« 鼠江戸を疾る | トップページ | ドラマ 君が想い出になる前に »

軍師官兵衛 第11回 命がけの宴

今夜のタイトルは信長から謙信に対戦していた柴田勝家の応援を命じられた秀吉が勝家と衝突、無断で長浜に帰って謹慎するのですが信長の疑惑を呼ばないように連日宴会をした話から来ています。

木津川で毛利の水軍に織田方が大敗した事から播磨はまた織田か毛利かで揺れています。しかし織田は石山本願寺と上杉謙信と対戦するのに手一杯で秀吉を派遣する余裕がありません。
窮地に立った官兵衛に半兵衛は備前の宇喜田直家を調略で味方につけるようにアドバイスします。直家は今迄裏切りを繰り返し領地を大きくして来た評判の悪い人間ですが裏切りを繰り返して来たからたこそ寝返る見込みはあると。
そして妻光の姉力は宇喜田と親しい上月に嫁いでいます。

しかし力に頼み直家に会う事は出来たものの調略は失敗します。

有岡の荒木村重を訪ね援軍を頼む官兵衛です今の織田にそのような余裕はありません。
この有岡城で官兵衛は高槻の領主高山右近に出会います。
右近はキリスト教の信者で領民の大半も切支丹と言う。

秀吉の軍勢は播磨へ出兵せず柴田勝家の応援で北国へ。
不満な秀吉は勝家と衝突、勝手に兵を引き上げ長浜に帰ってしまう・・・つまり冒頭の状況になるわけですが。
毎夜宴会騒ぎと聞いた官兵衛は長浜へ駆けつけます。
秀吉の真意を質す官兵衛ですが秀吉に真意を知らされ今迄以上に心服する事になります。
信長の勘気がとけた秀吉は播磨出兵を命じられます。

今夜の官兵衛さんは余り良い所は無かったですね。
秀吉が勝家に逆らって無断で帰国した事も計算づくだったとか言われてますし、なんだか人間が単純過ぎ器が小さくて「軍師」なんて一寸思えない・・・
これから大物になっていくのでしょうか。

高山右近が登場しました。
村重の妻だしは右近の影響で切支丹になっています。
官兵衛も右近の影響で洗礼を受けるという運びにしたんですか。

陣内さんの宇喜田直家も登場、けれんみたっぷりのお芝居、竹中さんと良い勝負かな^^

« 鼠江戸を疾る | トップページ | ドラマ 君が想い出になる前に »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鼠江戸を疾る | トップページ | ドラマ 君が想い出になる前に »