« 晩年の浩さん | トップページ | 八重の桜を見終わって »

八重の桜 第50話 いつの日も花は咲く

第50話 いつの日も花は咲く

とうとう最終回迄来ました。
前回も書いたけれど本当に良く最後迄(我慢して)見たものです。

明治27年、八重は広島の陸軍予備病院で看護婦を率いて働いています。
兵士達にもある女性への偏見をたしなめ、敵である清国兵も平等に看護する八重の様子。難攻不落と言われた旅順要塞を一日で攻略するなど戦いは日本に有利に進んでいるようです。
そして新聞記事の取材に徳富蘇峰が来ます。士気を鼓舞する為勇ましい話ばかり取材する蘇峰に抗議する八重ですが蘇峰は取り合いません。何だか現在の一部マスコミの傲慢さを見るようで複雑、そして一寸可笑しかったです。

蘆花も一寸出て来ます。体勢に流されると兄蘇峰を批判、自分は小説の中で真実の人間を書くと言います。がその小説の題名が「不如帰」
大山捨松をモデルに意地の悪い継母に仕立て上げ彼女を終生苦しめた小説を「人間の真実を書く」としたのはどういう意図があっての事でしょうか。ドラマ制作者と脚本家にお聞きしたいものです。

翌28年日本の勝利で戦争は終結します。
京都へ帰った八重が男しか嗜まなかった茶道に傾倒して行く様子が何にでも率先して挑む姿として書かれています。

そして佐久が亡くなり、襄の母登美も又世を去ります。

明治29年。
八重は広島での働きが認められて勲七等宝冠章を授けられます。
皇室以外の女性では初めての叙勲でした。
警視庁で剣道の指南をしている今は藤田五郎を名乗っている斉藤一の所へ八重の叙勲を新聞で知った時尾と二葉が知らせに来ます。
やはり浩との交流は見事にスルーでした。

その浩は会津の名誉を回復する為執筆中の記録とご宸翰の存在を世に出す時期ではないかと健次郎に言います。
そして自分の命が長く無いことを感じたのか(そのような言葉はなかったけれど)健次郎に後を託します。

浩の死はナレーションで。
若い時から藩の命運を背負い藩士達を一生支え続けた、と。
しかし浩にスポットを当てた回は一度もありませんでしたね。復興がテーマならもっと重要に扱って欲しい人だったのに。

慶喜のその後も。
明治天皇に拝謁もかない名誉を回復した慶喜でした。
勝を相手に会津を見捨てたと述懐する慶喜。しかし実は堅い絆で結ばれた会津の主従だ羨ましかった、自分には手に入らない物だからと・・・何故手に入らないのかは一寸説明不足では・・・

浩の遺志を継いで会津の名誉を回復すべく健次郎は「京都守護職始末」の発刊を決意しますが大山巌に発行を見合わせるように、と言われます。

何故大山なんですかねえ、最も谷干城を登場させていないのですから事実通りには出来ないけれど。
発行見合わせと引き換えに困窮していた旧主松平家への援助を政府から取り付けた話も当然無視でした。
山川兄弟が書き継いだ「京都守護職始末」が世に出るまでには10年の月日」を要した、とナレーションで簡単に。
まあ川崎尚之助の名を出さなかっただけまだましかな。

その頃八重は会津へと向かいます。
桜の木の下で会津に戻っていた頼母と再会。

頼母に何しに会津へ帰って来たかと問われた八重は「又戦が近づいている、平和な時は来ないのか・・・会津で考えたくなって戻って来た」と答えます。
頼母の答えは「新政府がどんな国を作るのか見届けようと生きて来た。しかし戊辰以来自分の目に焼きついたのはどんな時も生きようとする人の力だった。
花は散ってもまた花を咲かせる何度でも・・・八重、何度でも花を咲かせろ」

これが「八重の桜」だったんですか。
秋月悌次郎の「今年の落花は来年咲く種とやら」を連想してしまった私はすっかりひねくれてしまったようです。

京へ帰った八重は蘇峰を茶に招きます。
時代は言論と言う大きな力を得た、これからは言論が人を動かす時代が来たと言う蘇峰に八重はその力を何に使うのですか、その大きな力は未来を切り開く為に使わなければいけない、と言う八重。

「昔私は銃持って戦った。最後の一発まで、一人でも多くの敵を倒す為に、しかしもし今最後の一発を撃つとしたら・・・」
現実の八重の前で回想の八重は空に向かって発射します。
そして降る花はオープニングの傘に・・・
昭和七年新島八重死去、86才。

終わり方は綺麗で良かったですが何を言いたかった一寸判り難いですね。

「京都守護職始末」についてドラマの中でなく紀行で一応ちゃんとした説明がありました。
勿論川崎尚之助についての言及はなし。

最後の最後迄かなり不満を書いてしまいました。
けれども今迄白虎隊か、京都守護職時代は新撰組絡みでしか取り上げられなかった会津藩を会津の立場から取り上げてくれた事だけは良かったですね。

出演者の皆さまお疲れ様でした。
そして玉山さん
山川浩の役はとても似合っていたし、素敵な場面もあったし、本当にお疲れ様でした。

全編通してもう一回感想を書いてみるかもしれません。

Hy9a Hy11a

このまま次元で登場するのかしら

« 晩年の浩さん | トップページ | 八重の桜を見終わって »

八重の桜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩年の浩さん | トップページ | 八重の桜を見終わって »