« 軍師官兵衛 第17回 見捨てられた城 | トップページ | マッサンクランクイン & 銀二貫 »

軍師官兵衛 第18話 裏切る理由 & ロング・グッドバイ

軍師官兵衛 第18話 今回はタイトルにあるように荒木村重が謀反に踏み切るまでのお話でした。

秀吉の許では三木城攻めの軍議が開かれ竹中半兵衛と官兵衛の三木城を取り囲んで出城を築き出入りを絶って兵糧攻めにする策が採用されます。
官兵衛は普請は石田殿(三成)に任せて毛利方の調略にかかりたいと申し出、早速宇喜多直家と接触するのですが簡単ではなく、かえって織田方の中に不穏な動きがあると匂わせられる始末。

一方荒木村重は安土に呼び出され神吉城を落とした際降伏した城主の叔父を命に反して助けた事を信長に詰問されます。
しかし堂々と反論する村重を信長は今回は許すと言うのでした。
信長はその肝の据わった性根を新しい世を作るには村重の力は欠かせないと迄高く評価しているのですが。

しかし織田方が包囲する石山本願寺に村重方の中川清秀の手の者が兵糧を運びこもうとして発見されてしまう。
村重謀反の噂が安土にも聞こえますが信長は「村重は謀反を起こすような愚かな男ではないと、村重と縁続きの明智光秀に万見仙千代をつけ、有岡城へ行き事の次第を確かめるよ
う命じます。

疑いを晴らす為に安土へ行って信長に弁明をとの光秀の意見を一旦は承知する村重ですが一族や特に清秀の猜疑心の強い信長は許すはずが無いとの意見に押し切られ遂に謀反を決意するのでした。

簡単に言ってしまえばこんな経緯の今回で主役は村重。
田中さんの好演があってかと思いますがこのドラマで始めて面白く見ました。

只、このドラマに嵌れない理由がやっとわかって来ました・・・登場人物が私が持っているイメージと悉く違う。
今回で言えば田中さんも村重とは違う・・・もう少し繊細でもう少し教養人だったような思いが。
教養人と言えば光秀。これも違う、穏やかなのは良いけれど繊細さも深みも覇気も全然感じられない。
まあ製作者側が最良と思って決めた事でしょうから厭なら見なければ良いのですけれどね。

ロング・グッドバイ
今回録画してあったのを2話まで見ました。

浅野忠信さんの主演と言う事でそれは楽しみにしていたんですけれど。
が、これもキャストがイメージと違いすぎて・・・
中でもテリーは絶対違う。
色男でも美男でもないんですもの。
アイリーンも違うし。
原作はいつ読んだでしょうか、随分前ですがかなり強烈な印象があって・・・
このレイモンドチャンドラーのシリーズはハードボイルドの入門作のような感じで読みましたから。

イメージと違いすぎると言う事で一寸触れました。
なんだか見続ける気持ちが萎えそうですが、頑張って項を改めて取り上げます。

« 軍師官兵衛 第17回 見捨てられた城 | トップページ | マッサンクランクイン & 銀二貫 »

TVドラマ」カテゴリの記事

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 軍師官兵衛 第17回 見捨てられた城 | トップページ | マッサンクランクイン & 銀二貫 »