« 軍師官兵衛 第18話 裏切る理由 & ロング・グッドバイ | トップページ | 軍師官兵衛 第19回 非情の罠 »

マッサンクランクイン & 銀二貫

マッサンがクランクインしたとの報道が。
まだ写真も何も上がっていませんがいよいよ始動ですね。

スコットランドから帰国して広島へ向かうシーンで大井川鉄道のSLを使っての撮影だそうです。
もし汽車のシーンがあればBK製作だし広島のお話なのでお隣山口の貴婦人号を使うかなと思ったりしましたが違いました。

ドラマもこのシーンからなのかな、待ち遠しい事です。

銀二貫

木曜時代劇で「鼠江戸を奔る」の後番組です。
前作に引き続いて何となく見始めたのですがこれが以外と面白い。
主役の林君は好みじゃないし(ゴメン)格別ご贔屓も出ていないし、とながら見していたのですが段々ちゃんと見るようになって来ました。

全9回のうちもう5回まで放送されてしまっているのであらすじをNHKの公式からお借りしました。

『舞台は商人の町・大阪天満。主人公の松吉は仇討ちで父を亡くし、自分もあわや討たれるかというところを、偶然居合わせた寒天問屋・井川屋の主人・和助に銀二貫で救われた元武士の息子である。生きるため井川屋の丁稚となった松吉だが、武士を捨て商人の道を歩むことに心が揺れていた・・・大火で焼けた天満宮再建のためにかき集めた大切な銀二貫で松吉を救った主人の和助や、信心深いが故に松吉に辛くあたる番頭の善次郎から商人としての厳しい修行と躾を受ける。そして小さな寒天問屋の暖簾をめぐる数々事件を乗り越え、松吉は商人の道を歩みながら成長して行く。得意先の料理屋の娘・真帆との淡い恋も絡め、関西風情たっぷりの空気感の中で、涙あり笑いあり恋愛ありの人情時代劇を描く!』

と言う事なんですが松吉の成長だけでなく井川屋の主人和助をはじめ番頭の善次郎、女衆のお里の過去が少しづつわかって来たり、大火で店が焼け行方不明になっていた真帆との再会など中々興味深く描かれています。

ストーリーが面白いだけでなく出演の俳優さんに達者な方が揃っているのも楽しく見られる一因かと思います。

和助に津川雅彦さん、善次郎・塩見三省さん、お里・いしのようこさん、朋輩の丁稚梅吉に尾上浩之さん、真帆の父にほっしゃん等々・・・

そうそう語り手は柴犬のてんちゃん、実は天満宮の狛犬で山口智充さんです。

冒頭の仇討ちですが松吉の父に勝野洋さん仇を討つ相手が風間俊介さんなのでいずれその話が出て来るかなと思っていましたが、やはり真相が最後に明かされるようでそれも期待しています。

原作は高田郁さんの同名の小説で読んでみたい気がしますがすが折角面白く見ているので読むのはやめておきます^^

でも凄く期待したロング・グッドバイがそれほどでもなく、全く期待せず見始めたこのドラマが面白いなんて皮肉なものです。

« 軍師官兵衛 第18話 裏切る理由 & ロング・グッドバイ | トップページ | 軍師官兵衛 第19回 非情の罠 »

TVドラマ」カテゴリの記事

マッサン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍師官兵衛 第18話 裏切る理由 & ロング・グッドバイ | トップページ | 軍師官兵衛 第19回 非情の罠 »