« cinema square&マッサン会見動画など | トップページ | ロング・グッドバイ »

軍師官兵衛 第21回 松寿丸の命

善助、太兵衛達は商人を装って有岡城下に潜入官兵衛を救出する機会を窺っています。

信長自ら陣頭に立って有岡城を攻める織田軍ですが失敗続き、鮮やかな村重方の戦いに
村重方に寝かえった官兵衛の策と信じた信長は人質の松寿丸の首を刎ねよと命じます。
思いとどまるよう嘆願して信長の不興を買った秀吉に替わり半兵衛がその役を引き受けます。

秀吉は職隆と光に松寿丸が殺された事を伝え、そしてなお織田方に味方をと言うのでした。
この時の光の対応、この事があるのは武家の習い覚悟していました、と前半は立派でしたがあとがいけませんね。取り乱すのはあとで誰もいないところでしなければ。当時の城主の妻の振る舞いとしてかなり違和感ありでした。

絶望していた職隆と光の許に長浜のおねから文が届きます。
添えられていた松の絵の扇に松寿丸の無事を知らせる意味を込めたおねの計らいでした。
しかし何で職隆に何から何まで解説させるのかしらね。
こういうところがこのドラマに乗れない原因のひとつかも。

有岡城の土牢に閉じ込められた官兵衛を村重に隠れて度々訪れ世話をするだし。
やがて季節は移って僅かに見える藤の花に生きる望みを託す官兵衛でした。

そして毛利の援軍は来ず、村重は僅かな家臣を連れ城から出奔してしまいます。
だしはじめ家族も家臣も捨てて。

来週は「有岡、最後の日」だしや荒木一族の悲劇の回ですね。

村重は謀反に至った動機や単身出奔してしまう件など神経の細やかな人間として書いた方が納得できるのですが。
このドラマの書かれ方では今一つしっくり来ないんですね。

松寿丸と半兵衛の事も置き去りにされた荒木家の悲劇も良く知られている事実だけに脚本の力量が問われるところですけれど。
どうしてもホームドラマに傾いているように見えてなりません。

先週終わったロング・グッドバイについても書きたい事があるのですが中々時間が取れなくて。
マッサンや次元の情報もちらちら出て来て気になるし・・困ったものです。

« cinema square&マッサン会見動画など | トップページ | ロング・グッドバイ »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第21回 松寿丸の命:

« cinema square&マッサン会見動画など | トップページ | ロング・グッドバイ »