« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

軍師官兵衛 第17回 見捨てられた城

休みが入って忙しく中々落ち着いて見る時間がなく今回も簡単なあらすじとほんの少しだけの感想を。

播磨における織田と毛利の争いに巻き込まれた二つの勢力。
織田方の上月城は信長が援軍を送る事を許さず、秀吉は尼子の遺臣である亀井新十郎を密使として送り毛利に降伏するよう伝えます。
力尽きた守将尼子勝久は切腹開城します。
山中鹿介始め城兵は毛利に召抱えられるのですが鹿介だけは毛利に殺されてしまうのです。

ドラマでは官兵衛も上月城へ一緒に行くのね。その方がお芝居が盛り上がるからでしょうけれど、ここまでの尼子の話が余り書かれていないのでなんだかそれ程の感動が伝わらない・・・

御着の小寺家では上月を見捨てた織田に不安を感じ始めています。
そんな中ずっと意思の弱い政職を支え官兵衛を支持して来た政職夫人お紺が亡くなります。
官兵衛を信じて行動するように言い残して。

一方官兵衛の調略が功を奏して背後が不穏な情勢になった毛利は一旦兵を引き上げてしまう。光の実家の志方城は孤立、左京進は切腹開城、二人の子は官兵衛に引き取られます。左京進は死なず黒田家に身を寄せたと言う説もあるようですが、櫛橋家が黒田家に身を寄せる事に変わりは無いですね。

今回信長の非情な処置に疑問を呈する官兵衛に半兵衛は情に溺れず最良の策を講じるのが軍師の務めと諭すシーンがありました。

又秀吉軍が神吉城を攻略した際荒木村重は城主神吉頼定の叔父藤太夫の命を助け、その事を信長の目付け役万見仙千代に詰られ信長に報告されてしまいます。
居城有岡に戻った村重に信長から安土に来るようにとの知らせが、村重の不安は増すばかりです。

今回結構話は盛り沢山だったけれど淡々としすぎて感動が薄い。
きっと知りすぎている話ばかりだからなんでしょうね。
この辺の事を良く知らない友人はかなり面白いと言ってるし、播磨灘物語やら武将列伝など随分前の事とは言え読んでしまって知ってる私が悪いんだわ。

ルパン三世動画公開 & SAMURIDEspecialmessage

世間様は連休modeですが何故か毎日忙しく、それなのに鉄さんの話題が毎日のように上がって来て嬉しい悲鳴(大袈裟かな)です。

暇はないけれど、でも取り上げたくて一寸だけブログ更新しました。

ルパン三世の動画が公開されてますね。
ほんの少しだけで一寸あっけなかったけれど感じだけはわかりました。
これだけでは映画になって良いか悪いかは判断できませんが・・・

M1a  M3a

5人並んでいる写真から。お隣のお二方ごめんなさい・・・・

M2a

ハウスのSAMURIDE

HPに鉄さんのspecial messageの動画がUPされていました。
main character に登用されてのご挨拶ですがお髭もなくさっぱりとした綺麗なお顔です^^
マッサンもこんな感じかしら。

SAMURIDE売れると良いですね。
我が家では今週になって買って来て冷蔵庫に入れておいたところ「やっと登場したね、いつになったら買ってくるのかと思ってた」と言われてしまいました。
CMに出ている事知ってたのね^^

6a  7a

マッサン 会見の動画

出演者発表の時の動画がNHKの「コレ見てMOVIE」にUPされていました。

以前発表された時に画像が上がっているので別に目新しい話題では無いのですけれど。
動いて話す鉄さんがとっても素敵で・・・

http://www2.nhk.or.jp/pr-movie/detail/index.cgi?id=01_0035

製作発表時の挨拶はずっと見ていますが表情、話し方は若い時から余り変わっていないのね。
相変わらずえーが多くて^^
でも物柔らかな雰囲気でとっても素敵でした。
お髭なしのこの柔らかい表情が一番好きです。

天地人でご夫婦を演じた相武紗希ちゃんと共演するのも楽しみ。
牛に願いを、天地人と3回目ですね。今回は恋人役でなくて一寸残念。

素敵だったのでこの朝の忙しい時につい書いてしまいました・・しょうがないわねえ^^

早く9月にならないかな。
朝ドラはカーネーション以来好調なのでこのマッサンも良い出来、評判である事を祈るばかりです。

M2a  M3a

M5a  M4a

軍師官兵衛 第16回 上月城の守り

この週末桜見物に遠出をして官兵衛、やっと見ました。
それも再放送の独眼流政宗と一緒に・・・

播磨の豪族達は織田と毛利のいずれに付くかで動揺していましたが毛利の調略が成功して大半が再び寝返ってしまいます。

光は毛利方に付いた兄左京進の説得に単身乗り込みますが失敗。兄妹は敵味方に、
この時光が兄に涙ながらに言います。
「戦いの無い世が来ると思いますか、私は来ると思います、その時又兄妹揃って・・・云々」

