« 紙碑・東京の中の会津~2 & 次のお仕事は? | トップページ | ルパン三世実写版 »

八重の桜 第47話 残された時間

第47話 残された時間

タイトルからしていよいよ大詰ですね。
政府では、憲法制定の準備が進み、総理の伊藤博文は平等条約改正の為主義の異なる大隈重信を外務大臣に任命します。

山本家ではみねの遺児平馬を養子に迎え久栄は神戸の英和女学校に進学するらしい・・・一方襄は心臓発作で倒れます。

しかし襄は憲法発布前に優秀な人材を養成しなければと持病を抱えながら大学設立の準備に奔走します。

大学設立には資金が要る、そのような時、徳富蘆花蘇峰が自らが発行した「国民之友」に教育に関して慶應義塾を立ち上げた福沢諭吉と並べて襄の事を紹介した記事を載せます。

この記事を読んだ大隈重信の協力で東京の大隈邸で募金会が開かれ襄と八重は上京。
募金会へ出席した襄のスピーチに賛同した出席者たちから寄付金が順調に集まります。

帰途、訪ねた勝海舟は個人に頼るのでなく全国から寄付を集めるよう助言、蘆花の「国民之友」に同志社設立の意義を訴える記事を載せて貰うように計らってくれます。

これから、と言う時に襄の病状は更に悪化、

あともう少しなのに・・・
間に合わないのか・・・
何故主はもう少し時を与えて下さらないのか・・・
襄の叫びは悲痛です。

玉山さんが出ない為、何の期待も無くただ何となく見ていた私ですがここは一寸感動しました。
なんと言っても玉山さんの前に好きだった人ですからね^^
でも此処だけね、あとは全然面白くなかったです・・・・

病気を押して襄は再び寄付を集めに関東へ、同行を願う八重ですが襄の母が倒れて看病の為に残る事になります。

次回のタイトルは有名な「グッバイ、又会わん」
本当に大詰ですね。

そうそう健次郎(山川さんの方)と槇村が一寸出てましたっけ。

お粗末なあらすじだけの感想で失礼しました。

« 紙碑・東京の中の会津~2 & 次のお仕事は? | トップページ | ルパン三世実写版 »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

徳富蘆花ではなく、「蘇峰」ですよね。
蘆花は弟で文学者の方です。

R-7さん こんばんは

失礼しました。
間違えましたので訂正いたしました。
ご指摘有難うございました。
そそっかしいので他の事でも良く間違ます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 紙碑・東京の中の会津~2 & 次のお仕事は? | トップページ | ルパン三世実写版 »