« 浩さんの軍服 | トップページ | 会津藩兵の洋式訓練 »

黒田官兵衛 第7回 決断の時

武田信玄が死去、浅井・朝倉を滅ぼし、信長の勢力は一層強大になっています。
対抗する勢力は中国地方を支配する毛利家。
間に位置する小領主達はどちらの勢力に付くかの決断を迫られています。

黒田家にも毛利家から安国寺恵瓊が様子を探りに訪れます。
恵瓊さんはなんと浅井久政さんではありませんか^^

御着の小寺家でも評定が開かれる事に。
光の姉力の嫁ぎ先上月家は毛利家につき、二人の兄で櫛橋家の当主となった左京進も毛利に付くように官兵衛を説得しますが、評定の席で官兵衛は織田方に付くよう主張、政職は官兵衛の意見を入れて織田方に付く事を決定します。

旧知の荒木村重に取り次ぎを頼み官兵衛は信長に謁見します。
これから歴史の表舞台に官兵衛登場ですね。

小寺家の家臣の息子で孤児となった少年後藤又兵衛が光に養われる話や藤吉郎が浅井の旧領を貰って大名に取り立てられ羽柴筑前守と名乗る話が間に入りますが、今回はざっとこんなあらすじでしょうか。

大河ドラマは家中で見る習慣がついているので何だかんだと言いながら毎回見ています^^
余ほどの事が無い限り見てしまう・・・途中挫折したのは清盛と竜馬伝くらいかな。

官兵衛は・・・汚いわけでもなく無作法でもなく、まあ普通に見ていられるんですが、余り面白く無い・・・
浅井・朝倉の滅亡も信玄亡き後長篠で武田が大敗する話も一寸簡単すぎるのではないのかな。
織田家中で秀吉がどんなに傑出していたのか、大体主人公の官兵衛が他国にまで聞こえた器量だった話なんてあったかな。私見逃してしまったのかしらん。
村重を牢人だった事にしたのは官兵衛と知り合うきっかけにしたかったのかも知れないけれど、村重の出世が早すぎておかしくなってる例などつくりが雑で気になる事が多いのよね。

官兵衛さんのセリフは相変わらず聞き取り難いし。
好きなら我慢しちゃうんでしょうがあいにく好きでも嫌いでも無い。

来週からいよいよ歴史の表舞台に登場ですから面白くなるのを期待しましょう。

« 浩さんの軍服 | トップページ | 会津藩兵の洋式訓練 »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浩さんの軍服 | トップページ | 会津藩兵の洋式訓練 »