女、特に母性としては平和を願う気持ちは当然かも知れませんがこう何度も全面に出されると一寸違和感を感じてしまうのですけれど。
まあこのようなホームドラマ仕立ての方が受けが良いのでしょうか。

毛利方はまず一番西端の上月城に攻勢をかけますが、立て篭もるのは山中鹿介に率いられた僅かな尼子勢。
しかし播磨へ出兵して来た荒木村重は信長に命じられた三木城以外の戦はしない、と言う。
援軍を求めに安土迄出向く秀吉ですが信長は上月を見捨てて動かない。

必死に持ちこたえる尼子勢ですが兵糧が尽き落城寸前です。
この尼子と山中鹿介の話ですが背景が殆ど書かれていなくてなんだか勿体ない感じでした。
かなり知られた話ですからもう少し丁寧に書いたらこの辺でかなり盛り上がったのではないかと思うのですが。

そうそう信長はすべての官職を辞退してしまいます。
朝廷の思惑を気にする光秀に朝廷を庇護しているのは自分だと言い放つ信長です。
茫然とする光秀、ここから信長への恐れから謀反への気持ちが芽生えてくるのかな?

もう一つの大河独眼流政宗ですが3話でまだ梵天丸、子役です。
官兵衛とかぶる話が多いですね。

実家の最上家の内紛を気にかけるお東の方や梵天丸の他に子が生まれないお東の方ですが側室を持とうとしない輝宗に家臣が心配する話とか。

しかし輝宗は最上へ行くというお東の方をそちはどちらの人間かと叱責します。
実家に行っても良いが二度と戻ってはならぬと。
この成り行きの方が説得力ありますね。

家臣が梵天丸のもり役の喜多を差し向けるシーンは竹下さんがとても美しかった。お嫁さんにしたい女優NO1と言われていた頃ですね。
そして怒ったお東の方が喜多に試合をするように命じて打ち合うシーン、岩下さんもとても綺麗でした。

どうも美男美女に弱くていけませんね^^

次元大介

先日ルパン三世実写版のビジュアルが公開されました。

実は白状すると原作は読んだ事がなくてTVもほんの一寸だけ、ちゃんと見たのはカリオストロの城だけなんですけれど。
それでも鉄さんの次元は似てるなーと。少し格好良すぎるかなと思う位素敵でした。
いつも帽子を目深にかぶってお顔が半分しか見えなかった次元、その下にこんな綺麗なお目目が・・・

若い友人が映画館に置いてあったチラシの次元が余りに格好良くて沢山持って来てしまったとか、私にも2枚くれました^^
彼女は別に鉄さんのファンでは無いのでなんだかとても嬉しかったですね。
この映画でファンが増えると良いな・・・

格好良すぎと言えば浅野さん、銭形には一寸素敵過ぎやしませんか。

こうなると気になるのが映画の出来です。
原作の漫画・TV・映画と巾広いファンがどこまで楽しめる作品が出来るのか、全部を満足させるものは無理でしょうから凄く難しいですね。
まあ素敵な次元と銭形を見られるだけで良いか・・・

5a  J1

  7b   8a_2

マッサン、出演者発表

マッサンの主な出演者の発表がありました。

今日の13時に何か・・・と言う事をを聞きながら忙しくてリアルタイムの会見は見逃してしまいましたけれど。
土スタで会見の様子が流れるとか・・・それに期待してます。

久しぶりのお髭の無い綺麗なお顔がとっても嬉しい!
やはりお髭のない姿の方がずっと素敵です!

キャストは・・・良くも悪くも大阪製作ねーと言うのが率直な感想です。
始まってもいないのですから何も言えませんが余り下品にならないように面白く作って下さいますように!
堤真一さんの出演は嬉しいですね。

動画はまだですけれど。

http://www2.nhk.or.jp/pr-movie/detail/index.cgi?id=01_0035#1058

早く始まらないかな・・・

M1

ルパン三世のビジュアル発表を書こうと思いながら忙しくて出来ないでいるうちにこの発表が来てしまいました。
次元も素敵だったので早く取り上げたいとは思っています。

軍師官兵衛 第15回 播磨分断

第15回 播磨分断

信長の毛利攻略が本格化。
安土の信長主催の茶会の席で秀吉は毛利は自分一人の手に余るからと信長の出馬を請います。
織田家各将の嫉みを避ける為と解説があったけれど猜疑心の強い信長を警戒した事もあったんじゃないかな。

