« 軍師官兵衛第23回半兵衛の遺言 & 八重の桜特典映像から | トップページ | マッサン 余市ロケ動画UP »

家臣軍師官兵衛 第24回 帰って来た軍師

有岡城が落ち荒木村重は行方不明となりました。
総力をあげて三木城攻めにかかる織田勢です。
良く守って闘った別所勢ですが毛利の援軍の来ないまま兵糧も尽きかけています。
そこへ官兵衛が織田方の使者として乗り込み別所一門の死と引き換えに家臣の命は助けるからと開城を迫ります。
有岡の例を引き説得する官兵衛に城主長治は勧告を受け入れ、三木城は開城します。
しかしこの若い城主長治さんは今迄叔父の言いなりになっていて自ら決断したのがこの最後の時だなんて可哀想ですね。史実もこの通りだったみたいだけれど。
播磨一国は織田の手に入りました。

御着では別所に倣って切腹を迫る家臣を振り切って政職は息子とともに逃亡してしまいます。毛利領へ逃げようとして黒田の手に捕らえられ官兵衛は殺そうとするのですが。
ひたすら逃げ回る政職を斬る事が出来ない官兵衛。
逃がしてしまった事を秀吉に詫び自分の甘さを反省する官兵衛をそこが官兵衛の良い所と言う秀吉。
ここは史実とかなり違いますね。官兵衛は逃亡した政職を信長にとりなしてやり政職の死後は息子を黒田家に引き取って面倒を見てやっています。
地獄を見て来た男の怨念を書きたかったのかな、と思いましたけれど事実の方が人間が大きいわね。

信長は石山本願寺と和睦。秀吉、光秀たち功のあった家臣を褒章しますがその席上、重臣の佐久間信盛を放逐します。
その中に昔の過失まで咎められて皆茫然です。
佐久間信盛の軍団は光秀の手に属する事になり光秀か家臣団のトップとなり秀吉がおねに愚痴るシーンも。そこで秀吉が信長の子を養子にしている事がわかります。

古い昔の事を理由に追放された重臣と言うと林通勝がいますがその場は許して使うだけ使って追放する・・・信長と言う人は恐いですね。
こんな主人を持ったらと思うとぞっとします。
まあ関係ない事ですけれど^^

官兵衛は秀吉から一万石の領地を貰いめでたく大名になりました。
有岡城の地下牢で希望をつないだ藤の花を紋所に定め志も新たに軍師として活躍する事になりました。

次回から長政が松坂君になりますね。どんなかな・・・一寸楽しみではあります。

« 軍師官兵衛第23回半兵衛の遺言 & 八重の桜特典映像から | トップページ | マッサン 余市ロケ動画UP »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家臣軍師官兵衛 第24回 帰って来た軍師:

« 軍師官兵衛第23回半兵衛の遺言 & 八重の桜特典映像から | トップページ | マッサン 余市ロケ動画UP »