« ドラマ 君が想い出になる前に | トップページ | 軍師官兵衛 第13回 小寺はまだか »

軍師官兵衛 第12回 人質松寿丸

又一日遅れの感想です。

いよいよ秀吉の播磨出兵が決まりますが、信貴山城の松永久秀が信長に叛旗を翻します。
松永攻略を先にする為播磨出兵は延期、信長は播磨の武将達に人質を差し出すように命じます。

小寺家から差し出すのが当然ですが政職は一人息子を差し出すのをためらいます。
この嫡男は発達が遅れていて人前に出せなかったとも言われていますが。
信長の疑念を招くのを怖れた官兵衛は悩んだ末自分の跡取り松寿丸を差し出す事を決心します。
妻の光は母親として承知出来ず猛反対をしますが状況を知った松寿丸は自ら父上の、黒田の家のお役に立ちたいと申し出ます。

信長は小寺が家老の官兵衛の子を差し出した事に不快を感じるが秀吉に預けるように命じます。

織田軍は久秀を攻め滅ぼし秀吉は漸く毛利と戦う為播磨入りをします。

今回官兵衛の少年時代を演じて評判の良かった若山耀人君が松寿丸で再登場です。
やはり凛々しくかわいらしい、おまけに演技も悪達者にならず自然で上手です。
今回は彼の登場で面白く見られたわ。
子役活躍の方が面白いなんて言ったら失礼かもですけれどね^^
とは言っても小寺家に代わって松寿丸を人質に出すまでが長すぎたのでは・・・
光の母親としての感情が表に出すぎて、武将の妻としては一寸違和感も。

このドラマ悪くはないのだけれどそうかと言って面白くもない。
淡々としすぎいてるのか・・・何かと説明不足で物足りないのか・・・

今回も久秀の周囲が全く描かれていなくて突然の登場、平蜘蛛の釜にまつわるお話も唐突だし。
主家三好家を凌ぐほどの勢いになり義昭の兄将軍義輝を殺害したことなどに触れて、その機を見るのに敏い彼が織田の勢いを見誤り叛旗を翻した事を書いてくれた方が当時の情勢が判りやすいのに・・・と思うのですが。

まあ、どうしてもホームドラマ路線を行きたいと言う事なんですかねえ。

« ドラマ 君が想い出になる前に | トップページ | 軍師官兵衛 第13回 小寺はまだか »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラマ 君が想い出になる前に | トップページ | 軍師官兵衛 第13回 小寺はまだか »