播磨に戻った秀吉は豪族達に触れを出し加古川城で軍議を開きますが播磨筆頭の豪族別所は当主長治の代理で叔父の賀相が出席。
評議の席で長々と意見を述べる賀相に秀吉は自分の指図に従って貰うと言い怒った賀相は毛利に付くと態度を変え、光の兄左京之進はも同調、大半が毛利側に寝返ってしまいます。
その裏には毛利方の安国寺恵瓊の調略があったのでした。
ここで恵瓊に有名な「信長の天下は5年、3年はもたるべく・・云々」の言葉を言わせてますね。

賀相の長談義どこかで見た、と思ったら司馬さんの播磨灘物語で読んだのだった。
「別所長治記」に出ているようだから同じでもおかしく無いけれど・・・

一方全軍を挙げて毛利と対決する為信長は石山本願寺をどうしても和睦に応じさせるように荒木村重に命じます。
伊勢長島での開城後の門徒衆に対する容赦ない処置に信長を信用出来ない顕如上人は退去を拒否。
あなたは信長を信用出来るかと顕如に問われて村重は動揺を隠せません。
交渉に失敗した村重は毛利攻めで秀吉の下に付くよう信長から命じられます。
村重の謀反をそこへ持って行くのね。

前に播磨灘物語を読んでいるのが邪魔して中々話に乗れないのは困ったものです。
この乱世を終わらせるという主人公、戦乱のまったっだ中にいてそんな事考えるものか、とどうしても違和感を感じてしまうんですね。

それと周りの状況がわかりにくい、伊勢長島の事もドラマだけ見ていたら良く判らないのでは・・・

独眼流政宗2回目見ました。
面白いです。周囲の状況が良く判ります。
登場人物も義姫兄妹を筆頭にいかにも乱世を生きている人達らしく個性的です。

岩下志摩さん、竹下景子さんの圧倒的な美しさも良いし。

そして出ました!「梵天丸もかくありたい」
まだ政宗はじめ子役ですが片倉小十郎も伊達成実も登場しました。
渡辺謙さん、三浦友和さん、西郷輝彦さんに早く会いたい!

一度見たドラマなのに次回が待ち遠しいです。
どこが違うのかしら。脚本?演出?出演者?

軍師官兵衛 第14回 引き裂かれた姉妹

織田軍の播磨攻略は着々と進み残るのは光の姉力の嫁ぎ先上月城だけ。

官兵衛は義兄をまだ間に合う、織田に味方をと説得しますが今更毛利を裏切れない、と拒絶されてしまう。
相婿として他から疑われる事を避ける為官兵衛は先鋒として上月城攻めに立ちます。
宇喜多直家の加勢で苦戦する黒田軍に助勢が現れ苦境を脱します、それは半兵衛が伏せておいた尼子の軍勢でした。
登場しました、山中鹿介!我に七難八苦を与えたまえと三日月に祈る場面もちゃんとありましたね。

でもこの山中鹿介さんは一寸地味でした。
もっと派手に扱った方がお話が盛り上がったでしょうに。
メリハリに欠けるドラマなんですから。

上月は城主景貞が重臣に討たれると言う思いがけない結末であっけなく落城します。
実は宇喜多直家が裏切りをそそのかしたのでした。

力は自害寸前のところを娘二人と共に官兵衛によって助け出されますが、夫や主を裏切ったとして信長の怒りにあい皆殺された家臣達の菩提を弔うとして出家します。

そして光は官兵衛に言いいます。女や子どもが犠牲にならない戦いの無い世にして下さいと。
又ここへ持って行くのね、もううんざりです。
だって「戦国時代」よ
城主の妻ってそんな甘い事言ってられる立場じゃないでしょう。
現代の感覚ではなくその時代に生きた人の感覚で書かなければ何のために時代劇を作るのでしょう。
環境、衣装をその時代に設定するだけで現代の感覚で書くならこれはお隣の国のファンタジードラマと変わりないんじゃないかしら。

この光の言葉を聞きながらこんな事を思いだしていました。
「男が戦場に行き女が不安な日々を過ごすそんな事の無い世の中が来るでしょうか」
そう「ずっと逢いたかった」の鳴海少尉の手紙の最後の一節です。

独眼流政宗の再放送が始まりました。
一度ならず何度も見たドラマですが第1回を見ただけでも面白かったですねえ。
なにより話の運びがきびきびとテンポが良い、登場人物もその関係もとてもわかりやすい。
知っているのに次回が待ち遠しい・・・
そして政宗の女性達は戦いの無い世に!なんて言わなかったわね。
義姫の強烈な個性も魅力の一つでした。
いつから大河はこんなに生ぬるいドラマになってしまったのでしょう。

