« ドラマW LINK第4話 | トップページ | ドラマW LINK最終回 »

八重の桜 第44話 襄の遺言

第44話 襄の遺言

1883年明治16年12月。
明治政府は徴兵制度を改革し、私立学校は徴兵免除の特典から除外される事となります。
襄は同志社の学生を免除の対象にするよう津田梅子の仲介で伊藤博文に陳情しますが聞いて貰えません。
その際梅子は自分も女学校を作りたいと襄に話します。
一応津田塾立ち上げのお話をカバーしてるのね。

同志社を大学にしようと資金集めに奔走する襄は八重に留守を頼んでヨーロッパからアメリカに渡ります。
体調を崩しスイスで倒れた襄は死を覚悟して八重に遺書を書きます。
それが発送されてしまい、回復した襄は翌日取り消しの手紙を送りますがそれが先に着いて一寸した混乱が。

東京では照姫が病の床に付き容保が見舞いに訪れます。
容保は照姫を抱いて「残された時をともに過ごしたい」と言うのですが。
この展開はどうなんでしょう。私は見つめあうくらいが好きですが・・・
程なく照姫は1884年世を去ります。

襄の留守に女学校では米国人宣教師八重と学校経営の方針が対立、事を収める為佐久が舎監を辞めます。
しかしこの時代の学生って皆あんなに生意気だったのでしょうか。時代に先駆けて学ぼうとする子達だから当然なのかな?

その頃広沢安任が覚馬を訪ねて来ます。
斗南に残って牧場を経営に努力した広沢は苦難の末成功していました。
彼は会津から遠縁の若者青木を連れて来て牧場の跡継ぎにしたいので覚馬の許で学ばせてやって欲しいと頼みます。
八重の提案で青木は同志社で学ぶ事に・・・
時栄との不義の話の始まりですね。

この問題の青年は本当に広沢安任の遠縁なのでしょうか。
調べる暇がなくて確認は取れていませんが違ったような気がします。
何故安任の縁者にしたのか、違っていたら安任に申し訳なくないかしら。

以前このドラマの八重さんは優しいからどうするのでしょうと書いた事がありますが、予告を見ると言われているように八重が追い出すみたいですね。
この回の八重さんは強いから不自然では無いか・・・襄の為なら世界中が敵でも一緒に戦う、とか宣教師相手に一歩も引かなかったり・・・

余談ですが広沢安任は斗南では浩の片腕として藩の経営に当たった人です。
彼が亡くなった時浩の詠んだ歌は一寸胸を打たれます。
「君もまた すててお行きか 今は世に かぞへんほども 友はなき身を」

山川浩と言う方は軍人であり、教育者であり、政治家でもあった上に歌人でもあったんですね。桜山集と言う歌集を残されています。
ほんの一部分覗いただけですが繊細で綺麗な歌を詠まれています。
あんな豪快な方なのに。

その浩さん、この回ほんの数秒の登場でした。
容保の供で照姫を訪れるシーンと照姫が亡くなった時。
しかも後の方は目を閉じてる・・・・あんまりだわ。
まあ出ないよりましだと思いましょう。
浩さんはこの頃は勿論藩消滅後ずーっと松平家の家政を見て来たのですね。
浩さんの死後は健次郎が引きついだそうですからお供に兄弟を出したのでしょうか。

Hi9a   Hi10b

« ドラマW LINK第4話 | トップページ | ドラマW LINK最終回 »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマW LINK第4話 | トップページ | ドラマW LINK最終回 »