« マッサン 取材会 | トップページ | cinema square&マッサン会見動画など »

軍師官兵衛 第20回 囚われの軍師

単身乗り込んだ有岡城で村重の説得に失敗した官兵衛は捕らえられてしまう。
官兵衛を味方につけたい村重は何度も説得しますが官兵衛は聞き入れません。
村重の妻だしは官兵衛に夫の謀反を翻意させてくれるよう文を送った責任から脱出の手引きをするのですが失敗、官兵衛は逃げられない様土牢に押し込められてしまいます。

信長は先頭に立って村重討伐に乗り出します。
村重方の高山右近が敬虔なキリスト教徒であることを利用、宣教師から寝返らねば切支丹を皆殺しにすると言わせます。
長島で門徒に対して残虐な行為をした信長を知る右近は結局村重を捨て織田につき、中川瀬兵衛もあっさり信長に降ってしまうのですが。
長島の事はドラマでちゃんと書かれていましたっけ、私覚えが無いのですが。

一方消息を絶った官兵衛を案じる姫路では黒田家を去って御着に帰る家臣が相次ぎます。又兵衛も一族とともに心ならずも御着へ。
職隆は万一の時は官兵衛を見捨て松寿を立てると決心。
光の心は・・・辛いですね。

毎回簡単な感想になってしまってます。
村重のその後も、だしの運命も何もかも知られている話だけにどう書いてどう演出するかに興味がかかりますがあまり新鮮味が感じられないからでしょうか。

岡田君はかなり身体能力が高いそうで、それを見せたいようなシーンが毎回ありますね。
それよりももう少し頭脳の良さを見せるシーンを入れた方が良くはないかしらね。
今のところ少しも軍師らしく無い官兵衛さんでした。

« マッサン 取材会 | トップページ | cinema square&マッサン会見動画など »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第20回 囚われの軍師:

» 軍師官兵衛 第20回「囚(とら)われの軍師」 [あしたまにあーな]
とうとう始まりました。長くつらい有岡城内での幽閉シーン。先日渋谷のNHKに遊びに行く機会があったのですが、その時にこの土牢のセットの実物を見たり、入ったり(!?)してきました。幅は1メートルくらいしかなくて本当に狭く苦しい場所でした。外壁にもものすごくこだわっていて、外からのシーンもばっちりという感じで、外壁に咲く紫色の花が唯一華やかなイメージを持っていました。 実際にはそんな生半可なものではなく、ネズミだけならまだしもムカデや得体のしれない昆虫までもがうようよしていて、きっと怪しい病気になって亡く... [続きを読む]

« マッサン 取材会 | トップページ | cinema square&マッサン会見動画など »