« 八重の桜 第43話 鹿鳴館の華 | トップページ | 八重の桜 第44話 襄の遺言 »

ドラマW LINK第4話

第4話

感想又周回遅れになりかけて慌てています。
私には余り面白く思えないので中々感想を書く気になれなくて・・・
このドラマをお気に召していらっしゃる方はどうぞこのままお帰り下さいますようお願い致します。

登場人物が多すぎて的が絞られていないので見ていて事件の進行がとてもわかりにくいです。
今回起こった事は簡単に言ってしまうと、松岡は総裁戦に勝って次期総理が決まったような事になります。
正太郎は松岡の後妻から告げられて母に会いに行きます。

亜紀は聡子に内部告発に踏み切るように説得され、その結果あおば信金に検察の査察が入ります。
しかし亜紀の後輩が支店長に告げてしまった為証拠は隠され何も出ません。

昭一からの肺移植は成功したようで朋也はどうやら回復に向かいそうです。
自分だけ裕福な家に引き取られた事で幼い弟を見捨てた、と罪悪感を持っている昭一は今度こそ家族になろう、やり直そうと言うのですが。

理恵は松岡の裏金を狙った犯人達の一人である恋人の元哉に頼まれ朋也を殺そうとするが果たせずリーダーに刺されてしまいます。

沢田は見聞きした事を当局に話そうと決心、上京するのですが中々行動出来ないでいます。
その沢田にシャツからたどり着いた寺原ですが。

主役の寺原に掛ける比重が少なすぎて全貌が掴みにくくなっているのでは無いかな、と思うのですが、私の頭が悪いだけかも知れませんね。

ショーンの正体も判って来ました。
しかし第1話から判っていた人は凄いですね。そのくらい直観力があればもっと面白く見られたのかも知れないですが。

とうとう次回は最終回、最後は面白いかしら。

玉山さんは・・・
余りドラマの中心にいるような役ではなくて物足りないし、切ない表情など似合っているからこういう役が来るのかも知れませんがこのような情け無い役はもう良い加減やめて欲しいですね。
脚本、演出は頂けなくても八重の浩さんの方がずっと好きです。

感想も情けない出来になってしまったようです^^

15a  

« 八重の桜 第43話 鹿鳴館の華 | トップページ | 八重の桜 第44話 襄の遺言 »

TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラマW LINK第4話:

« 八重の桜 第43話 鹿鳴館の華 | トップページ | 八重の桜 第44話 襄の遺言 »