« 死にたがりの獅子 山川大蔵幕末異聞 | トップページ | NHKは変われる? »

軍師官兵衛 第4回 新しき門出

いつの間にか堺から帰っている官兵衛です。
政職に命じられて狩場の下見に行き木に登って降りられなくなった少年を助けようとしている若い娘と知り合います。

越前の朝倉家に身を寄せている足利義秋は兄義輝の後を継いで将軍になる望みを持っていますが朝倉義景は中々動きません。

焦った義秋は各地の主だった大名達に自分と共に上洛をするようにとの手紙を送っています。
小寺政職にも届き有頂天になる政職ですが職隆にも同じ書が届いており他から政職の耳に入るよりはと政職に告げるのですが。
政職はかえって職隆にとって替わられるのではないかと疑心暗鬼に陥ります。
それを察した職隆は官兵衛に家督を譲る事を考えます。

政職も幼い嫡子の後ろ盾に官兵衛をと望みたまたま宴席に接待に出た一門の櫛橋家の娘との縁談を勧めます。
その櫛橋家の妹娘光は官兵衛が狩場で出会った娘でした。

官兵衛に競争心を持つ兄から官兵衛の悪口を吹き込まれている長女の力は縁談を拒み官兵衛に好意を持った光が自分が嫁ぐと言います。
そして婚礼。職隆は隠居、官兵衛が家督を継ぎます。

一方尾張の織田信長は遂に美濃の斉藤家を滅ぼし稲葉山城を岐阜と改め天下を取る意思を表明。
朝倉を見限って織田家へ身を寄せていた義秋を立てて上洛します。

前回で初恋の人おたつに死なれた官兵衛が立ち直って結婚するまでのお話でした。
と言ってしまえばそれまでですが。
官兵衛が武将として活躍を始めるまでの説明が暫く続くのでしょうね。
と言う事で格別感想も、と言いたいところですが・・・明智光秀はどう見てもミスキャストでは・・・当代きっての教養人、その知性と教養が感じられません。
まあ大して重要な役ではないって事でしょうか。

ドラマの感想より気になる事があります。
NHKの会長が交代しました。
その事で今迄ずーっと言いたかった事があってその事を書く積もりでしたがつい見たばかりの官兵衛の感想になってしまいました。

項を改めて書きます。

« 死にたがりの獅子 山川大蔵幕末異聞 | トップページ | NHKは変われる? »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 死にたがりの獅子 山川大蔵幕末異聞 | トップページ | NHKは変われる? »