« ドラマW LINK最終回 | トップページ | 紙碑・東京の中の会津~1 »

八重の桜 第45話 不義の噂

第45話 不義の噂

襄の留守に女学校では宣教師達が引き上げミッションが女学校を廃校にすると言う話が持ち上がっています。
動揺する金森と市原に八重はミッションに頼っていた経営方法が間違っていた、この機会に
自分達だけで学校を運営する事を考えようと言います。
しかし学校を運営するには資金と人が必要、八重は資金集めの為覚馬の協力を得て商工会議所の名簿を貰い寄付を頼んで回ります。
いつの間にか覚馬は会頭になっていたんですねえ。
出資に応じる人が出ない中八重は学校に招いて授業を見て貰う事を思いつき、賛同する人達も出て来ます。
又大垣屋も女学校経営に手助けをしてくれる事に。

一方山本家では時栄に憧れる書生の青木に久栄は敏感に何かを感じ取ったようであの人嫌いと八重に言うのですが。

そんな時、久栄は二人が手を握っていたのを見たと叫んで大ごとになって行きます。
青木は覚馬に時栄さんは妻と言っても女中のような暮らしではないか、先生の手足ではない、解放して上げなさい、と言います。

覚馬は時栄を問いただしますが、時栄は間違いは犯していない、一人で淋しいだろうと世話をしたのを勘違いしただけと否定します。
八重は覚馬に時栄をどうするのか訊ねますが、覚馬は口を出すな、と言います。

大垣屋も八重に今迄時栄が覚馬の為に尽くして来た事を言い一度だけ大目に見てやってくれと口添えします。

時栄は八重にずっと思っていた事を打ち明けます。覚馬の胸の中にはずっとうらがいた、私はうらさんに嫉妬していた、と。時栄の女としての思いが始めて見せられてシーンでした。

青木を家から出し時栄に一緒に洗礼を受けようと言う覚馬、時栄は覚馬と共に洗礼を受けすべては水に流されたはずでしたが。

襄がアメリカンボードから5万ドルの寄付金を貰って帰国し、学校運営も上手く行きかけた時、青木が訪ねて来て時栄を抱きしめてしまいそれを出入りの本屋に見られてしまいます。

噂は瞬く間に広がり覚馬の名に傷が付くだけでなく学校経営にまで影響して来ます。

信じていると言う八重に時栄は言います。
旦那さまの胸にいるうらさんとは違う、生身の女、言い寄られて抱きすくめられたら・・・
八重の出て行ってくれと言う言葉を受け入れようとします。

覚馬は商工会議所を辞任、二人の問題だから口出しするな、と言うのですが
自分の心の罪を自覚した時栄は自分から離縁を申し出ます。

覚馬は時栄の言葉を受け入れ、雪の降る日時栄は久栄をよろしくと挨拶して山本家を去ります。山本覚馬の妻である事が誇りでした、と言い残して。

綺麗にまとめましたね。誰も傷つかないように。
こういう話はさすがに上手だな、と思いました。
そして谷村美月さん、良かったですね。今迄関心の無かった女優さんでしたが多くの作品に起用されているだけの事はあると実感しました。

元々この書生と時栄の不義の話は徳富蘆花の小説「黒い目と茶色の目」に載っている事で実際はどうだったのか、離婚しているのですから何らかの不祥事はあったようですが事実はわからないようです。
この蘆花は次回で出て来るようですが久栄との恋を受け入れられなかった事を恨んで会津まで憎んだ人です。
大山家へ嫁いだ捨松を継子いじめをする意地の悪い継母に仕立てた小説「不如帰」を書いたくらいですからこのお話も何処まで信じて良いかわからないですね。
余談ですが「不如帰」がベストセラーになってしまった為捨松は一生苦しんだと言います。

そうでした。青木が広沢安任の縁者と言うのは何処から思いついたのでしょう。広沢安任のその後を書くために此処で出したのでしょうか。
山本家の揉め事の種を持ち込んだ事になって広沢さんに悪いと思わないのかしら。

今回は玉山さんの出番はなしでした。
尚之助の架空の会津戦記を元に「京都守護職始末」を書く事になる展開なら見たくないけれど・・・
複雑です。

« ドラマW LINK最終回 | トップページ | 紙碑・東京の中の会津~1 »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマW LINK最終回 | トップページ | 紙碑・東京の中の会津~1 »