このドラマで初めて格好良かったですわ。

以前海音寺潮五郎さんの本で白虎隊と太平洋戦争を例に「戦争で少年を戦場に出すようになったら戦い続けてはいけない、降伏すべき」と書かれているのを読んだ記憶があります。
その降伏を許さない薩長って鬼畜と言われても仕方ないかなと思ってしまいました。

次回はいよいよ白虎隊出陣
益々辛い話が続きます。

しかし見ていて感動しても事実に感動するだけでドラマとしてはどうなのか、
組み立てが下手ですね。
人物描写も作者が容保と尚之助を持ち上げる余り他の人達が八重を含めて薄っぺらくなってしまっています。

何より違和感があるのはNHK側が「東北、会津の復興支援」とうたっているのにその姿勢が余り感じられません。
復興なら会津の汚名を雪ぐ為京都守護職始末を書いた浩をもう少しちゃんと書いて欲しいものです。
今回も日光口の戦いで谷干城は登場せず、健次郎にあれだけの尺を使う、こうなると明治以降山川家のメインは健次郎かなと疑いたくなってしまいました。

毎回文句ばかり言ってますがお気に召さない方はお出でにならないと思っているので又stress発散を続けるかも知れません・・居直ってます^^

*訂正です。日新館で亡くなった二本松少年隊の隊士は才次郎から達磨を受け取った篤次郎でした。

« 農家のヨメになりたい~八重の桜intermission | トップページ | CM G’z one~八重の桜intermission »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

だんだん見ているのが辛くなりますね・・・。

仰るとおり 谷干城は登場しませんでしたね。
ん・・・、こうなると山川家は大蔵より 健次郎や捨松にシフトしそうですね。
反町さんがやたらと絡んできてますよね。

少し過去ブログも拝見しました。
私も大河を本格的に見始めたのは「草燃える」からです。
大谷直子さんが素敵でしたね。^^

薩長キライなので 「篤姫」、「龍馬伝」は見てません (笑)
でも敵を知ることは 会津をより深く理解できると思うので
少し後悔してます。

明日はいよいよ白虎隊出陣ですね!
悲しくて辛いけどしっかり見ます。

長文失礼しました。

きららさん こんばんは
コメント有難うございます。

先を知っているだけに暫く見るのが辛いですね。

大蔵さんも実在の大蔵さんはもっと素敵な方だったと思うのでこちらも見るのが辛くなって来ています。

篤姫は・・・ずっと軽い作りでした。
私は篤姫の視聴率が良かったのが大河を変えてしまったと思っています。
以前の面白くてそしてきちんと作られた大河が懐かしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 農家のヨメになりたい~八重の桜intermission | トップページ | CM G’z one~八重の桜intermission »