お誕生日おめでとうございます。

早いものでもう三十路半ばなんですねえ。

初めて知った時は28才かな、まだどこかに少年めいた初々しさが残っていました。
それが、肥ったり、髭だらけになったり・・・かなり変わったよね。
私が魅かれた清潔感、透明感は健在で嬉しいんですが。

只、最近友人から気になる事を言われました。
同年代の男性ですが「凛々しくて良い男だけれど男の汗の匂いがしない、演じる役がかなり難しいんじゃないか」と。
それは私自身一寸気になっていて事なんですね。
私は余り「猛々しい男」は苦手なんです。
最初に舞台を見て暫く夢中だったのが宝塚と言うのも影響しているんでしょうかねえ。
そう思うと偶然でしょうけれど周りで鉄さんを好きと言う人は皆宝塚好きですしね。

役柄が難しいのは感じていました、どの方向に行ったら良いのか本人も悩んでいるのかしらとも。、
この所役に恵まれないと言うより伸び悩んでいる事も。
役柄と言うよりドラマや映画のポジションが後退して行くのを見ているのは少々辛いものがありましたねえ。
これは事務所の力も関わってくるらしいので微妙ですけれど。

鉄君自身お髭に拘っているように見えるのはそこに気づいているからなんでしょうか。
努力する人だからなんとか乗り越えて成長して欲しいと心から思います。

去年駄作ではあっても八重の桜で山川大蔵と言う良い役貰って今年は朝のドラマの主役です。
このチャンスを是非ものにして大きく成長して貰いたいと願っています。

お誕生日おめでとうと言うつもりがまとまりの無い文になってしまってごめんなさい。
でも頑張ってね!ずっと応援してるから!

比べてみるとやはりお髭のない方が好きです^^

 A  110601_01thumb240xauto8265a

 

新CM 『SAMURIDE』

新しいCMです。
1本もなくなって淋しかったので一寸嬉しい。
只、番組提供ではなくてスポットなので民放を余り見ない私には中々出会うのが難しいです。

TVCMは今の所2本で「侍の力編」と「出陣編」そしてポスター。
大河ドラマ風で伊達政宗を連想しちゃいました。

余計なお話ですが提供会社はハウス食品ではなくて「ハウスウェルネスフーズ」なんですね。
健康食品、ドリンクなどが主力商品でハウスの子会社になるまで相当な変遷を辿っていて中々面白かったです。
特にプラッシー、子供の頃に良く飲んだ記憶があります。
お米屋さんが配達して来てたジュースで懐かしい記憶です。

今の商品ではビタミンレモンは良く飲んでますがドリンクは余り知らなかったから急に買って来たら変に思われるかしら・・・
まあ以前焼酎がいきなり黒白波になった事があるので又かと思われるだけかも^^

4a  A

5b

軍師官兵衛 第13回 小寺はまだか

今回は秀吉が織田軍の中国方面軍総司令官として播磨入りする所から。

官兵衛は姫路城を家臣の屋敷共々秀吉に明け渡し自身は父の隠居城へ移ります。
従う事を決めたら徹底的にとの高等戦術ですね。

秀吉から兄弟と思うとの義兄弟の誓詞を貰って舞い上がった官兵衛は播磨の豪族に姫路の秀吉の許に伺候するよう駆け回ります。

しかし別所は毛利に肩入れする叔父の為当主に代わって織田方についた叔父が挨拶に来ました。

別所は当主長治が若く二人の叔父が実権を握っていてそれぞれ毛利、織田に肩入れしています。今回も当主に代わって織田方についた叔父が挨拶に来ました。

最後迄挨拶に来ない小寺政職が今回のタイトルになっています。
秀吉の誓詞に有頂天の官兵衛ですが紙切れ一枚が何だと半兵衛にたしなめられて我に帰り、発想を変えて挨拶に来ないなら此方から出向くよう秀吉に進言。
秀吉は荷物に隠れて政職に会いに・・感激する政職です。
政職が来なかったのは史実のようですが、この話は何の為に創ったのでしょうか、良く判らないお話でした。

相変わらず別に悪くはないけれど面白くて続きを待ちたいほどの期待感も無い・・・
官兵衛はもう30代のはずと思いますが少し軽々しくないかな、今迄私の中にあった黒田官兵衛と言う武将のイメージと違いすぎるのが乗れない原因なのかも知れませんが。
村重の反乱で幽閉生活を送っているうちに成長する話になるのでしょうか・・・

次回は山中鹿之助が登場するようですし、これから上月城の戦いから三木城へと合戦の話になったら面白くなるかな、とまだ一寸期待はしています。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »