« 八重の桜~会津編を終わって | トップページ | WOWOWドラマ出演など »

八重の桜 第30話 再起への道

第30話 再起への道

鶴ヶ城落城から一挙に半年飛びました。

八重一家は日新館で尚之助に砲術を学んだ米澤の内藤家に身を寄せています。
猪苗代で謹慎していた藩士達は東京へ送られ謹慎する事に。
家老達による藩主父子の助命嘆願が聞き届けられ代わりに萱野権兵衛が首謀者として処刑される事になります。
容保と照姫の信書を預かり別れを告げに来た大蔵と平馬に後事を託す権兵衛。

その頃函館の五稜郭で最後の抵抗を続けていた列藩同盟の生き残りが降伏、戊辰戦争の終結でした。土方の戦死や、頼母と榎本武揚の様子などが語られますが駆け足の展開です。

一年たって藩再興が許可されますが旧領の会津ではなく北端の下北半島に僅か3万石で。承服出来ない藩士達を説得する大蔵達。
藩名と斗南とする、「北斗以南皆帝州」と言う詩から執った最北の地も皆帝の領地、朝敵ではない意味を込めて。力をつけていつの日か会津の名を取り返す、と。
大蔵さん一寸格好良かったわ。
筆頭家老だった平馬は身を引き藩最高責任者に大蔵を選び藩士達は再起の望みをかけて移住を決意します。

斗南へ行く途中藩の再興を伝えに八重を訪ねる大蔵、去る時に八重の力が必要だから斗南へ行こうと誘います。
しかし八重はまだこうして居たい、恨みを支えにしていては前へ進めないと断ります。
そんな八重に尚乃助の言葉を伝える大蔵。
「開城の日、自分の思いで八重さんの誇りを奪ってしまった、それを返す為、八重さんの故郷をもう一度作る為斗南へ行く」
八重は言います「待っています、と伝えて下さい」と。

この八重を誘う話は何の為?まだ大蔵は八重の事を思っていると言いたいのでしょうか。
又は男並に戦った戦友として一緒に仕事がしたいのか・・・
この二人の関係はきちんと書き込んで来なかった為何とも始末が出来ていないようで・・・
書き方によってはとても良い関係になったのに、残念です。

そうそう健次郎が長州の奥平健輔を頼って脱走するいきさつが平馬の話として出て来ました。秋月悌次郎の決死の働きで二人の少年に会津の未来を託すのですがこれもさらりと語られるだけ、無駄な部分も多いのだから興味を持てるような話題はちゃんと取り上げて欲しかったです。

戦死者の遺体の始末など見事にスルー、家族の遺体を必死に探した日向ユキの話も当然無し、その為にユキを出していたのかと思っていたので一寸肩すかしにあったような気分でした。

今回は敗戦後の1年間を駆け足で通りすぎたような回でした。

まあ玉山さんの出番が多くて素敵だったからまあ良いか^^やはりいいおとこです。

Oo2a  Oo5a

« 八重の桜~会津編を終わって | トップページ | WOWOWドラマ出演など »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 八重の桜~会津編を終わって | トップページ | WOWOWドラマ出演など »