« ウィークリーステラなど | トップページ | マッサン 余市ロケ »

軍師官兵衛 第22回 有岡最後の日

第22回 有岡最後の日

毛利の援軍が来ない、苛立つ有岡城。
善助は官兵衛の幽閉されている土牢を突き止め無事を確認します。
ドラマでは書かれていないけれど善助は手引きしてくれる人があって何度も忍んで会いに行っています。

だしさんは立場上官兵衛の世話など出来なかったと思われますがそこはドラマね。

官兵衛無事の知らせに驚喜する姫路の人々。
更に病気のため美濃へ帰っていた半兵衛も帰陣、松寿が生きている事を秀吉に告げます。
そんなに大っぴらに喜んで大丈夫?と言いたい位大声で喜ぶ秀吉でした。

病が治ったとして戻った半兵衛でしたが間もなく三木城攻めの最中に亡くなります。
秀吉に私がいなくても官兵衛がおります・・天下を!と言い残して。

一方宇喜多直家への調略が成功、直家は本領安堵と引き換えに織田に寝返り、毛利は益々有岡へ援軍を送る事が困難に。

村重は単身援軍を頼みに行くと言い僅かな供とともに水路嫡男の村次の守る尼崎城へ脱出します。
降伏すれば助けると言う信長の言葉でしたが説得に行った叔父達にも会わず村重は降伏を拒否。
総攻めが始まり城主不在の有岡は落城。
戦闘に紛れて官兵衛を助け出す善助達。一年もの間の幽閉で歩く事の出来なかった官兵衛は背負われて脱出したと言われています。

次回は半兵衛の遺言
復帰した官兵衛のが主なんでしょうけれど、信長は荒木一族を根絶やしにと命じ、取り残された女性や子供達の事も書かれるのでしょうね。
しかし村重をはじめ長男の村次やその他の男子はかなり生き残っています。

村重の謀反の原因はなにか、足利義昭の調略説など他にも諸説あるようです。
このドラマをみていると疑心暗鬼にかられ神経がおかしくなったように見受けられますが実際はどうだったのか。
かなりの教養人だった彼は信長の凶暴性について行かれなかったのではないかと思うのですが・・
今回も村重脱出に怒り、宇喜多調略を余計な事をと荒れ狂う信長の姿が。

今BSで土曜日に独眼竜政宗の再放送をしています。
政宗は一度見て知っているのに次回が待ち遠しい程引き込まれて見てしまっています。
官兵衛は可もなく不可もなく、かな。
不出来とは思わないけれど面白いとも思えない・・・


録画した二つの大河を続けて見ているとドラマとしての格の違いが見えて官兵衛への興味がなお薄れてしまいます。
同じ戦国時代を扱ったこのドラマを何故今再放送しているのでしょうか。
大河ドラマで最高の視聴率を出した作品を、です。

« ウィークリーステラなど | トップページ | マッサン 余市ロケ »

大河ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軍師官兵衛 第22回 有岡最後の日:

« ウィークリーステラなど | トップページ | マッサン 余市ロケ »